北の窓から(芦田っち)

PC関連と私的雑感のブログ。
2015年7月10日、カッコ内に名前を加えました。昔の友だちに気付いてほしくて・・・

おやぢチップス (40) : 拡大鏡ソフト・・・ MagniFixer

2016-10-29 10:49:03 | おやぢチップス
高解像度の画面(モニター)が増えています。

画面が大きいデスクトップでは必要ないでしょうが、
高解像度で画面が小さいノートPCでは老眼にキビシイ環境となります。

高解像度ではドットが見えずキレイですが、いかんせん文字が小さい。

かといって全体を大きく見せれば、表示内容が少なくなり、高解像度のメリットが半減します。

 # 全体のサイズ(テキスト、アプリ、その他の項目)を大きくすることができます(125%、150% など)
    Windows 10 の場合・・・
     
    Windows 7 の場合・・・
     

高解像度のメリットを生かしつつ、小さな文字を大きく見せたい・・・
そんな場合に拡大鏡ソフトを使います。

拡大鏡ソフトは幾つもありますが、いずれもマウスポインターの近辺を拡大してくれます。

使い勝手(操作性)や見え方(表示)にそれぞれ特色があります。
何種類かを試して、好みにあったものを探してみました。

今のところ MagniFixer が一番のお気に入り。
  

  

使っている様子はこんな感じ・・・
  
  この記事を作成中の画面です。
  赤枠部が MagniFixer で拡大表示されている部分(拡大率を3倍にしています)。
  黄色のマウスポインターは、分かりやすさのためオヤヂが加えた画像(実際には無いもの)。

各種設定は、MagniFixer の拡大表示部(上図の赤枠部)を右クリックして
下図のオプションより選択します。
  
  (日本語化されていないのが少し残念)

頻繁に使うことはないので詳しくは分かっていませんが、
操作して気付いた点を書いておきます。

 1.MagniFixer で拡大表示される部分(上の画像の赤枠部分)のサイズ:
    通常のウィンドウと同じく、四隅・四辺をドラッグ&ドロップすればサイズ変更できます。

 2.MagniFixer で拡大表示される部分(上の画像の赤枠部分)の位置:
    拡大表示部をドラッグ&ドロップすれば移動できます。

    拡大表示部のサイズ変更、移動は次のとおり・・・
    
      水色矢印のところをD&Dでサイズ変更
      赤矢印のところをD&Dで移動
      左下部で拡大率の変更

 3.拡大部を最前面に、あるいは背後に
    右クリックして表示されれるオプションの[Stay On Top]にチェックを入れて最前面にする、
    あるいはチェックを外して最前面を解除。

あればいいなぁ・・・と思うのが、

 [Ctrl] あるいは [Alt] キーとの組み合わせで、拡大部を表示/非表示する機能。
 ([Ctrl]+[G] で Show/Hide なのですが、他のソフトでも使っている組み合わせなので効かないことがある)

 [Ctrl] あるいは [Alt] キーとの組み合わせで、最前面/背後を切り替える機能。
 (特に最前面にしていると、チラチラして目ざわり)

 [Ctrl] あるいは [Alt] キーとの組み合わせで、MagniFixer を終了する機能。
 
ま、帯に短し襷に長し・・・
個々人の要望を 100% 叶えてくれるソフトはないので我慢して使いましょう (^-^;

---------------------------------------------------------
ブログ記事についてのお問い合わせは「質疑応答 掲示板」で・・・


ここをクリックして、北窓舎のサイトにもお立ち寄りください・・・
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Office 2016 [5] : 巨大化す... | トップ | 30日、サポート三昧の日曜日 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

おやぢチップス」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL