タイでの生活・10/15 喪服を着ないで外出は恥ずかしい

2016-10-16 01:55:05 | タイ旅行
まずニュースです。

タイ、96歳の元首相が摂政に 皇太子の即位まで

タイ暫定政権のウィサヌ副首相(法務担当)は14日夜のテレビ全局共通放送で、死去したプミポン国王の王位を継承するワチラロンコン皇太子(64)が即位するまで、
プレム枢密院議長(96)が摂政を務めると発表した。

プレム氏は元陸軍司令官で、1980年から8年余り首相に就いた。プミポン国王から厚い信頼があり、軍部への影響力も保つタイ最高実力者。
枢密院議長と摂政は兼務できないため、プレム氏は枢密院議長職を離れた。

ワチラロンコン皇太子の即位をめぐっては、国会にあたる国民立法議会が即位の要請を決定。
しかし、皇太子は「国民と悲しみを共にしたい」として即位手続きを「適切な時期」まで待つよう求めていた。
国王が不在となる場合、憲法の規定で、枢密院議長が摂政になる。



王位継承が1年先になる見通しらしいです。
プミポン国王の火葬も1年後、日本ならすぐ皇太子が継承すると思うのですが・・

どこへ行っても喪服姿のタイ人だらけで、黒いシャツぐらい来て外に出ないと恥ずかしいです。
本当に街中は黒一色です。
いかにプミポン国王が国民にいかに厚い信頼があったかを物語っています。
雨季なのに昨日今日は雨ひとつ降らず晴れ渡っています。
まるで国王が天に昇るためのように感じます。

繁華街はどこもかしこも静まり返っています。
どこかやっているだろうと淡い期待を持ってタイにこられてもまず無駄だと思います。
酒や派手な行為、夜の遊びはすべて自粛、数ヶ月はこの状態が続くと思います。
想像以上にタイは喪に服しています。
静かで住む人間にはとてもいいです。
今年はロイクラトン、Xマスも新年もタイではまず祝いはやらないでしょうね。
タイ人の日本旅行も自粛する人が続出しているようです。
タイは本当に信心深い国だと改めて痛感しました。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« タイでの生活・10/14 街中が... | トップ | タイでの生活・10/17 不敬罪 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。