mimiとピースケ

保護つばめのピースケ。他愛もない日常のブログです。

つばめの巣カラスよけ☆③ダニのブログ紹介

2017-07-06 17:37:12 | 日記
こんにちは
ピースケブログ 夏は 更新できなくてごめんなさい
『カラスよけ』ブログが わりとアクセス数が多いということは
カラスよけを調べている方が多いということ
その③は とても良い『カラスよけ』をして下さってる お店の横の巣の紹介です

こちらは たぶん はじめて この換気口に去年かけて 雛が産まれて しばらくして大穴が空いていましたから カラスにやられたんだと思い、今年はもうかけに来ないだろうと思いましたが・・巣が完成 メスが座っているのを通るたびに確認してしまい、さまざまな思いを抱き 意を決して お店の方にお話しに入っていきました。

お店の方が ご自分で1人でされたのですよ




巣の壁から 4,50㎝くらい離れたところに 40㎝間隔くらいの紐が天上から地面まで6本。
巣の左側の紐は 横からカラスが狙わないように 壁から2,30㎝くらいのものが一本。(巣の右側は壁のでっぱりがあるので、カラスが入って来ないであろうと それと同じ紐はないのです。

私の説明に「つばめを驚かせないよう、一本ずつ(少しずつ)すると良いですよ」
とあったので 1日前は 正面の紐が2本していない状況でした。写真がコチラ


カラスに既に狙われている、一部の雛が襲われてしまった巣は一気に完成しないとダメですよ

現在 5羽?の雛がいます
どうか 無事に巣立ちますように


本当は 『蛇対策』や『ダニ対策』『ダニがついてしまったら(雛が落ちてくる)』などの対策についても 書きたい思いがあります。
私が 現在 見守り中の 予期せぬ状況になってしまいましたので また
ゆっくりな時にでも書けたら・・と思います。
『ダニについては』去年 かんさつネットワークに投稿した 私のコチラのブログが参考になれば・・と思います、クリックして下さい
http://kitutuki.sakura.ne.jp/wp/?p=25085
『ダニを取る』行為は 弱っている雛にとっては 体力を奪いかねないので
のちらの 「つばめの大家さんへ」の中の『ダニ対策』のところもあわせてお読み下さい
コチラ↓
http://sky.geocities.jp/swallowtail0907/ooyasan/ooyasan-index.html
ちなみに 私は 今年も一羽の雛の子のダニを取りましたが、ダニよけスプレー(殺虫成分不使用)をティッシュに染み込ませて 体を包みましたが、ダニは出てきましたが 生きたままでした。
それを三回して、補液、メジロのすり餌などを与えつつ、一時間くらいかけて、最後に筆で『除虫菊パウダー』を上手く 雛の体につけると 死んだダニがポロポロと出ました
ジャンル:
ウェブログ
コメント (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 5歳になりました! | トップ | 実は 両足が悪かった8/7 »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
お久しぶりです (そら&くう)
2017-08-03 16:45:05
mimiさん事件です!

事件です!今、家に迷いツバメが2匹もいます
一匹は、上の子供が高校の近くの駐車場でみつけました。
もう、一匹は下の子供の友達が連れてきました
2匹とも、巣の持ち主さんに見捨てられて戻すに戻せずに飼うことにしました
2匹目の子はダニがひどく、毛筆用の筆で体をグルーミングして、見つけてはつぶし見つけてはつぶし24時間看護でした


本当に冷たくされて、涙が出ましたよ!!
そんなんだったら、家で育てるよ!って子ども達とプンプン怒りながら帰って来ました

家に連れて帰ったら、旦那がカゴとミルワームとバッタと準備して待っててくれてホロッとしました

そんなこんなで、3週間ほどたちます
すごくなついていて可愛いんです
呼ぶと飛んでくるし、手の中で寝ちゃうし・・癒しです
ピースケ君を見てて羨ましいと思っていたけど、本当に可愛いですね

2匹共元気いっぱいなので、さみしいけど・・本当は嫌だけど・・胸が張り裂けそうだけど・・
お盆休みの時に空にかえしてあげるつもりです
mimiさんが近くだったら、ピースケ君と会わせてあげれたらいいのに・・でもピースケ君も家の子達もお互いツバメだと思ってないか(笑)

今回思った事が、皆がみんなmimiさんのような優しい方ばかりじゃないと言うことでした

ツバメの名前は、テンとあおです
元気に巣立ってほしいと願うばかりです

mimiさんコメントはいいですよ~
空に返せたら、又コメントしますね

暑い日が続いてます、mimiさん無理しないでくださいね
そら&くうさんへ (mimi)
2017-08-07 21:00:10
ご無沙汰してます。
そうですか そら&くうさんは 2羽の放鳥訓練中なのですね!以前も 放鳥経験ありましたよね。

私も ある大家さんに 巣落ち雛 戻さない ようなことは言われたことはありますが 自分の脚立で自分で戻すなら良いと・・ 結局 戻す前に 一緒に餌をやってくれたり 戻す時も手伝ってくれました。
その 大家さんは 何か 理由があったのですかね、
お話する時間は あまり 限られていたのではないでしょうか?

雛を拾った時 放鳥するべきか しないべきか、
すべて拾い主さんに委ねられた 究極の選択となりますね。

そら&くうさんの保護つばめが 放鳥条件を満たしていて 仲間についていけそうなら ぜひそうしてあげて下さいね。
何かあれば また 書き込み下さい。
お返事ありがとうございます (そら&くう)
2017-08-08 15:32:13
mimiさん
こんにちは( 〃▽〃)お忙しい時期なのにお返事ありがとうございました

テンとあおの拾った時の状況です

テンの家主さんに子供と私とで、お願いですから巣に戻させてくださいってお願いしたのですが、冷たくあしらわれ「ツバメに興味ないから」と言われて涙がでました…
頑固オヤジみたいな人で説得する余地なしという感じで…

あおは、道の駅の屋根の中に作っていたのですが脚立が届かない高いところで…
これも又、お店の人に娘の友達が戻して欲しいとお願いしたところ「高くて無理だから」と断られたそうです。

ツバメに興味がないとこんなものかしらと寂しい気持ちです

テンもあおもすっかり大きくなってもうすぐ空に返せそうです、
今は甘えん坊の2匹だけど、仲間が呼びに来ると野生の目になって羽ばたいて行っちゃうのだから…もう、二度と会えないと思うと胸が張り裂けそうです
でも、返してあげなきゃね
テンとあおの家族も待ってるから

又、報告しますね(/_;)/~~

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。