あ~した天気にな~ぁれ!

今日よりほんの少しでもステキな『明日』になりますように!!

島根旅行 3日目 おまけ編

2017年07月14日 | お泊り旅行日記
境港を12時過ぎに出発。
この後の予定では自宅を目指してひたすら走り続けるはずだったんですが、目に入る看板に誘惑されてしまって予定外の観光をしてしまいました``r(^^;)ポリポリ

境港から米子に向けて南下していくと正面に美しい稜線の山が見えてきました。





富士山みたいな形してるなぁ~と思って、そういえば鳥取になんとか富士って呼ばれてる山があったはず……、あれはもしや『大山』か?なんて話を夫君としていると標識に伯耆の文字を見つけて私、確信しました。
そうだ、伯耆富士だ。あれ大山だよ。
なんだかすごい発見をしたみたいに大はしゃぎしてしまいました。
ナビの画面見ればその山が大山だってことなんてすぐにわかることなのにねぇ。
でも、こんなやりとりも長い道のりの車内のお楽しみになるんですよww

大山を見ながら走っている途中にお、お城?!



城好きとしてはついつい目に入って写真撮っちゃうんですよ``r(^^;)ポリポリ
近づいてみたら和菓子屋さんでした。
お菓子の壽城さん。なかなか立派な天守です(笑)

大山とお別れして山陰道を東へ東へ走ります。
右手にちらっと日本海が見えると決まって夫君が聞いてきます。
「誰か釣りしてない?」
ほんと、釣り竿持ってきてたら絶対何箇所か浜へ出てったと思うなぁ。(笑)

しばらく走ってると名探偵コナンの絵が描かれた大きな看板を発見。
『青山剛昌ふるさと館』と書かれていました。
名探偵コナンの作者さんのふるさとらしいです。
そんなのがあるんだって~、って感じでその時は思ってたんですが。
そろそろ休憩しようかと立ち寄った『道の駅大栄』
するとそこには『青山剛昌ふるさと館 歩いて1分』の文字ww
「ねぇねぇ、さっきのコナンの看板のふるさと館っていうのがこの裏手にあるらしいよ。歩いてすぐだって、ねぇ、行ってみる?」と言ってみたところ「いいよ」との返事。
チラッと覗いてきましょうかね(* ̄▽ ̄)フフフッ

ふるさと館の前に少年探偵団の像が。



そして入り口の前に停まっている車はあがさ博士の愛車ww
実物大です(笑)運転席に座るのは無理だけど隣に立つくらいはできたなぁと後悔。



受付で入場券を受け取りました。



もう、この入場券だけでもGETできてラッキー!な気分です。

青山先生の生い立ちがわかる年表があったり、仕事部屋が再現されていたり、世界20カ国以上の国で翻訳されてる単行本が展示されていたり、アニメのセル画が飾られてたり、青山先生直筆の年賀状が展示されてたり、クイズやゲームに挑戦できるコーナーもありました。

扉の模型を使って扉の外から内鍵をかける密室トリックに挑戦しました。
2時間サスペンス大好きな私はこのトリック知ってましたよww
説明書きがあるのでその通りにやればおそらく誰でも成功すると思います。
夫君はテープの長さが短くてちょっと苦労してましたけどなんとか成功しました^^
結構楽しんじゃいましたww

クイズコーナーではしっかり全部の問題に挑戦。
私より夫君のほうが相当楽しんでるように見えました。

↑の入場券の写真、二人で入ったのに1枚しか無いのはなぜ?って思いませんでしたか?
同じ絵柄だから1枚しか撮らなかったってわけではないんです。ここの入場券、3種類あるみたいで実際2枚は違う絵柄だったんですよ。
この入場券を指定された場所に置くと3D映像でコナン君や怪盗キッド、ヤイバーが現れて一緒に写真が撮れるコーナーがあったんです。
そこで撮った写真がこちら。





このコナン君ちょこちょこ動くんですよ。
二人でテンション上がっちゃって、お互いに写真撮りっこした後、この後ろにあるプロジェクションマッピングのほうに気を取られてしまって台に置いた入場券のことなんてすっかり忘れてそのままにしてきてしまったのでした。
それに気づいたのは帰宅してからで……遅いっちゅうねん!

