どんどん建設されるタイの列車

2017-07-12 17:17:42 | タイ旅行
バンコク=ナコンラチャシマ高速鉄道、所要時間77分
12/07/2017

中国の協力のもとにバンコク=ナコンラチャシマ間約260キロに建設される高速鉄道について、
コプサク副首相府相は7月11日、開通2021年、最高時速250キロ、所要時間1時間17分、乗車賃535バーツとの見通しを明らかにした。
特急料金は80バーツで、これに距離1キロ当たり1・8バーツの運賃が加算される。
バンコクから乗った場合の費用はサラブリまで278バーツ、パクチョンまで393バーツ、ナコンラチャシマまで535バーツとなる。
なお、現在バンコクから東北タイの玄関口と呼ばれるナコンラチャシマまでは長距離バスで4-5時間かかっている。


親中国タイはインドネシアのようなことはまずないでしょう。
便利になるのは大歓迎ですが、
地方の自然破壊はしないで欲しいものです。
日本もODAでレッドラインというバンコクと郊外を結ぶ列車の一部を受注建設していますが、
タイの高速列車のメインは中国に抑えられています。

レッドラインが開通するのは2年後の予定ですが、
この列車が完成すると私のいる地域も大渋滞の中、車ではなく電車でバンコクへ行けるようになりとても便利です。
駐車場がいつも満杯のチャトチャック市場へも電車で行けるようになります。
途中、私が利用するドンムアン国際空港駅もあり、早く完成して欲しいですが、
大きな事故を連発・鉄骨を国道等落下させる し、死者を出しています。
完成が遅れないと良いのですが・・

数年前までは列車もなかったバンコクですが、
今は目覚しく便利になりつつあります。
ただタイは地方ではタクシーもないところが多く、エアアジアの格安飛行機で地方へ行っても
空港から目的地までが大変です。
列車がタイ全土に広がれば、地方もタクシーなどが増えて便利になると思います。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 南部はイラク状態 | トップ | レプトスピラ症患者、上半期... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

タイ旅行」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。