練馬・板橋の注文住宅/アセットフォー日記(http://blog.goo.ne.jp/assetfor)

お打ち合わせ、設計、建築中現場、見学会のことなどアセットフォーの注文住宅家造りの日々を皆様にお伝えいたします。

順調に壊れています?

2016年07月01日 11時57分30秒 | 注文住宅 その他

『FPの家 H邸』

順調に壊れています。

もちろん、FPの家が壊れている訳ではありません。

古屋が壊れているんです・・・。

順調に壊れるって言うのも変ですかね?

2つの道路に面した現場です。

どちらの道路も、本来は4.0メートルの幅員が在る筈。

でも実際には2.0メートルほどの幅しかありません。

上図の黄色が現状の道路です。

自転車やバイク、歩行者だけがが通れる『生活用通路』状態です。

ちなみに青色がセットバック部分になります。

こんな感じに建て替えをする際、区からセットバックを要求される事から所々が広くなっています。

こんな状況ですから、手作業による解体工事は遅々として進みませんでした。

建物の北側が壊れ、そこに重機が入るスペースが出来たおかげで、この2日間は順調に作業が進められています。

 

現在の様子です。

外した木材から、下にいる人が電線や金物を外しています。

外し終えると、それを道路に停めたダンプカーに積み込みます。

現場の端っこだけが、一部4.0メートル道路に接しています。

ここにダンプを横付けしました。

解体当初近隣の方より車の横付けに関して苦情を戴きましたが、施主様のお蔭で事なきを得ております。

その節は、本当にありがとうごさいました。

荷台に降ろされた材料を揃えながら積み込んでいる様子です。

什器の重さで、床板が所々抜けてしまいました。

この先が思いやられます・・・。

それにしても、立派な梁です。

解体しちゃうのが勿体ない・・・。

 上のグラフは、木材の強度と含水率の関係を示しています。

繊維飽和点に達するまでの強度は安定していますが、それ以降含水率が小さくなるに従い強度が大きくなります。

古屋の木材は、雨漏りや結露等の影響がない限り、繊維飽和点よりも含水率が小さくなっていますから、その強度は新築当時よりも大きくなっている事になります。

重ね重ね勿体ない・・・。

解体なんてなくても、少し手を入れれば長く住む事の出来る家をつくらないといけませんね。

新築をつくらなくても済む時代が、いつか来るのでしょうか?

それこそが究極の省エネ住宅ですよね。

木の家に携わる人間として、強く思いました。

  http://www.assetfor.co.jp

  posted by Asset Red

  住所:東京都練馬区北町2-13-11 電話:03-3550-1311 

  東武東上線 東武練馬駅下車5分

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

無垢フローリングのお手入れにも使えます。

2016年07月01日 10時46分13秒 | メンテナンス

『FPの家 Y邸』

本日は、クリーニングを行います。

工事中の埃や汚れをきれいに落とし、窓ガラスを磨き、床にワックスを掛ける為に専門業者を呼びました。

 

