練馬・板橋の注文住宅/アセットフォー日記(http://blog.goo.ne.jp/assetfor)

お打ち合わせ、設計、建築中現場、見学会のことなどアセットフォーの注文住宅家造りの日々を皆様にお伝えいたします。

気密シート貼っています。

2016年07月28日 10時46分07秒 | メンテナンス

『寒い家 改修工事』

玄関ドアおよび電動シャッターの施工終わっています。

   

 

既存の鋼製ドアを取外し、カバー工法による断熱ドアに交換しました。

手動シャッターを取外し、電動シャッターを取付ました。

スラットの開閉により、防犯性を確保しながら通風を確保する事も出来るタイプです。

大工さん達は、気密シートを貼り始めました。

現場発泡ウレタンは、弊社が新築で採用している『FPパネル(硬質ウレタンフォーム)』と違い、湿気や空気を通します。

ですから、石膏ボードと断熱材の間には『気密・防湿フィルム』の施工が必要です。

その構成により必要ない場合もありますが、その為には『透湿抵抗』の確認が必要となります。

これを怠ると『壁内結露』を引き起こす事になりますから、ご注意ください。

近年、住まいにとって高い断熱性能が必要な事は理解されるようになりました。

でも気密性能の必要性は、なかなか理解されていません。

次のイラストをご覧ください。

気密性能が悪い住宅で起こる様々な不具合を示したものです。

これらは、気密性・断熱性を確保する事で解消する事が出来ます。

思い当たる事がある方、いらっしゃいますか?

残念ながら、明らかな気密・断熱不足の家に住んでいるようですね。

気密の話は、次回お話したいと思います。

  http://www.assetfor.co.jp

  posted by Asset Red

  住所:東京都練馬区北町2-13-11 電話:03-3550-1311 

  東武東上線 東武練馬駅下車5分

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

燃費表示

2016年07月28日 10時30分14秒 | 省エネ住宅の基本

『FPの家 H邸』

BELSの評価書が手元に届きました。

外皮性能:UA値0.44

BEI値(一次エネルギー消費量の削減率):0.73(H25基準で作った場合よりも27パーセント削減)

ゼロエネ住宅には該当しません。

追って一次エネルギー消費量を電気代やガス料金に換算したデーターを作成し、H25基準の家と比較してみたいと思います。

先日の『グリーン建築推進フォーラム』でもBELSの話題が出ていました。

地方から都心に出て来た学生さんが、契約したアパートを退去する理由の上位には『結露』と『冬の寒さ』と『カビ』があるそうです。すべて断熱・気密性能の欠如がもたらす現象です。

近頃の子供を東京に一人暮らしさせて大学に通わせるようなお宅は、暖かくて結露の無い家ばかりということでしょうか。

これを受けて、大手住宅雑誌は住宅情報の中にBELS等の燃費表示を記載する方向にあるようです。

そうなると、建売住宅や中古住宅だって燃費表示が当たり前になってくるでしょう。

あとは外皮性能と健康の関係を、もっとアピールするだけですね。

性能の低い家が社会にもたらす悪い影響が世間の明るみにでれば、高性能住宅が増えます。

だんだん病人が減り、各種保険費用も激減します。

病人を作る家を黙って見過ごし、病人を高い医療費や保険費をかけて治療する。

性能が低く、すぐ壊れてしまう家を作る事を黙認し、メンテナンスやリフォーム・建て替えの需要を喚起する。

誰のためにやっているのでしょうか?

省エネで、長寿命で、健康で、快適な家とそうでない家の違いを見極めるためのスケールが必要な時代がすぐそこまで来ています。

まずはBELSによる燃費表示をバンバン行いましょう。

  http://www.assetfor.co.jp

  posted by Asset Red

  住所:東京都練馬区北町2-13-11 電話:03-3550-1311 

  東武東上線 東武練馬駅下車5分

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

耐震改修意識

2016年07月28日 09時00分00秒 | 新聞・雑誌・WEB情報

住宅専門誌『新建ハウジング』は、リフォーム予定者を対象にした『住宅所有者の耐震改修意識』を調査しました。

それによると、4月14日に発生した熊本地震の影響から、旧耐震基準住宅の所有者だけでなく、築浅住宅の所有者の間にも耐震改修への関心が高まっている事がわかりました。

住宅事業者はこうした意識の変化を感じ取り、適切な耐震改修提案につなげていきたいところでしょう。

調査結果は、所有する住宅の建設時期によって、いかのような3期に分けて集計されました。

1.1980年以前(旧耐震基準)

