アクチュアリーによる アクチュアリアルでないブログ

あすく数理人事務所の代表が勝手きままに綴ります

新之助探訪 4

2016年10月17日 | Weblog
皆さまこんにちは。

さてさて、当面は新之助探訪シリーズになる予定です。
10月中旬、ご招待いただいた新之助旅行に行ってまいりましたので、新之助発祥の地、妙高旅行での行程を紹介したいと思います(ですので、アクチュアリアルな内容はなく、アクチュアリー試験には全く役に立ちません(いつものことです))。また、写真をたくさんとっていただきましたので、写真も多めのアップになるかと。つたない文章より一見です!!


さて、初日は自称キャンペーンガールのわたくしども、新幹線にて上越妙高駅へびゅーん。駅周辺は未開発なので、駅舎だけが巨大で少し寂しい印象ですが、今後が楽しみということで。
まずは腹ごしらえと、徒歩5分ほどの「なおじろう」さんにてかき揚げそばをいただきました。二八そば、美味しい。しかもお安い。ごちそうさまでした。


このそばを食すため、一本早い新幹線で来ていましたので、再び駅に戻り、お迎えにきていただいていた新潟県地域農政推進課 佐藤さん(女性)、今回の旅をコーディネートして下さり、二日にわたりご案内して下さった妙高市グリーン・ツーリズム推進協議会 事務局長の舘野さん(男性)とご対面。

ご挨拶もそこそこに新之助オーナー田に向かいます。舘野さんの車にレンタカーでついていきました。
オーナー田到着!!


先週であれば、テレビの取材も来ていたとのことで、実に惜しい!!
ここで、新之助を育てて下さった農事組合法人ふる里妙高代表理事の山下さんから新之助の出来についてお話を伺います。
私は米は大好きですが、米粒の厚さについてはとんと関心がありません。
コシヒカリは1.85mmだが、新之助は1.9mmもあるそうです。粒の大きいのは食味が向上するとか。
また、強風でコシヒカリの穂が垂れてしまった際も新之助は倒れず耐えたとのことですから、頑丈さも兼ね備えています。味も強さも将来性大!!

刈り取ってみるかい?とコンバインに乗せていただくことに。
大事な商売道具に素人の私が乗っていいものかと申し訳なく思いましたが、興味には勝てず、「ぜひ」と。

(コンバインが良く似合うアクチュアリー?)

刈って刈って刈りまくる。どんどんコンバインが食べていきますが、ん?貯まった稲はどうなるの?
そこは賢いコンバイン、モミとモミ以外に分けて、モミ以外はコンバインのお尻から吐き出していくのです。
一方、貯まったモミは待機しているトラックの荷台にホースから吐き出します。バズーカみたい。
どどどどーっと吐き出され、荷台が山盛りになると、トラックはどこぞやに走りさっていきました。


・・・さて、本日はここまでにします。ご興味ある方は引き続き探訪シリーズをご期待下さい。
しかし、ちょうど忙しい時期と重なってきていて、次回のアップがいつになることか


あすく数理人事務所のサイトもご覧下さい。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ムーミン? | トップ | 新之助探訪 5 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。