写真はキッチンの様子です。

まずは、養生用に残してあったビニール袋よ段ボールを撤去します。

次に、固く絞った水雑巾で床や木部を拭き取ります。

この後窓ガラスや什器・照明等の清掃を行い、床が乾いたら浮き上がった埃を掃除機で吸い取ります。

その後行うのがワックス掛けですが、弊社ではワックス掛けは行いません。

ワックスの代わりに使うのがこれです。

ファクセ社製フロアソープ ナチュラル、所謂液体石鹸です。

以下、HPより抜粋しました。

ファクセ フロアソープ ナチュラル(デンマーク・FAXE社製)は、 大豆とココナッツをベースとした、環境にやさしい100%自然素材で木製品のための天然液体石鹸です。
オイル仕上げまたは無塗装の木製品(床、家具、壁パネル等)のクリーニングおよびトリートメントにお使いいただけます。
この製品は木の細胞に十分浸透するように作られており、汚れ取り(クリーニング)はもちろんのこと、コーヒーや赤ワイン等の液体から保護する効果(トリートメント)も発揮します。
木の表面に塗布すると、天然ワックスの効果によりシルクのような艶が出ます。
ソープナチュラルは明るい黄金色の自然な風合いを保ちます。
ホームセンター等で一般的に売られているフローリングワックスは樹脂系ワックスです。
樹脂系ワックスは保護作用のみで洗浄作用はありません。
また、無垢のフローリングに樹脂系ワックスを使うと、木の呼吸を妨げてしまいますのでお使いにならないで下さい。
樹脂系ワックスは木の表面に塗膜を形成するため防汚性は高いですが、無垢フローリングのサラッとした足触りと、温かさは皆無です。つまり、せっかくの無垢フローリングが台無しになってしまう可能性が有ります。
ファクセ フロアソープは、ヨーロッパで信頼と実績があり広く使用されている商品です。使えば使うほど木が強くなるのが特徴です。

使用方法は以下の通りです。

1.使用前にボトルをよく振ってください。

2.本品1に対し5~10倍のぬるま湯に溶かします。

3.モップまたは雑巾にソープ溶液を浸し、木の表面を長手方向に沿って擦ります。

4.固く絞ったモップまたは雑巾で汚れたソープ溶液や、余分なソープ溶液を拭き取ります。

5.上記3・4の手順をさらに1~2度繰り返します。これにより、木製品の表面がしみや汚れに対しより強くなります。

本品を施した木製品の日々のお手入れは、掃除機でのお掃除だけで結構です。

もし木が汚れを吸い込み始めても、上記の要領で簡単にクリーニング出来ます。

ただし、クリーニングの場合の溶液は本品1に対して10~20倍のぬるま湯に溶かしてください。

尚、2.5リットル入りの本品で50~150㎡の床をお手入れする事が可能です。

霜の降りない場所で保管してください。

使用可能期間は、製造日より約5年となっています。

2度拭き不要というのも、魅力のひとつですね。

揮発性有機化合物も含まれていませんから、安心して使う事ができます。

せっかく自然素材に囲まれた『木の家』に暮らすんですから、クリーニングにも拘りを持ちたいと思います。

そうそう、弊社ではご入居に際して『ファクセ フロアソープ ナチュラル/2.5リットル入り』を1缶差し上げています。

ペットボトルに作っておいて、ちょっと食べこぼしをした際などにはペットボトルを振った後、雑巾に取りサッとひと拭きする事をお勧めしています。

無垢フローリングや無垢の建具等は、お手入れさえ定期的にしてあげるだけで、驚くほどきれいで長持ちします。

ある著名な建築家は、こう呼んでいました。

無垢材を発酵建材 

シート貼りや樹脂製品を腐朽建材

一方は、糠みそのように毎日手を加える必要がありますが、時とともに味わいが深まります。またその価値が下がる事は少ないでしょう。

でも、もう一方はこの世に生まれ落ちた瞬間から腐朽への道を歩き続けます。

だんだんみすぼらしくなり、その価値は目減りする一方です。

どちらを選ぶのかは、あなた次第です・・・。

  http://www.assetfor.co.jp

  posted by Asset Red

  住所:東京都練馬区北町2-13-11 電話:03-3550-1311 

  東武東上線 東武練馬駅下車5分

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

資産価値を高めます

2016年07月01日 08時00分00秒 | 新聞・雑誌・WEB情報

YKKapのAPW/樹脂窓シリーズカタログより抜粋・加筆してご紹介します。

第1回目の今回は『ライフサイクルコストを抑えて、資産価値を高める』というお話です。

ライフサイクルコスト=生涯に渡り必要となるコストとお考えください。

ここでは、建物の断熱性能を上げる事で生涯コストを抑え、家の価値を高める事について書かれています。

窓を製造・販売している企業の話です。

当然窓についての話が主体になるんですけど・・・。

 

建物本体の高性能化がカギです!

窓・壁・床・屋根など、住宅の断熱性能を担うのは建物本体です。

建物本体は住宅の中でも、暮らしの利便性や快適性を高める設備機器などに比べ耐用年数が最も長いものです。

その性能を高めることによって住宅の省エネ性能を上げる事が、長く快適に暮らせる資産価値の高い家づくりのカギとなります。

建物の高断熱化は、結局お得です!