2.1981~2000年(新耐震基準)

3.2001年以降(改正耐震基準)

リフォーム予定者に耐震改修を実施する予定があるかどうか聞いたところ、実施する予定および出来れば実施したい人の割合は、以下の通りです。

旧耐震基準住宅・・・61.6%

新耐震基準住宅・・・39.0%

改正耐震基準住宅・・・37.9パーセント

この結果から、築浅住宅でも約4割は耐震改修を考えていることがわかります。

次に熊本地震の前後で耐震改修に対する意識が変わったかどうかを調査しました。

以前から耐震改修意向があったが熊本地震を機にさらにその意向が強まった人は、全ての建築時期で4割を超えています。

また以前は考えていなかったが、熊本地震を機に耐震改修をしようと意識が変わった人の割合は、全ての建築時期で約2割いました。

注目すべきは、築浅住宅の6割超が熊本地震を境に耐震改修への意向を強めている点でしょう。

これまで耐震改修の提案は築古住宅にしか響かないと考えられてきました。

築15年以内であっても、興味を示す人は少なくないようです。

さらに耐震改修検討者に、どの程度まで耐震性を高めたいかを聞いてみました。

新耐震基準以上の『震度7程度でもダメージが小さく、その後も住み続ける事ができる性能』を求める人は33.3パーセント。

最も多かったのは、新耐震基準相当の『震度7程度でも倒壊しない性能』の43.3パーセントでした。

『部分的な耐震化を含む必要最低限の耐震性能』を選んだ人も2割強いました。

調査時期:2016.6.17~20

調査方法:インターネットによるアンケート調査

調査対象:2018.9までにリフォーム計画がある、全国27~65歳の既婚男女400人

最大工事予算の平均:651万円

世帯年収の平均:978万円

男女比:男性8割・女性2割

平均年齢:52歳

建設時期内訳:1980年以前73人、1981~2000年174人、2001年以降153人

住宅あんしんニュースNo.191より抜粋・修正しました。

  http://www.assetfor.co.jp

  posted by Asset Red

  住所:東京都練馬区北町2-13-11 電話:03-3550-1311 

  東武東上線 東武練馬駅下車5分

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

是非読んでいただきたい記事があります。

2016年07月28日 08時30分00秒 | 新聞・雑誌・WEB情報

本物を楽しむ大人のWEBマガジン『GENUIN(ジェヌイン)』の記事をご紹介します。

是非、ご一読ください。

暑い夏こそ、住まいは冬を旨とすべし?
誤解だらけの家づくり

日本の家づくりに大きな影響を与えた、
「家の作りやう(よう)は夏を旨とすべし」という『徒然草』の一節。
しかし、温暖化や都市化が進み、省エネルギーが叫ばれる現代において、
その常識は通用するのか。

最新の建築環境学と緻密なデータ分析により
「本物のエコハウス」を探求する東京大学准教授・前真之先生に、
住宅をめぐる「新たな常識」についてうかがった。

「省エネ」だと思っていたことが、実は「増エネ」かもしれない!?
国の定める住宅の省エネルギー基準を満たしても、
日本の多くの住まいが本物のエコハウスとは呼べない!?

猛暑が予想されるこの夏、真に求められる住まいとは──?

