早生者日記 by K.MITSUNAGA

早生者(わさもん)=
熊本弁で「新しいものが好きな人」という意味
毎週月曜更新(2009年12月開始)

景 色/BMW vs. Mercedes

2018年02月19日 | 景色

2週連続で東京へ
今週はお天気に恵まれそう…でこの絶景



さて、こちら、一見何の変哲もない八重洲のディーン&デルーカ



実はBMWのショールームなんですよ。



すごい色のi8…マットゴールドです。
私、マットの市販車ってそのうち来るような気がしてますのよ。(笑)



すぐ隣はD&Dのカフェになっています。
食材等の販売はほんのちょっと…
おいしいコーヒーが飲める、というよりは
車を見るついでにのどを潤す感じです。





一方こちらは羽田空港第2ターミナルのメルセデスカフェ
もうオープンして長いですよね。



i8に引けを取らないほどお高いモデルが置いてあります。
ダークなパープルでいかにも悪そう(笑)



このカフェのウリは最近流行中のエッグタルト
なかなか美味ですよ。
BMWとは逆にお茶を飲むのが主で
ゆっくりお茶しながら車をながめていると
なんとなく欲しくなる…というコンセプト(笑) 
車を見つめているお金持ち風の客を見つけると
イケメンスタッフがさりげなく声をかけてきます。上手!



いずれにせよポケットマネーで買えるような車でもないし
人と同じものを持つのが嫌いな私には縁のないメーカーですが
つい立ち寄ってしまう魅力をもつブランドであることは間違いないですね。

このラテだけで 何となくリッチな気分になったわ!

 

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

景 色/天空の水族館と東京の夜

2018年02月12日 | 景色

東京に雪が積もって首都圏の交通が麻痺した翌週
まだ北向きの斜面には雪がたくさん残っています。



今回の仕事が池袋のサンシャインシティーということで 
仕事の合間を縫って、何年ぶりかのサンシャイン水族館



都内にはいくつかの水族館がありますが
ここ、サンシャイン水族館は都市型アクアリウムの先駆けです。
私が大学生で東京にいる頃オープンしたので足しげく通ったのを覚えています。
東京ディズニーランドオープンの数年前です。
リニューアルしてからは初めての訪問でなつかしい…



都会のセンスが至る所に光ります。
気がついたのは色彩の豊富さ



原色の生物が多い海洋ブースはとってもカラフル
目を奪われます。





人が海に憧れるのは DNAのささやき?



私としては植物との共存が多い淡水、吃水域の展示が好きです。 



昔はイミテーションを使ってましたけどね。 





以前は入り口近くで愛嬌のあるパンダイルカ(ソメワケイルカ)が迎えてくれましたが
この方も健在
生まれて初めてマンボウを見て感動したのを覚えています。



3年前に凍死させてしまったウチのホシガメ…
元気なこの子たちを見ると涙が出てしまいました。
飼い主の不注意で小さな命を失うのはもう2度とゴメンです。
(一番左の子がウチの子にそっくりで…涙)



うれしそうに何をもらっているのかとおもったら
固まった雪?
何でもおもちゃになるんですね。(笑)



ここサンシャイン水族館は地上40メートルの屋上にあるのです。



ここではペンギンも空を飛べる… 





青い空を見つめるアシカの目には何が映っているのでしょう… 



先進各国が生きた動物を展示することをやめる方向に動く時代 
目を輝かせて楽しむ人間の子供たちと
大海原を懐かしむ生き物たちとの折り合いは
どうやって均衡を保っていくのでしょうね…。

さて、夜の東京駅
工事が終わって美しい広場が出現
こちらは皇居方面



冷たい月がかかる東京駅 




(おまけ)
以前お伝えした 娘の引っ越し騒動から早3ヶ月…その後
初めて見る新居は以前のマンションより広く



びっしりと積み上げられた3000冊 
地震で倒れて泣きつくなよ!(笑)



 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

良 縁/墓じまい 

2018年02月05日 | 良縁

幼い頃から父にさんざん聞かされてきたこと…
「オレは16代目なんだぞ。おまえは17代目」
長女の私に対して暗に婿を取れ…ということだったのかも知れません。
今となっては何を考えて私に伝えていたのか
アルツハイマーの父に聞いても返事は返ってきません。

その17代目にして女ばかりになってしまった我が家の墓
このたび「墓じまい」することになりました。

以前は出身地の県南の方にあったのですが
祖父の代に熊本市内に新しく建てなおしています。
そこは熊本大学のすぐ裏手で熊本市が管理する墓地の一角
2016年の熊本地震でかなりの被害を受け
この崖も崩れ落ちる寸前でした。
今では市がちゃんと復旧はしてくれたものの
ウチの墓はこの崖の真上にあるので



その被害たるや惨憺たるもの。
まだ手つかずのお墓もたくさんあります。
当初のように骨壺までごろごろと転がっている光景はなくなりましたが…



我が家の墓は



墓石が倒れたまま…



ご住職が出張してくださっての読経が始まります。
もう男性は父と叔父しかいないので寂しい限りです。



読経の間、ご住職が持って来られたおりんに目が釘付け
おいおい、倒れちゃうんじゃ!
カメラの三脚の上に乗っかってるだけ?