建物を高性能化すると初期費用は少し高くなります。

しかし、その事で冷暖房費用を抑える事が出来ると共に、健康を保てるので病院にかかる事少なくなり、医療費などの節約にも繋がります。

断熱性能の高い住宅は資産価値を高めると同時に、経済的も優位になると言えます。

樹脂窓の材料は、耐久性のある塩ビ(PVC)素材です!

樹脂素材にも様々なものがありますが、樹脂窓には耐久性のある塩ビ(PVC)を使用しています。

家庭の日用品などに使われているポリプロピレンに比べ、経年劣化に強いのが特長です。

樹脂窓は紫外線に強いアクリル積層なのでさらに耐候性が高くなっています。

世界中で使われている樹脂窓です!

樹脂窓はその優れた断熱性能が評価され、極寒のロシアから年間を通じて気温が高いタイなどでも使われています。

その耐久性は世界が証明していると言えます。

次回は『世界のスタンダード』についてのお話です。

 

  http://www.assetfor.co.jp

  posted by Asset Red

  住所:東京都練馬区北町2-13-11 電話:03-3550-1311 

  東武東上線 東武練馬駅下車5分

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

バルコニー笠木工事、終わりました。

2016年06月30日 16時09分31秒 | 注文住宅 その他

『FPの家 Y邸』

バルコニー笠木工事が終わりました。

写真は先業開始前の様子です。

腰壁天端に取付用の金具を据え付けます。

アルミ笠木を取付ました。

青い養生ビニールがついていますが、シャイングレー色になっています。

 

アルミ笠木及びアルミ格子の取付が完了しました。

外から見るとこんな感じです。

そうそう、床養生を撤去した為『床下点検口』を見る事が出来るようになりました。

白い樹脂製の縁がCFシートに馴染んで目立ちにくくなっています。

外蓋を開けると、内側にEPS製の断熱内蓋が入っています。

外蓋で気密を取り、内蓋で断熱を取る優れモノです。

これなら、寒い冬も大丈夫。

「点検口廻りがスースーして寒い。」なんて事はありません。

天井には、取外し可能な物干し掛けも設置してあります。

明日は、朝からクリーニングです。

 

  http://www.assetfor.co.jp

  posted by Asset Red

  住所:東京都練馬区北町2-13-11 電話:03-3550-1311 

  東武東上線 東武練馬駅下車5分

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

木の香りがします。

2016年06月30日 14時06分59秒 | 注文住宅/内装

『FPの家 Y邸』

ようやく、床に貼られた養生板が撤去されました。

写真はダイニングの様子です。

床に貼られたバーチフローリングが、いい雰囲気を出しています。

こちらは、階段です。

パイン材の柔らかな雰囲気が、暗くなりがちな階段室を明るくしています。

 

トイレの無垢ドアと集成カウンターの写真です。

 

