記事のタイトルを入力してください(必須)

2017-06-14 16:28:36 | タイ旅行
タイ不敬罪で禁錮35年、国連人権高等弁務官事務所「強い懸念」
2017年6月14日(水) 03時12分(タイ時間)

国連人権高等弁務官事務所(OHCHR)は13日、タイで2014年の軍事クーデター以降、不敬罪による訴追が増加し、
刑罰が重くなってきているとして、強い懸念を表明した。

タイの軍法会議が今月9日、インターネットの交流サイト、フェイスブックにタイの王室を中傷する写真と動画、コメントを投稿したとして、
タイ人男性(34)に禁錮35年の実刑判決を言い渡したことを取り上げ、
不敬罪による刑罰としてこれまでで最も重いと指摘。
民主政権下の2011―2013年に不敬罪で捜査対象となった人が119人で、
このうち訴追されたのが76%だった一方、軍事政権下の2014―2016年には少なくとも285人が捜査対象となり、
90%が訴追されたとして、不敬罪の厳罰化の動きに警鐘を鳴らした。

表現の自由の権利を行使した人を投獄することは市民的及び政治的権利に関する国際規約の第19条に違反すると批判。
また、軍政発足以降、不敬罪に関する裁判の多くが軍法会議で裁かれ、裁判の内容が一般に公開されていないこと、
被告のほとんどが保釈を認められないことを指摘し、不敬罪の即時改正を求めた。

タイの不敬罪はタイ国王、王妃、王位継承者、摂政に対する批判を禁じたもので、
有罪の場合、1件につき最長15年の禁錮刑が科される。
2014年のクーデターで発足したプラユット軍政は不敬罪による取り締まりを強化し、民主政権下で問題とされなかったケースも遡って摘発。
軍法会議による短期間の裁判で数カ月から数十年に及ぶ禁錮刑を次々に下し、国連や欧米諸国から強い批判を浴びた。


何でもかんでも言論の自由はおかしいと思います。
欧米は常に正しく正義ではありません。
内政干渉にすら思えます。
タイの国王は秩序そのものです。
上下関係、秩序を維持するのは当然のこと、それを自由という曖昧なもので崩すべきでないと私は思います。
逮捕収監されたくなくば批判しなければ良いこと、子供でも分かり簡単な理屈です。
不敬罪が嫌ならタイには来ない、タイから出て行くしかないと思いますが。

なお、不敬罪はタイ人のみが対象ではありません。
短期の旅行者でも対象となります。
タイで国王の肖像画などを指さす行為は法律に抵触します。
子供だから、知らなかった冗談では済まないのが法律です。
子供の責任は親にあります。
殺人や麻薬犯罪と同程度の重罪となります。
そこに言論の自由や個人の思想は通用しません。
取り締まるのは軍や警察だけではありません。
一般タイ人もほぼ100%国王信者です。
タイでは国王は神様、敬うのは当然のマナーだと思います。
タイ旅行の際は十分ご注意を。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 6月12日 | トップ | またバンコクで爆弾テロ!!... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

タイ旅行」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。