アクチュアリーによる アクチュアリアルでないブログ

あすく数理人事務所の代表が勝手きままに綴ります

春のおたよりが届きました(新之助)

2017年04月02日 | Weblog
皆さま、こんにちは。

4月に入りました。いろんな思いをもって新年度をお迎えのことと思います。
私といえば、2月3月が異常に長く感じられていたため(特に3月はイベントが全くなかったのが原因と思われ、もんもんとしていました)、ようやく冬のトンネルから抜けられた感があり、少し(結構?)ウキウキしています。4月に入ったからといって途端に状況が変わるわけではないのですが。
事務所から見える桜は、まだ満開ではなく、アポロチョコレートみたいな色見ですが、こんなことも気分を軽くさせてくれます。

「暖かくなる。桜が咲く。いいことあるかも!」なんていう、根拠のない三段論法でも、前向きになれるもんです。
個人的には「早く夏にならないかなー」とかなり前のめりですが、ここは自制して、業務遂行してまいります。

さて、新之助キャンペーンガールとしての任務を一応は果たしたと考える私。
その後、新潟県農林水産部地域農政推進課様から次々とうれしい贈り物が届きます。

○新之助
粒大き目のもちもちのお米、新之助。
甘みがあって本当に美味しいです。
新聞やネット等ではお値段が高めなのがネックとの記事がありますが、そりゃ、そのお値段に伴う美味しさですもの。お小遣いを少し足せば美味しいお米を楽しめる、それなりの一品です。
もう一つの課題は流通量が少ないことでしょうか。目にする機会がほとんどないのですが、新潟の物販店やイベントで新之助を目にされた際は手に取って眺めてみて下さい(手に取るだけならタダでしょう、たぶん。)

その新之助、新潟訪問以後、毎月お届け下さいます。なんとありがたい。お米代は馬鹿になりませんからね。ほんと、助かっています。
ちなみに名前シールは事前にデザインを申し出ていたものです。


○そば
妙高のおそば。しかも十割。近所のお蕎麦屋さんでもまれにしか打たない十割。
十割って、独特のおいしさがあります。蕎麦湯も美味しくいただきました。
さすが水の美味しい妙高です。



○ルレクチェ
ルレクチェをお送りいただきました。
恥ずかしながらルレクチェなる果実、私はそれまで存じ上げませんでした。
高級感漂う立派なお姿!
味は、梨のような、桃のような、メロンのような、一口かじると果汁がしたたり落ちます。
お、おいしすぎる・・・。こんな美味しいものを知らずに生きていたとは。

季節になればぜひ食べたいと思うおいしさですが、おそらく高級果実の部類に入るのでしょうね。
自分用というより、贈答用向きでしょうか。ご存知無い方にならきっと珍しさも伴って喜んでいただけることでしょう。
それにしても妙高、恐るべしです。米、そば、果実、どれをとってもすごい。
そういえば、お酒も美味しかったですしね。





○越後姫
そして、なんと!
先日いちごが届きました。その名も「越後姫」。
可憐でみずみずしい新潟のお姫様のよう、ってことから「越後姫」と名前がついたそうです。

さて、そのかわいいお姫様、粒の大きいこと!私の手は小さめですが、手のひらくらいあります。7~8センチはあるでしょう。
大きいからといって、大味ではありません。
甘さは格別です。あまいあまい。また「こんなにいちごって果汁ありましたっけ」というほどジューシー。そしてうっとりするほどの良い香り。
ああ、これも来年また食べたい!





しかし、なんと至れり尽くせりなご対応。新潟県農林水産部地域農政推進課の皆様、ありがとうございます。
私はこれに応えるに値する新之助の宣伝ができたでしょうか?

そんなことを考えながら、越後姫をばくばくいただいています。

あすく数理人事務所のサイトもご覧下さい。
にほんブログ村 資格ブログ その他珍しい資格へ
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 新之助探訪 あとがき | トップ | ブログ日本いまばなし »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。