クローゼットの無垢扉と床板の写真です。

扉は全て。パイン材の無垢を使用しています。

クローゼット床は桐の集成材です。

弊社では、内装材に無垢材を推奨しています。

室内に入ると、木の香りがいっぱいです。

『フィトンチッド』のおかげでしょうか。

フィトンチッドは樹木が発散する芳香物質です。

ロシア語で、フィトンは植物、チッドは殺すを意味するそうです。

植物に絶えず侵入しようとする有害な微生物や昆虫から身を守るために植物自身が造り上げたものと言われています。

殺菌効果と防腐効果を持つ、これは木材になっても変わらず効果を発揮します。

リラックス効果とデオドラント効果も期待できるようですよ。

おまけに、無垢の木材には周囲の水分を吸放出して自らの水分を保とうとする『調湿作用』があります。

これを「木は呼吸します。」なんて言ったりしますが、木材が自然の力で湿度を保つ事が出来るというのは本当です。

写真は無垢板の上に置いた器の写真です。

無垢材が湿気を吸収し、ガラスは透明のままになっています。

隣のシート貼りと比較すると、一目瞭然です。

「無垢材って汚れやすいし、反るんじゃないの?」

こう、思っている方多いんじゃないでしょうか。

木は電気を通しにくく、静電気が起こりにくい為、埃なども寄せ付けずお手入れも簡単です。

無垢の質感を活かせる塗装をする事で、汚れがつきにくく、お手入れもサッと拭くだけです。

手垢などの汚れが取れない場合には、自然素材を使ったクリーナーをお勧めしています。

時とともに、その色合いを深めていく無垢材です。

明るく、爽やかなイメージが強いナチュラル色ですが、時が経つとともに『飴色』へと変化します。

温かみや和みの印象を与える色への変化、これを『経年変化』と言います。

暮らしとともに木の風合いが深まり、変化していく様子を味わう事が出来るのも、無垢材のメリットだと思います。

弊社が建てる住宅は、全棟『FPの家』。

長期に渡り、地震や台風等の自然災害や、シロアリ・木材腐朽菌・ダニ等からの食害から家を守ってくれます。

そして、大切な高性能外皮と躯体の耐震性能を維持してくれるのも『FPの家』の特長です。

せっかく長持ちする家ですから、内装材も長持ちするものを選択したいですよね。

無垢の内装材とFPの家、最高の組合せだと思いますよ。

 

  http://www.assetfor.co.jp

  posted by Asset Red

  住所:東京都練馬区北町2-13-11 電話:03-3550-1311 

  東武東上線 東武練馬駅下車5分

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

重機、大活躍です。

2016年06月30日 11時24分21秒 | 注文住宅 その他

『FPの家 H邸』

重機、大活躍しています。

昨日一日で、随分と進みました。

写真はダンプカーの荷台に積まれた木材の様子です。

満載になったら、中間処分場に向かいます。

電線まとめている様子です。

こちらは、買取業者に引き取ってもらいます。

外壁のモルタル破片を集めた所です。

解体で出るゴミは、それぞれ分別回収が義務付けられています。

細かく分けて、それぞれの処分場に運びます。

機械でカバッと毟り取った壁を、木材と電線とモルタル・石膏ボード等に分けるため、床に降ろします。

降ろした壁を叩いたり、引っ張ったりしてそれぞれのゴミを分けます。

こんな作業を現場で目にすると、何もかも一緒にまとめていた昔を思い出して、手間がかかるなぁーとつくづく感じます。

以前に比べると、解体工事の日数が倍以上かかっています。工事費が高騰する理由もわかりますね。

あと、2日ほどで建物の解体が終わるようですね。

その後、2日ほどかけて基礎を撤去します。

ブロックの撤去や古井戸の撤去、セットバック部分の土の鋤取りや片付けでもう2日ほどかかる予定です。

 