▼記事を読む

http://jm.nikkeibp.co.jp/genuin/special/000314/

  http://www.assetfor.co.jp

  posted by Asset Red

  住所:東京都練馬区北町2-13-11 電話:03-3550-1311 

  東武東上線 東武練馬駅下車5分

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

耐震読本10

2016年07月28日 08時00分00秒 | 耐震・制振

 

数回に分けて、YKKapの小冊子

地震を知って、我が家に活かす。

耐震読本

をご紹介しています。

10回目は、『住まいの耐震性、自分でチェック』というお話です。

 

設問は全部で5つあります。

建築された年代によって耐震性の基準が異なります。

2000年以前に建てられた建物は、現在よりも耐震基準が低く設定されています。

床上・床下浸水や火災・車の突入事故・大地震などに遭遇した事がある建物は、外見ではわからないダメージを蓄積している可能性があります。

建築確認などを省略して増改築している場合や、増改築を2回以上行っている場合、またその際に壁や柱を撤去している場合は、注意が必要です。

瓦は重い為、建物の重心が高くなり、地震の揺れに弱くなります。

建物に窓やドアなどの開口部が多いと壁量が少なくなり、地震で建物が変形・倒壊する危険性が高まります。

命を守るための対策があります。

次回は『命を守るために、知っておきたい身近なこと』をご紹介します。

  http://www.assetfor.co.jp

  posted by Asset Red

  住所:東京都練馬区北町2-13-11 電話:03-3550-1311 

  東武東上線 東武練馬駅下車5分

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

耐震読本9

2016年07月27日 09時00分00秒 | 耐震・制振

 

数回に分けて、YKKapの小冊子

地震を知って、我が家に活かす。

耐震読本

をご紹介しています。

9回目は、『まず考えたい、住まいの耐震性』というお話です。

旧耐震基準の建物の建て替えや耐震補強が進み、現状よりも耐震性が強化された場合は、建物全壊棟数・死者数共に大幅に減少するとされています。

耐震化についてのご相談は、まず建物のある市区町村の耐震担当窓口にご相談ください。

各種助成金制度が利用できる場合もあります。

耐震補強の基本は以下の6点です。

『強い壁』をバランス良く増やす事と、上部構造と基礎が一体となり、地震の揺れに抵抗する事が大切です。

出典:(一社)住宅リフォーム推進協議会発行「性能向上リフォームガイドブック(耐震編)」

みなさんも、住まいの耐震性をチェックしてみませんか?

次回は『住まいの耐震性、自分でチェック』をご紹介します。

  http://www.assetfor.co.jp

  posted by Hoppy Red

  住所:東京都練馬区北町2-13-11 電話:03-3550-1311 

  東武東上線 東武練馬駅下車5分

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

住まいづくりは天然素材で・・・

2016年07月27日 06時23分33秒 | 健康住宅

おはようございます。

本日はアセットフオーの定休日です。

空も泣いています。(そんな訳ないですよね。)

梅雨明けはまだなんでしょうか?ジメジメしていやなんですよね・・・。

快適な住環境は、湿度に左右されます。

つまり断熱・気密性能を飛躍的に向上させても、湿度対策を怠ると必ずしも快適な住空間にはならないということです。

窓を開ける事で室内に風を採りこんだり、室内に籠った熱気を排出する事で室内温度を下げる事は出来ますが、やはり湿度の調整はできません。

結局、エアコンや加湿器を使って夏は除湿を行い、冬は加湿を行うしかないのでしょうか?

