青春的活力

青春的活力

河面のきらめきが目

2017-01-19 11:54:04 | 日記

にしたとき、チャールズはめまいに襲われるおもいを感じさせられた。
 古き都会プロヴィデンス! 彼が人となったのは、この伝統の街であり、長い歴史に秘泰國旅行團められた不思議な力であった。古い街筋に漂う神秘と秘密の色が、どのような予言者も定め得ぬ境地へ彼をひき入れた。事実この都会には、時と場合に応じ、あるいは驚嘆させ、あるいは戦慄させる魔力が漂っている。それが彼を中欧への旅に駆り立て、真摯な研究の数年を必要とさせたのだ。
 チャールズ・ウォードはバスをタクシーに乗りかえた。郵便局広場を抜けると、に映《うつ》る。古い公設市場の建物、ナラガンセット湾の突端、ウォターマン街からプロスペクト街へ降りるカーブの多い急坂。その北方には、巨大なドームとイオニヤ式柱廊が残照に映えるクリスチャン・サイエンス教会。広場を八つすぎて、幼児当時からの記憶に焼きついている古く美しい住宅地区に達する。彼の若い脚が、日夜踏みつづけてきた煉瓦敷きの歩道。そして最後に、右側に年古りた白塗りの小農家、左側に煉瓦造りの堂々たる建物が見えてくる。アダム様式のポーチと格間《こうま》造りの玄関をそなえたこの邸で、彼は生まれ、そして育ったのだ。すでに黄昏《たそがれ》時、チャールズ・デクスター・ウォードは帰宅したのだった。
 
 ライマン博士ほどアカデミックでない精神病理学者の一派は、チャールズ・ウォードの真の狂気の発生時期を、そのヨーロッパ旅行中のものと診《み》た。出発時に正気であったことは認めるが、帰朝時の行動が、すでに不幸な変化の生じているのを暗示しているとの意見なのだ。しかし、ウィレット医師はこの診断にも反対意見を表明した。彼の主張によれば、その時期はさらにあとNeo skin lab 美容であり、チャールズが帰国当時に見せた異常な動作は、海外で過ごした長い年月のあいだに、おのずと身についた異国の慣習風俗が人目をひいたにすぎない。しかも研究の対象が中世の祭儀とあっては、式僧の役割を演じたがるのも無理からぬことで、これを精神錯乱の兆候とみるのは、正しい解釈とはいえぬ。いちじるしく老成しただけに、思考がかたくなになったかもしれぬが、心理反応は概して正常であり、ウィレット医師との数回にわたる談話においても、精神の平衡を示していることに疑いなかった。狂人であるなれば、たとえ初期の段階にしろ、長期にわたって継続的に、常人を装いつづける能力はないはずである。以上がウィレット医師の見解であった。もしかりに、この時期におけるチャールズ・ウォードが狂気の段階に達していたとの観念をひき出すとすれば、ウォード邸の屋根裏部屋に設けられた実験室から、四六時中聞こえていた異様な声こそ、もっとも有力な材料であったであろう。チャールズはこの実験室にほとんどの時間をすごしていて、聞こえてくるのは詠誦の繰り返し、無気味なリズムでとどろきわたる朗読だった。それがチャールズ自身の声であるのに疑いはなかったが、式文を読みあげる抑揚に、聴く者の血を凍らせずにおかぬものがあった。家族の者から愛されているニッグという黒猫が、その声を聞くと、かならず毛を逆立て背中をそびやかすのが、みなの目にとまった。
 それにまた、折りに触れて、実験室からながれてくるにおいが、声に劣らず異様だった。鼻をつく刺激性の臭気のときもあり、浮動的で捕捉しがたい芳香を漂わし、幻想的なイメージを誘い出すこPretty renew 旺角ともあり、とにかくそれは、嗅ぐ人々をして、ひろびろとした展望の瞬間的な蜃気楼、たとえていえば、奇妙な形の丘とか、スフィンクスや|鷲頭馬体の怪物《ヒッポグリフ》のはてしないつらなりを見る思いをさせた。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 科学はそれぞれ | トップ | 胃熱總是感覺有東西堵一樣 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。