  http://www.assetfor.co.jp

  posted by Asset Red

  住所:東京都練馬区北町2-13-11 電話:03-3550-1311 

  東武東上線 東武練馬駅下車5分

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

怖いダニの撃退法と対策

2016年06月30日 08時00分00秒 | メンテナンス

昨日に引き続いて、梅雨の対策をご紹介します。

今回は『怖いダニの撃退法と対策』です。

・怖いダニ

ダニはカビと並んで怖い存在です。

刺されて痒いだけでなく、アトピー性皮膚炎の原因の多くはダニと言われています。

アレルギー性喘息・鼻炎の原因でもあり、その死骸や糞も人体に影響を及ぼす事になります。

ダニは絨毯・カーペット・畳・寝具・ソファなどに多く、繁殖条件は温度20~30度で湿度60~80パーセント。

埃・食品滓・人のフケや垢など栄養分になるタンパク質があり、潜り込めて産卵できる所に集まります。

乾燥に弱く湿気に強いのが特性で、生息は防げません。

増やさないようにするのがポイントでしょう。

・ダニ対策のポイント

1.掃除機で吸い取る・・・

ダニ対策のひとつは、掃除機で埃やゴミを強く吸い取る事です。ただし、しつこいダニを退治するには吸引力の強いタイプで念入りに行うのがコツでしょう。

1平方メートル当たり5分間を目安に、長すぎると思うくらい徹底的にかけます。

紙パックにはダニやダニの死骸がいっぱいいます。こまめに捨てる事を心掛けましょう。

2.日光干し・・・

ダニは熱と乾燥に弱いのが特徴です。

ダニが潜り込みやすい布団やクッション・ぬいぐるみなどは、直射日光に当てて乾燥させます。

黒い布を被せると熱吸収が高まり、より効果的ですよ。

ただし、表面が熱くなるとダニは中や裏側に逃げ込みます。表と裏の両方をしっかり干す事が大切です。

干した後は埃をよく叩き出します。

3.換気・・・

室内の湿度を下げるには、窓や戸を開けて換気をする事が何よりも大切です。

掃除機は必ず窓や戸を開けてかける事が鉄則です。

せっかく掃除機でしっかり埃やダニを吸い取っても、掃除機の排気口から微塵やダニの糞を部屋中に撒き散らしては元も子もありません。

排気口から出たホコリは、しばらく部屋の中を浮遊しているので、少なくても1時間は窓を開けたままにします。

4.殺虫剤の使用・その他・・・

絨毯やカーペットに振り撒いて掃除機で吸い取るパウダータイプ、畳の中に挿し込んでスプレーするタイプ、直接畳にスプレーするタイプなどがあります。

また防虫シートやカーペットそのものが防ダニ加工してある製品もあります。

取外しが簡単で水洗いが出来るカーペットを使用するのも良いと思いますよ。

椅子は木製もしくはスチール製が良いでしょう。

畳の上にカーペットを敷くのはやめましょう。

・畳のダニ対策

日光干しして加熱乾燥させます。

梅雨明けの時期にはコンクリートなどの上で裏を2~4時間ほど干し、裏側・表側の順で叩いて掃除機をゆっくりと掛けます。

畳を上げた床にも掃除機を掛け、防虫紙を敷いてから畳を敷き込んでください。

・ソファのダニ対策

布製のソファや椅子は日光干しの後、叩いてから掃除機を掛けます。

コツはよく叩き、中に潜んでいるダニを表面に浮き上がらせる事です。

掃除機を何度もかけ、1平方メートル当たり5分位かけます。

特に食品滓が溜まりやすい縫い目部分や背もたれ・四隅はノズルを替えて丁寧にかけてください。

・ベッドのダニ対策

フケや垢が溜まるマットレスにはダニが集中するので、上にはベッドパッドやシーツを敷き、こまめに洗濯します。

ダニの集まりやすい頭部側や縫い目の部分は掃除機を念入りにかけます。

ベットパッドの代わりに電気毛布を使う方法も、マットレスが加熱乾燥されるので有効です。

・ぬいぐるみのダニ対策

洗えるものは洗い、その後日光干しを2日間行います。

洗えない時は、日光干しをした後ビニール袋に入れて埃を叩き、掃除機でしっかりと吸い取ります。

こんなもんでしょうか。

梅雨の合間の好天日を上手に活かしてみましょう。

 