今回は、天然素材を使った内装材と湿気についてお話したいと思います。

どうか、お付き合いください。

健康で快適な住まいづくりの材料は、『ヒトと環境にやさしいもの』と『調湿性に優れたもの』が大切だと思います。

ひとつ目はいちいち説明する必要ないですよね。

調湿性とは、湿気を吐いたり吸ったりして湿度を一定に保つ性質をいいます。

その2つの条件を満たす材料は、簡単に言えば天然素材に尽きると思うのです。

人工的な素材、化学的な素材は確かに便利ですが、多くのものは調湿性を備えていません。

調湿性に限って言えば、自然界に存在する天然素材の方にに分があるようですね。

家づくりに活かすことのできる、代表的な天然素材を見てみましょう

例えば壁です。代表的な壁装材と言えば、クロスでしょう。

これには大きく分けて3種類あります。

ビニールクロス・紙クロス・布クロスです。

私がお勧めするクロスは紙もしくは布なんですが、ここでは比較対象としてビニールクロスについても取り上げたいと思います。

ビニールクロスは、3つの中で製造単価が最も安いのが特長です。

印刷や加工で簡単に色々な色や柄・風合いなどを出しやすく、バリエーションも豊富です。

施工も比較的容易で、仕上がりもきれいです。

塩化ビニール製が多く寿命は10年程度、中に含まれる『可塑剤』の揮発により徐々に柔らかさを失っていきます。

コーヒーやケチャップなどが付着しても、拭けばきれいになるのも利点でしょう。

しかし、湿気を吸収する効果はありません。静電気が発生しやすく埃汚れを吸着しやすいのも欠点です。

調湿性・通気性の良いクロスと言えば、お勧めは布クロス・紙クロスです。

念のため書き添えておきますが、ビニールクロスをそれらしく加工した『なんちゃって布クロス』ではありません。

天然素材である布クロス・紙クロスは、湿気を透過します。(透湿性があると言います。)

よく『セルロースファイバーを採用した家は、調湿性が高い』という話を耳にすると思います。

確かにセルロースファイバーは、GWやRWなどの繊維系断熱材や発泡プラスチック系断熱材と違い透湿性および調湿性が高い断熱材です。環境性能も高く、材質は紙(古新聞)ですから天然素材と言っても良いでしょう。吸音性も高く、添加されている『ホウ酸』の効果で防火性や耐蟻性が高いのも魅力のひとつです。

残念ながら他の繊維系断熱材と同様に断熱性能がそれほど高くないため、200ミリ以上の厚さが必要になってしまいます。

また湿気を吸った状態では、著しく断熱性が低下するのも難点でしょう。

またかなりの湿気を吸収出来ますから、その際の重量増加を予め加味して構造計算しておく必要もありそうです。

でも私は、わざわざ断熱材に吸放湿性を期待しなくても、いいと思うんですよね。

木の家であれば、柱や梁・土台等に使われている木材が夏は湿気を吸収し、冬は逆に湿気を放出して湿度調整をしてくれます。

例えば一般的な柱(3.0m×10.5cm×10.5cm)一本で、湿度が40%から80%に上がると1.2リットルの水分を吸収するそうです。

この調湿性を利用するためには、透湿性の高い内装材を使う必要がある訳です。

布クロス・紙クロスは、その透湿性・通気性の良さから『呼吸するクロス』と呼ばれる位です。

また音を反射せず、吸音性に優れているのも利点と言えるでしょう。

ビニールクロスと布クロス・紙クロス、透湿性の違いがわかる実験をご紹介します。

壁の下地材として使われる事の多い石膏ボードに、それぞれビニールクロスと布クロスを貼ったものを用意します。

この2つを湯気の立つコーヒーを入れたカップの上にセットし、それぞれの上にガラスコップを逆さに被せて、しばらく放置します。

すると、時間の経過とともに、布クロスの方のガラスコップが曇ってきます。

これは布クロスが湿気を通している証拠です。

クロスの臭いを嗅ぐとほのかにコーヒーの香りがするはずです。

布クロスがコーヒーの湯気を吸収したからに他なりません。

一方ビニールクロスの上のガラスコップに変化は見られません。

ビニールクロスが閉じ込めた空間からは、湿度が逃げられないからです。

他に自然素材の壁材としては、漆喰・珪藻土などの土壁や貝殻・珊瑚などを使った塗り壁があります。

天然木を使った板材もあるでしょう。

これらはどちらも、湿気を通す素材でありそれ自体が調質性を持っています。布クロスと同等以上の効果を得る事が可能です。

エアコンによる加湿・除湿に頼った家づくりに疑問を感じる方もいるでしょう。

こうした内装材の調湿性を併用する事で、エアコンの使用を減らす事は十分可能です。

でも、注意してください。

調湿性はあくまでもバッファでしかありません。室内の湿度調節を補う程度であり、それだけに期待するのは無理な話です。

また断熱材や構造体の調湿性だけに頼り、気密性を欠いた家づくりは建物本体の耐久性を大きく損なう事もあります。

断熱・気密施工を確実に行い、換気・通気を確保する事で健康・快適で省エネ、家もそこに住むヒトも長寿命を得る事が出来ます。

その為の近道はありません。様々な手法のひとつひとつを丁寧に確実に行う事で、初めてなし得るものだと思います。

天然素材を上手に活用した省エネで健康・快適な住まいづくり、あなたも実現してみませんか?