それから、青山剛昌ふるさと館マイスター認定クイズっていうのがあったんです。
受付のところ指令書があってその指令(クイズ)に答えて合格すると認定証がもらえるの。
館内に答えはあるから探せば答えがわかるようにはなってるみたいです。
初めての人は初級からで、少なくとも初級は全問解けました。
私たちは二人で1枚の指令書に答えを書きこんで帰るときに受付に提出。
採点してもらって見事合格して認定証をいただきました。



次に訪れた時に中級に挑戦できるんだって。

ちょっと寄り道のつもりががっつり時間使っちゃいました。
でも、楽しかったからOKです。
鬼太郎と言いコナンと言い、この日は漫画デーになっちゃった感じですね。

青山剛昌ふるさと館を出てまたまた9号線を東へ東へ進みます。
40分くらい走った頃でしょうか、今度は『白兎海岸』の標識が目に入りました。
因幡の白うさぎの伝説のあの白兎海岸です。
出雲大社にも大国主命やうさぎさんがいて、今回の旅には縁のある欠かせない場所な気がしたので、休憩&遅い昼食をとるため『道の駅 神話の里白うさぎ』に立ち寄ることにしました。

道の駅の2階にぎんりん亭っていう海鮮のお店があってそこに入りました。
せっかく境港にいたのに海鮮食べてなかったんですよねぇ。
ちょうどお昼時に居たのにねぇ。
実は、朝ごはんがとってもボリュームあったんで、その時点では2人ともまだお腹すいてなかったんですよ``r(^^;)ポリポリ

夫君は『うさぎ三段跳び丼』



大根と人参でつくったうさぎが可愛いww

私は『海鮮ちらしセット』



海鮮ちらしよりうどんの器のほうが大きくない?(笑)
お互いにちょこっとずつ分けっこして、美味しく完食いたしました。

この時の時間が午後の4時過ぎ!
お昼っていうより早めの夕飯って時間ですよね。
でも、この時間に食事したことがあとあと助かることになるのです。

さて、食事の後、歩道橋のようなところを通って道路の向こう側、海岸の見える方へ。



この先の方向へずーーーーっと進むときっと鳥取砂丘があると思われます^^
反対側に目を向けると



鳥居のある島からウサギが岸に渡ろうとしてあの有名な因幡の白うさぎの伝説が生まれることになるんですねぇ。
大国主命に助けられた白うさぎはお礼に八上姫との縁を取り持ち白兎神社の御祭神となったそうです。

道の駅のすぐ近くにその白兎神社がありました。



お参りはしませんでした``r(^^;)ポリポリ

旅の締めくくりに『縁結び』という今回の旅にバッチリな場所を訪れることができました。
とても、おまけで寄ったなんて言ったら罰当たりそうですがww

午後4時40分くらいかな?今度こそまっすぐ自宅に向かいます。

午後6時半ごろ中国自動車道の加西SAで休憩。
ソフトクリームもち麦ミックスを食べるww

午後8時半ごろ、名神高速道路の草津PAで近江牛コロッケ購入。


ちょっとブレてる……

結局これが晩御飯?(笑)

と、ここまで3日間長い距離走ってきましたが、渋滞らしい渋滞にもはまらず比較的快適に走れていたんですが、最後の最後、東名阪リフレッシュ工事ってやつにつかまってしまいました。
どれだけの距離をどれだけの時間かかって抜けたのか忘れてしまいましたけどとにかくちっとも動かない!!って状態でした。夜間の渋滞って暇を持て余しますねぇ。外の景色を見てるってこともできないし。
気分よく運転してくれてた夫君もちょっとイライラが来てました。

そんな渋滞も何とか抜けて自宅に到着するちょっと前、車の走行距離の数字が1000kmに。
997kmあたりからスタンバイして満を持してデジカメのシャッター押したんですが……



フラッシュたけちゃって数字が読みにくいですけど、左側の数字1000.0になってるでしょ。

6月5日午後11時30分ごろ、無事に自宅に到着しました。
あっという間の2泊3日。
でもとっても充実した2泊3日でした。

1か月以上たった今でもこうして記事を書いてたり写真を眺めてたりすると心の奥や頭のどこかにワクワクウキウキしていた自分が残っています。

やっぱりいいですねぇ、旅行って。
家事一切から解放されるってなかなかないことですからねぇ。それも3日間もですよ。
できることならずーーっと旅してたい(o^―^o)

こんなに素敵で楽しい旅行に連れてってくれた夫君にほんと感謝、感謝です。
総走行距離1011.5km



そのすべてを一人で運転してくれた夫君。
今回ばかりは運転代わってあげなきゃって思ってたんだけどねぇ。
「代ろうか?」って言えなかった……ごめんね。

毎度夫君の優しさに甘えてしまっております ペコリ(o_ _)o))

「じゃ、次はリイの運転で!」って言われても素直に「うん」とは言わないんだなぁ、これが^^
ずっとずっと甘えるつもりなのでよろしくねぇ~~~~^^
と、ここでお願いしておくのだ(笑)

ようやく島根旅行、完結いたしました。
のろのろ更新にお付き合いいただきありがとうございます。

次のお出かけは8月後半に日帰りバス旅行の予定です。
今度のツアーは観光より食べ放題メインみたい。
どんな旅になるかお楽しみにぃ~~~。



ランキングに参加しています。よろしければポチッとお願いします。
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 着付け教室 第208回目&... | トップ | 7月20日の着姿 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む