  http://www.assetfor.co.jp

  posted by Asset Red

  住所:東京都練馬区北町2-13-11 電話:03-3550-1311 

  東武東上線 東武練馬駅下車5分

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

お節介かもしれませんね。

2016年06月29日 09時00分00秒 | メンテナンス

今日はアセットフォーの定休日です。

カビに頭を悩ませている人に、ご紹介したいと思います。

『厄介なカビの防止策と退治方法』

・カビはどこにでも発生します。

カビは微生物の一種です。

臭いの元になるばかりでなく、人体に入って感染症やアレルギー性疾患を引き起こす厄介者です。

カビの胞子は空中に浮遊し、次の条件が合えば至る所で繁殖を始めます。

1.酸素がある。

2.温度が20~30度である。

3.湿度が70~80パーセントである。

4.養分となるものがある。

好湿菌というカビの種類は浴室・洗面所・キッチンに多く繁殖します。

また好乾菌は家屋塵を好み、リビング・寝室などに繁殖します。

冷蔵庫内でさえも、低温で生きるカビがいます。

床下や天井裏でも繁殖するため、年に1度位は点検を行いましょう。

もし、その形跡があれば専門家に相談する事をお勧めします。

・カビ防止のポイント

1.清潔を心掛け、こまめに清掃しましょう。

2.いつも換気に気を配り、室内を乾燥させましょう。

3.布団・キッチン用品・浴室・トイレ小物などは、出来るだけ頻繁に日光に当てましょう。

4.防カビ剤・カビ取り剤・アルコール消毒液・塩素系漂白剤などを使用して殺菌・除菌しましょう。

一度殺菌・除菌しても、また発生する事があります。こまめ対応を心掛けましょう。

空気が乾燥した晴天の日には、家中を開け放って十分換気したいものです。北側の部屋は、年間を通じて湿気が多い為、除湿器を掛ける方法も良いでしょう。

梅雨の時期には、除湿モードでエアコンを掛けるのも有効です。

昨今の住宅は、気密性能も以前よりは高くなっています。暖房器具の使用は室内の結露を招く恐れがあります。

結露はその湿気でカビの繁殖を促します。気が付いたらすぐ水滴を拭き取る事を忘れないでください。

寒い時期であっても、空気の入れ替えは必要です。

特にトイレの配管や、窓・壁等は結露が出来やすい場所ですから注意しましょう。

・キッチン、浴室のカビ対策

高温多湿でカビの栄養源が豊富なだけに、調理の後や入浴後は水気をしっかりと拭き取りましょう。

換気扇も必ず回してください。

カビが発生したら、消毒用エタノールを布に含ませて拭きましょう。

スプレーしてペーパータオルで拭き取り、ポリ袋に包んで捨てるのも良いと思います。

カビの胞子は飛散させない事と、雑巾などで拭いた時はすぐに捨てるのがポイントです。

三角コーナーや浴室小物は、塩素系漂白剤に1時間程度漬けるとカビが死滅します。

タイル目地はカビが出やすいので、時々エタノールで消毒したりカビ取り剤を塗ります。

浴室の天井は防カビ剤入りの塗料を塗っておくと良いでしょう。

入浴後に使用するバスタオルは、濡れたままで一日置くとカビが生えます。

常に清潔で乾いたタオルを使いましょう。

・リビング、寝室のカビ対策

絨毯・カーペット・ソファに零れた食品滓が残っているとカビが生えます。

こまめな掃除が基本ですが、カビが生えてしまったら逆性石鹸液を浸し固く絞った布で繰り返し叩きます。

その後、カラ拭きしてドライヤーで冷風を当て乾燥させます。

押入は普段から、戸を少し開けて通風しましょう。

布団などはぎっしりと詰め込まず、壁との間に隙間をつくります。

カビを発見したら、カビ取り剤で拭き水拭きしてから防カビ剤をスプレーします。

畳のカビを落とすには、消毒用エタノールか漂白剤を含ませた雑巾を固く絞って拭きます。

その後水拭きして、残留薬を取った後ドライヤーで冷風を当て乾燥させます。

壁のカビは消毒用エタノールを含ませた布を固く絞って拭きます。

漂白剤やカビ取り剤は、材質により変色や退色する場合がある為注意が必要です。

・下駄箱のカビ対策

下駄箱も油断しているとカビの温床になります。

埃や泥を持ち込まない事と、通気して乾燥させる事が大切です。

靴に生えたカビはブラシを使わず布かティッシュペーパーで拭き取ります。

靴は良く乾燥させ、下駄箱には防カビ剤をスプレーします。

棚板に紙を敷いてから収納するのも良いでしょう。

こんなところでしょうか。

この時期のカビは強敵です。

油断していると、すぐに繁殖してしまいます。

こまめなチェックとその対策を心掛けましょう。

 

    http://www.assetfor.co.jp

   posted by Hoppy Red

   住所:東京都練馬区北町2-13-11 電話:03-3550-1311 

   東武東上線 東武練馬駅下車5分

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

休日の朝ですから・・・

2016年06月29日 06時21分01秒 | たわいもない話

今日は、アセットフォーの定休日。

あまりパッとしない天気ですが、のんびりと休日を楽しみたいと思います。

せっかくの休日の朝ですから、軽い話題にしましょうかね。

では、問題です。

日本の木材の中で、一番堅いのは何?