  http://www.assetfor.co.jp

  posted by Hoppy Red

  住所:東京都練馬区北町2-13-11 電話:03-3550-1311 

  東武東上線 東武練馬駅下車5分

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ベニ花が原料です。

2016年07月26日 11時29分05秒 | 断熱改修・リフォーム

『寒い家 改修工事』

断熱工事が終了しました。(大工さんによる、浴室床の断熱処理のみ未施工です。

 

写真は浴室の壁及び基礎立上りにウレタンを吹き付けた様子です。

 

屋根直下の天井には148ミリの厚さで吹き付けました。

壁は71ミリ、外気に接する床は100ミリ、その他の床も100ミリ吹き付けました。

今回採用した現場発泡ウレタンは、デミレックジャパンの『AGRI』です。

AGRIは、デミレック社が長年に渡り確立した技術力と革新的なアイディアを終結させ、人と地球を守るために自然素材をベースにしたフォーム系断熱材です。

 ご存知ベニ花の写真です。

『土に還る断熱材』であり、ベニ花油を主原料とし、水により100倍に発泡させるという世界一安心で安全なフォーム系断熱材でもあります。

他のフォーム系断熱材が有限資源である原油をベースにしているのと異なり、ベニ花油を主体とした植物油を原料としています。

よって、可採年数が43年と言われる化石燃料の消費削減に繋がります。

さらに、ベニ花油を再生するには従来の原油を再生するのに比べ、わずか1/3のエネルギーしか必要としません。ベニ花を原料に使う事で、二酸化炭素の排出抑制にも寄与している事になります。

ウレタンが石油由来の製品である事から、悪く言う方々もいるようですが、こんなウレタンもあるんですよね。

玄関ドアと電動シャッターの部品が納品されました。

この後、取付工事を行います。

玄関ドアは、カバー工法を用い断熱タイプに変更します。

電動シャッターは、防犯性を保ちつつ通風が出来るタイプに変更です。

どちらも、今日一日で完了の予定です。

明日からは、断熱材の上に気密シートを貼り始めます。

  http://www.assetfor.co.jp

  posted by Assed Red

  住所:東京都練馬区北町2-13-11 電話:03-3550-1311 

  東武東上線 東武練馬駅下車5分

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

耐震読本8

2016年07月26日 08時00分00秒 | 耐震・制振

 

数回に分けて、YKKapの小冊子

地震を知って、我が家に活かす。

耐震読本

をご紹介しています。

8回目は、『なぜ、地震は起こるのか』というお話です。

地震の正体は岩盤のずれです。

地球の表面は『プレート』と呼ばれる十数枚の固い岩盤で覆われています。

プレートの厚さは数十キロから数百キロにも及び、それぞれが違う方向へ年間数cmのゆっくりした速さで動いています。

このプレート運動により蓄積されたエネルギーが、地震を引き起こす原因となっています。

地震が起こるしくみは以下の通りです。(出典:地震調査研究推進本部「地震がわかる」抜粋)