なんと底に穴が空いていてネジで留めてありましたとさ。
ご住職自らの手作りなんだって。
全員、ほっと胸をなでおろした次第(笑)

これからはお寺で永代供養をしていただき
マンションのような小さなロッカーに入る事になります。
私は思いっきり海や山で散骨してほしいと娘に伝え
「あなたは18代目なんだぞ!」と伝えてあります。(まだ独身)
そのあとがどうなるかは神のみぞ知る…


 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

景 色/大阪ぶらぶら

2018年01月29日 | 景色

毎年1月の中旬から春の展示会が始まります。
今年は初夏に向かって大きな展示会が3本あり
東京に行くことが多くなりますが 
いつもスタートは大阪 

今回はあるものが欲しくて初めて行ってきました住吉大社
寒いけどいい天気
大阪を代表する神社だということくらいしか知らない私



なんと!大阪にも路面電車が残ってたのね!(…ってあまりにも無知?)



鳥居をくぐって境内に入り



目の前の赤い橋が気になりながら近づくと 
すごい急傾斜



これは「反橋」 と言って渡るだけでお祓いになるのだとか…
その傾斜角はなんと48度! 
降りる方が怖いじゃん!



手水舎にはうさぎがいます。
ここの創建が辛卯年の卯月と卯日だったからだとか…
神様の使いなんですね。



社殿は本殿が4棟もある珍しい作りで「住吉造」と言われるのだそうです。



どれも美しい桧皮葺き(ひわだぶき)
もちろん国宝です。

で、見所はたくさんあったはずなのに
世俗の私は全て見逃して目的のみ達成
実はここでしか手に入らない土人形の「千疋猿」



これを買い求めに来たんですよ。
罰当たりな私です…(汗)

さて、大阪の街中に戻り
阪急梅田本店の上質なウインドーディスプレーに酔いしれ





ワンパターンのカフェに立ち寄り



白胡麻のお汁粉に舌鼓





相変わらず平日だというのに人の多い阪急百貨店
私が今一番注目する百貨店です。



暗くなった大阪駅



寒いのでスケートリンクは人もまばら



家に戻って早速飾った千疋猿(10匹ですけどね)
ご利益は「立身出世」
申年までにはまだ10年…








 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

良 縁/未来へのエール

2018年01月22日 | 良縁

もう何度もご紹介していると思いますが
同じ和水町(なごみまち)の友人一家が営むカフェKINON
正式には「KINON cafe & arts」 
KINONとは娘さんの野乃花さんの学生時代のニックネームだそうです。
九州自動車道「菊水インター」から2キロほど南の
肥後民家村という施設の中にあります。



肥後民家村は地元和水町が運営する古民家の里
その中の1軒、築250年の建物がKINONなんです。



茅葺き屋根の建物の中は土間や天井の梁など、まさに絵に描いたような日本家屋 



そしてここでいただく手作りの軽食やスイーツはどれも絶品
ご一家揃ってお持ちのいいものを見る目を活かしたこだわりのカフェ… 
それがKINONなんです。



木彫作家のお父様。上質なセンスの塊のようなお母様。
お料理が上手で笑顔が絶えない娘さんの野乃花さん。
そして、昨年、東京でデザインを勉強する息子さんの森土くんが加わりました。

今回はその森土くんのお話です。(前置き、長っ!) 

これは彼の作品「COAT CHILDREN」
卒業制作展で最優秀賞をもらった作品です。



私はこれに興味を惹かれました。 
こんな素晴らしい感覚を持った人がここでくすぶってる…(失礼!)
なんてもったいないんでしょう!
ということで、大正から続く岩手の手ぬぐい屋さん「京屋」さんにお願いし



本格的な手染めの手ぬぐいを制作 



素晴らしいものが出来上がりました。



彼の作品は絶対テキスタイルに向く…
いいものを発掘して形にしていく作業こそデザイナーの仕事です。
久々に興奮し、ネットで綿生地に印刷



それを熊本市内のこれまたステキなお店「ビオラ」さんににお願いして
1枚のシャツに仕立ててもらいました。



彼のお気に入りのシャツを寸分違わずに仕立て上げてくれた腕前に感謝です。



私ができることはここまで。
これからは森土くん自身が自分の価値に気付き
道を作って行かなければなりません。
そのお手伝いにちょっとでもなれれば…
実にわくわくします。


KINON cafe & arts     https://www.facebook.com/search/top/?q=kinon%20cafe%20%26%20arts
京    屋     http://kyo-ya.net/about/
ビオラ     https://www.facebook.com/search/str/洋服のお直しビオラ/keywords_search


 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加