ちなみに、一番軽い木は『桐』です。

反対に一番重い木は『ウバメガシ』だそうですよ。

正解を発表する前に『無垢材』についての話をご紹介したいと思います。

無垢材とは読んで字のごとし、天然の木を伐り出したままの木材の事です。

ちなみに、地面に生えている木もしくは樹に対して、それを加工したものを木材と呼びます。

木は伐採され、建材になってからも呼吸し続けるという驚異的な性質を持っています。

湿気の高い夏には水分を吸って溜め、乾燥する冬に放出します。

こうした、持って生まれた『天然の調湿作用』で、室内をいつも快適に保ってくれます。

また風合いや色が素晴らしい事も、みなさんがご存知の通りです。

自然の素材だからでしょうか。独特の温もりがあって、特に子育て中のご家族だと「床を無垢材にして、子供が寝っ転がったり、裸足で駆け回ったり出来るようにしたい。」と考える事も多いようですね。まさに絶好の素材です。

みなさんの中には、無垢材と聞くと大黒柱や立派な梁を想像される方が多いかもしれません。

確かに無垢材は、このような家の骨組みをつくる『構造材』として使われることもあります。

でも、最近は構造材に無垢を使う事はあまり多くありません。

むしろ床板や壁・天井に貼る内装材としての使用の方が一般的ではないでしょうか。

無垢材は、自然素材であるがゆえに元々の水分量が多く、どんなにしっかり乾燥させたとしても経年と共に反りなどの狂いや割れが生じます。

それを避けるために、家の大事な構造材には『集成材』を使う事が多くなります。

天然木から伐り出した板を接着剤で貼り合せた集成材は、無垢の欠点やクセを取り除いて成形されているため狂いはほとんどありません。

その為に家の骨組みである構造躯体には、これを使う方が有利になる訳です。適材適所というところでしょうか。

また内装材に関しても、無垢ではなく集成材で作られる事が増えてきました。

(アスペクト刊/秋山高利著/あなたの家がカビる!腐る!より抜粋・加筆させて戴きました。)

そろそろ、先程の問題に対する解答をしたいと思います。

正解は・・・

斧折樺 (おのおれかんば)です。

樫の木だと思った方が多いのではないでしょうか?

 

写真のような木です。

その名の通り、斧が折れるほどに堅く、水に沈むほど比重が大きい落葉高木。

 

過酷な環境に生きる為、年に0.2mmしか太くなりません。

現在ではほとんど採られない、大変希少価値の高い日本の樹です。

最近では、シャープペンシルの柄やしゃもじなどに使われる事もあるようですね。

水に浮くのが当たり前の木ですが、世界には水に沈んでしまう木もあるそうです。

身近にあるのに、知らない事だらけの木・木材。

話題に困った時に使えるかもしれないウンチク話をさせていただきました。 

木材って、本当にいいものなんですね。

サヨナラ

サヨナラ・・・。

 

 

    http://www.assetfor.co.jp

   posted by Hoppy Red

   住所:東京都練馬区北町2-13-11 電話:03-3550-1311 

   東武東上線 東武練馬駅下車5分

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

明日、養生を撤去します。

2016年06月28日 14時28分19秒 | 注文住宅 その他

『FPの家 Y邸』

什器および電気設備の取付が終わりました。

洗面所には、シンプルな洗髪化粧台が設置されました。

窓下の大型タオルバーも取付完了しています。

こちらは洗濯機用水栓、ハンドルが小さいのが特徴です。

トイレには、お客様から御支給いただいたペーパーホルダーと手摺バーを取り付けました。

外部に取り付けられたエコジョーズ(潜熱回収型ガス給湯機)です。

あとは給排水配管及びガス配管を接続するだけで完了です。

キッチンのレンジフード近くに設置された『給気電動シャッター』です。

レンジフードのスイッチを入れると、それまで閉まっていて外気の侵入を防いでいたシャッターが開きます。

レンジフードから排気された汚染空気に替わって、ここから新鮮空気が吸入される仕組みになっています。

同時給排機能といいますが、高気密住宅には絶対に必要な装置です。

洗面所には、分電盤が付いています。既に受電も完了していますから、室内の電気は全て使用可能です。

 

ポーチの照明とインターホン子機です。

こちらは、ダイニングの親機です。

エアコン以外の設備工事は終わりました。

明日は床に貼った養生ダンボールを撤去します。

いよいよ建物完成の日が近ずいてきました。

 

  http://www.assetfor.co.jp

  posted by Asset Red

  住所:東京都練馬区北町2-13-11 電話:03-3550-1311 

  東武東上線 東武練馬駅下車5分

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

東武練馬/アセットフォー日記(http://blog.goo.ne.jp/assetfor)