20代のころの『男の魅力』をもう一度呼び覚まそう

1997年に心筋梗塞を患い、2006年までEDだった私。
2007年にある漢方に出会い、37歳差の彼女をゲット。

イギリスGP-金曜フリー走行

2017-07-16 09:24:36 | F1レース
曇り空のシルバーストン・サーキットで実施された

2017年FIA F1世界選手権第10戦イギリスGP金曜

フリー走行2回目でメルセデスのボッタスがトップ

タイムをマークした。





気温17℃、路面温度30℃、湿度51%のドライコン

ディションでセッションが始まると、まずはルノー

のヒュルケンベルグ、ハースF1のグロージャン、ト

ロ・ロッソのクビアトがコースへ向かった。



その他のドライバーたちも順次プログラムに取り

掛かり、ライバルたちに遅れて始動したメルセデ

スのボッタスがセッション開始から30分が過ぎた

段階で1分28秒496をマーク。タイヤはスーパーソ

フトをチョイスしていた。このときまでにトロ・ロッソ

のサインツ以外の全員がタイムを計測している。



2番手につけていたボッタスの相棒ハミルトンは

マシンにダメージを負った様子で一度ピットに帰

還。3番手と4番手にフェラーリ勢、5番手と6番手

にレッドブル勢が並んでいた。



セッション中盤はコース上のマシンの数がまばら

になっていたが、終了時間が近づくにつれて初日

の仕上げにとりかかるドライバーたちで賑わいを

取り戻したシルバーストン。その中でウィリアムズ

のマッサとフェラーリのライコネンがコースオフを

喫したものの、両者ともすぐに体勢を立て直して

いる。



暫定トップのボッタスは終盤にミディアムタイヤの

テストも行った。レースに向けたシュミレーション

に取り組む陣営が多く、その後もタイムシートに

大きな変動はないまま90分のセッションは終了。

午前に続き、1分28秒496を記録したボッタスとそ

のチームメイトであるハミルトンがメルセデス1-2

を決めている。



3番手ライコネンからベッテル(フェラーリ)、フェル

スタッペン(レッドブル)までがトップから1秒以内。

6番手はフェルスタッペンの僚友リカルドで、以下

ヒュルケンベルグ、マッサ、アロンソ(マクラーレ

ン)、オコン(フォース・インディア)までがトップ10

に名を連ねた。



もう1台のマクラーレン・ホンダを駆るバンド―ルン

は16番手だった。



アロンソがトップ10に入っているので、予選は期

待が持てますね!





ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« オーストリアGP-決勝  | トップ | イギリスGP-予選  »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。