4・19

2017-04-19 14:36:59 | タイ旅行
荷台乗車禁止の施行延期を要請へ
19/04/2017

交通事故防止の強化策の一環であるピックアップトラックの荷台に人が乗るのを禁止することについて、
市民の強い反発に伴い政府が先に施行を先送りすることにしたが、
陸運局のサニット局長は4月18日、施行延期を可能にする規則を打ち出すよう警察庁に要請する考えを明らかにした。
トラックの荷台に乗車することは今まで普通に行われており、これを禁止することには強い批判意見がわき上がっている。
同局長によれば、荷台乗車禁止は陸運法で規定されているが、警察が規則を設ければ、
一時的あるいは恒久的に荷台乗車を取り締まらないようにすることが即座に可能となるとのことだ。
関係筋によれば、この規則について陸運局と警察庁の間で18日に話し合いが行われたが、意見の一致は見られなかったという。


トラックの荷台走行はタイではごくごく当たり前で、
ソンテオというそれを商売にした乗合トラック(荷台に簡素な座席をつけたものも)無数あります。
これらが禁止されれば市民の足に影響が出ることは必死です。
たか~い料金のBTSのあるバンコクはともかく、地方ではなくてはならないものです。
何より運賃が安い(タクシーやバイクタクシーよりもはるかに安い)のと、バスより頻繁に回って来るのでとても便利です。
私も田舎で何度も乗りましたが、風を切りなかなか快適です。
ただ当然ですがシートベルトなどなく、荷台には扉もなにもありません。
大体は徐行しているソンテオに飛び乗るのが一般的な乗り方でいちいち止まってくれません。
これはバスも同じですが・・
降りるときもボディをこんこんと叩けば止めてくれます。
問題になっているのはソンテオではなく、一般のピックアップトラックだと思います。
猛スピードで走りますので、急ブレーキやぶつかると当然荷台に乗った人間は放り出され、ただではすみません。
何でもかんでも安全第一で規制をすれば生活に支障が出て困るのは市民です。
タイでは安全よりも日々の生活が大事なのです。
タイ政府も身の丈にあったことをすべきだと思います。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 4月18日損苦乱終わる | トップ | 20/04 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。