想像を絶するタイの麻薬犯罪逮捕数

2017-07-17 02:02:37 | タイ旅行
役人に関する苦情受付のホットライン開設
16/07/2017

プラユット政権の後ろ盾的存在である国家平和秩序評議会(NCPO)はこのほど、
政府職員に関する苦情を受け付けるためNCPOが7月13日にホットライン「1299」を開設し、初日だけで約80件の苦情が寄せられたと明らかにした。
その内容は、国境通行所で役人が外国人出稼ぎ労働者から金を取っている、訴えに速やかに対応してくれないといったものがほとんどだったという。
同ホットライン開設は、プラユット首相(NCPO議長)の指示によるもの。


 用はチクリ電話ですが、ぜひ必要だと思います。
 タイの役人は非常に横柄で、今でも金を渡さないとまったく動いてくれないものが大部分です。
 ただ自らくれとは言いません。
 厳しい軍事政権下、証拠を残したくないからです。
 空港や警官の役人はもちろんですが、土地の名義書き換えで女房が司法関係の役所へ行った時の話です。 
 どれだけ申請してもまったく何もしてくれず、名義を変更するだけで数ヶ月~1年はかかるといわれ、
 いい加減腹が立ち、知り合いのプーヤイ・権力者に一言助言を頼んだら、その日のうち数時間で書き換えが終わり、
 怠慢な役人は大目玉を食らったそうです。


薬物犯罪の取り締まり強化で容疑者20万人以上逮捕
16/07/2017
プラユン副内務事務次官は7月14日、関係当局が薬物犯罪の取り締まりを強化していることで
今年度初めからの9か月間(昨年10月-今年6月)に薬物関連の容疑で約20万4000人を逮捕したと明らかにした。
同期間に押収された違法薬物は覚せい剤が約1億2700万錠と粉末3・5トン、大麻が8トン、ヘロインが300キロで、末端価格は合計11億バーツにのぼるという。


 たった9ヶ月で20万人を越える逮捕者が出ているのです。
 当然そのほとんどは刑務所行きでしょうが、そんなに収容する場所はあるのでしょうか??
 逮捕者は今も毎日多数出ています。
 タイは麻薬大国といってもいいでしょう。
 他にも銃やあらゆる犯罪、事故、汚職、猛烈な交通戦争、テロに内乱、クーデター、この国のどこが微笑みの国なのでしょうか??
 自己中心的で、快楽第一主義、金と見栄のためならなんでもするそれがタイです。
 さらに自然災害や感染症、外出するのがやになるくらいです。




ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« どんどん厳しく住みづらくな... | トップ | 記事のタイトルを入力してく... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。