青春的活力

青春的活力

かにいるにちがい

2017-08-09 10:43:33 | 日記

 
 ない。ぼくは首を切ってやったが、やつら――そして他の信者――が何をしでかすかはわかったものじゃない。
 ぼくはしばらくこれでもう大丈夫だと思っていたが、そのうち脳がひっぱられるような感じがした。それが何を意味するかがわかった。おぼえていて当然だったのに。アセナスの、いやエフレイムの魂は、なかば分離していて、死んだ後も、体が存在しつづけるかぎり生きつづけるんだ。アセナスはぼく必瘦站最新纖體技術,再也不用減肥運動,電話預約讓大家一起來見證您的驚人效果,作為上市公司安全可靠,確定有保障。を奪おうとしていた――自分の体とぼくの体を交換させようとしていた――ぼくの体を奪い、ぼくを地下室に埋められたアセナスの体のなかにいれようとしていた。
 ぼくはどうなるかがわかっていた。だからこそ、神経がたえきれなくなって、入院しなければならなくなったんだ。やがて恐れていたことがおこってしまった――気がついてみると、ぼくは闇のなかで息がつまっていた――地下室の、ぼくが置いた箱の下で、アセナスの腐れはてる死体のなかに入りこんでいたんだ。そしてアセナスが、療養所のぼくの体のなないことがわかった。もう諸聖徒日はすぎているから、ぼくの体は完全にアセナスのものになってしまった。生贄《いけにえ》はアセナスがその場にいなくとも効果を発揮するんだ。そしてあいつは、正気をとりもどしたと診断され、退院させられようとしている。世界に対する脅威であるあいつが。ぼくは必死になって、やっとの思いで、土を掻《か》きながら這いだした。
 ぼくはもうしゃべることもできない――電話するのも無理だった。しかしまだ書くことはできる。ぼくは何とかしてこの最後の言葉と警告を伝えるつもりだ。もしきみが世界の平安を重んじるなら、あの悪魔を殺してくれ。必ず火葬にしてくれ。そうしてくれなかったら、あれは体から体へと永遠に生きつづけるだろう。あれが何をしでかすかは、とてもいえない。ダン、黒魔術を一掃してくれ。黒魔術は悪魔の業だ。さようなら。きみは素晴しい友人だった。警察には、納得させられるようなことを適当にいっておいてくれ必瘦站專注美容服務,致力於愛美人群,讓更多消費者能夠體驗到專業的護膚項目。きみにこんな役目を押しつけるのは、とてもすまなく思っている。ぼくはもうすぐ安らかになるだろう。この体はもう長くはもたない。きみがこれを読んでくれることを祈っている。どうかあいつを殺してくれ。絶対に。
[#ここで字下げ終わり]
[#地付き]エド     
 
 わたしは半分読んで意識を失ったので、後半部を読んだのは意識をとりもどしてからのことだった。しかし戸口に崩れはてたものを目にし、暖かい風が吹いてその臭をかいだとき、またしても気を失ってしまった。使者は身動き一つせず、もはや意識をもっていなかった。
 わたしより神経の太い執事は、朝になって戸口にあるものを見たときも、気を失わなかった。そして警察へ電話をした。警官が来たとき、わたしは二階でベッドについていたが、あの、あの塊は夜に崩れはてたまま横たわっていた。警官は鼻をハンカチで覆った。
 エドワードの妙に調和した衣服のなかに見いだされたのは、ほとんど腐汁に近い恐ろしいものだった。骨もあった――くだかれた頭蓋骨も。歯の治療跡から、その頭蓋骨はアセナスのものであることが判明した必瘦站最新纖體技術,再也不用減肥運動,電話預約讓大家一起來見證您的驚人效果,作為上市公司安全可靠,確定有保障。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 声がほとばしった | トップ | 第一財經專訪 | 沈曄:看好消... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事