屋台存亡の危機

2017-04-21 15:02:27 | タイ旅行
路上レストラン、都庁が営業時間を制限へ
21/04/2017

バンコク都内のカオサン通とヤワラート通で路上にテーブルとイスを並べて食べ物を販売することについて、
バンコク都知事のアドバイザーであるワンロップ氏はこのほど、都庁が禁止することはないが、営業時間が制限されることになると説明した。
「路上レストランが今年末をもって禁止される」と情報があり、これに対しネット上では厳しい批判が浴びせられていた。
同氏によれば、禁止されることはないものの、関係当局が検討して路上レストランの営業時間を決めることになった。


安い、早い、うまいの屋台
たとえバンコクといえどもタイから屋台が消えたら庶民はどこで何を食べればいいのでしょうか?
この屋台こそ最もタイらしい部分と私は思います。
衛生上とか、歩きづらいとか言うタイ人はまずいないでしょう。
見栄でしかないような措置はどんどんタイらしさを失わせ、やがてはタイの魅力低下につながることでしょう。
きれいな水には魚は住まなくなるという諺を知っているのでしょうかね。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 南部で爆弾テロ多発 | トップ | 4/25 タイは猛暑 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。