1.内陸の活断層で発生する地震

プレートの運動により、陸のプレート内にもひずみが蓄えられます。

ひずみが限界を超えると、岩盤同士が急激にずれ動く『断層運動』が始まり、地震が起こります。

2.プレート境界で発生する地震

海溝やトラフ(海溝よりも浅い溝)のプレート境界付近では、海底でプレートが押し合い、引きずり込まれた陸のプレートが元に戻ろうと跳ね上がり、巨大地震が発生します。

海水も大きく揺れる為、津波も発生しやすくなります。

その他、沈み込むプレート内の地震や火山活動に伴う地震もあります。

『震度』は、ある地点でどの位揺れたかを示す尺度であり、場所により異なります。

『マグニチュード』は、震源域で生じた断層運動そのものの大きさを表し、断層運動によって放出された地震波のエネルギーを数値化したものです。

震度と揺れの概況を以下に示します。

地震の被害を減らすためには、どんな対策があるのでしょうか。

次回は『まず考えたい、住まいの耐震性』をご紹介します。

  http://www.assetfor.co.jp

  posted by Assed Red

  住所:東京都練馬区北町2-13-11 電話:03-3550-1311 

  東武東上線 東武練馬駅下車5分

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ゼロエネの可能性と断熱性

2016年07月25日 19時16分43秒 | 講演会・展覧会・勉強会

本日、日本建築学会 建築会館ホールにて開催された

一般財団法人建築環境・省エネルギー機構(IBEC)主催

グリーン建築推進フォーラム第2回シンポジウム

パリ協定・民生部門40パーセント削減に向けた展望

に参加してきました。

色々と為になる話を聞かせて戴きましたが、住宅評論家/南雄三氏の話を少しご紹介します。

ゼロエネの可能性と断熱性という話です。

家庭のエネルギー消費量の用途別割合は、東京の場合だと暖房16パーセント、冷房は5パーセントになります。

最も割合の大きいのが給湯の31パーセント、続いて家電・調理の26パーセントとなります。

これを断熱レベルで比較すると、こうなります。

左側が改正省エネ基準レベル、右側はその2倍の断熱レベルです。

断熱性が2倍になると、暖冷房エネルギーは40パーセント少なくなりましたが、合計エネルギーは13パーセントしか減りませんでした。

ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)を実現する為には、太陽光発電による創エネが必要です。

改正省エネ基準レベルの場合A3地域で8kw、A4地域で7kw強必要になります。

断熱性能を2倍にしてもA3地域で7kw、A4地域で6kw強必要になります。

断熱材を2倍にするのと、太陽光発電を1kw増やすのはどちらが安いと思いますか?

太陽光発電の方がかなり安くなるはずです。

こんなデーターもあります。

高断熱および高効率設備の省エネ効果(基準値からの削減量)は以下の通りです。

断熱2倍・・・10GJ

エコジョーズ・・・6GJ

エコキュート・・・8GJ

ハイブリッド給湯機・・・12GJ

全て節水型水栓・・・6GJ

太陽熱温水器(6m2)・・・9GJ

全てLED照明・・・6GJ

太陽光発電1kw・・・9~10GJ

従来のガス給湯機をエコジョーズに変えると約6GJ、エコキュートに変えれば8GJ、ハイブリッドに変えれば12GJも削減する事が出来る訳です。

平成21年から5年間のスパンで実施された事業主基準(トップランナー基準)は、1次エネルギーで基準よりも10パーセント省エネという厳しい条件ながら、94パーセントがクリアしました。

ところが当時の外皮基準レベルである次世代省エネルギー基準(現行基準と同程度)に適合した家は、全体の42パーセントしか無かったそうです。

こうして色々比較してみると、どれが施工的に楽で、どれがコスト的に有利なのか・・・。

なんとなく見えてきます。

断熱性を2倍にすれば40パーセント省エネ、施工は大変だし、ちょっとした間違いが致命的欠陥に繋がります。

だつたら、高性能設備を選んだ方が・・・。

こうした『やりくり・銭勘定の省エネ』が増えているようです。

高断熱は健康の元、そして高断熱は省エネに繋がります。

でも、省エネは残念ながら健康に繋がるとは限りません。

ZEHの外皮基準は現行省エネ基準よりも少しだけレベルが上がっています。

でもこのレベルは、真冬の無暖房の1階トイレの室温が15度を下回らない程度の性能しかありません。

明らかに健康を維持できないレベルの性能しかないんです。

ZEH基準の外皮基準をギリギリ満たし、高性能設備の採用で一次エネルギー消費基準の-20パーセントを達成した『やりくり・銭勘定のZEH』は、健康に程遠い残念な住宅という事ですね。

こうした情報を如何に消費者に発信するかも、今後の課題のひとつだと思います。

機会があれば、今日見聞きした内容をご紹介したいと思います。

お楽しみに・・・

  http://www.assetfor.co.jp

  posted by Assed Red

  住所:東京都練馬区北町2-13-11 電話:03-3550-1311 

  東武東上線 東武練馬駅下車5分

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

東武練馬/アセットフォー日記(http://blog.goo.ne.jp/assetfor)