北の窓から(芦田っち)

PC関連と私的雑感のブログ。
2015年7月10日、カッコ内に名前を加えました。昔の友だちに気付いてほしくて・・・

MS-Office: 64-bit 版を使うメリットは、ほとんどの場合、ありません

2017-05-20 09:08:04 | PC
Windows には 64-bit があります。
多くのアプリケーションでも 64-bit に対応しています。

  今の時代、64-bit 版が当たり前のように思われます。

MS-Office にも 32-bit 版と 64-bit 版があります。

  デフォルトの設定でインストールすれば 32-bit 版がインストールされます。

64-bit 版を使うメリットはあるのでしょうか?

  結論から言えば、メリットはありません。
  MS-Office に関する限り 32-bit 版がベストです。

  ちなみに MS はこのように言っています。
  64 ビット版または 32 ビット版の Office を選択する

  誤解を恐れずに要約すると・・・
  企業で、大きなファイル、複雑な処理などが必要な場合は 64-bit。
  そうでなければ 32-bit。

  ここで言う大きなファイルとは MS-Project で 2 GB を超えるファイル。
  複雑な処理とは(たぶん多くの企業・個人では使わないような規模の)多くのピボットテーブルとか
  外部DBへのアクセスとか・・・

  64-bit 版を使うと、32-bit 版で作られた多くのマクロが動かなくなります。

  # オヤヂが公開している「かんたんカレンダー」という Excel ファイル(マクロ付き)が
    友人の Excel 64-bit では動作しませんでした。

  64-bit 版の制約については、多くのことが上述の記事に書かれています。

なので、64-bit 版 Office についてはメリットなし、
32-bit 版がよろしかろう・・・という結論に至りました。

  64-bit 版全盛ではありますが、こと Office については 32-bit にしましょう。

---------------------------------------------------------
ブログ記事についてのお問い合わせは「質疑応答 掲示板」で・・・

  # ご質問にはできる限りお答えしています。
    ただし、お名前(本名)を書いていただいた場合に限らせていただきます。


ここをクリックして、北窓舎のサイトにもお立ち寄りください・・・
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 資料の電子化 ・・・ 大宅壮... | トップ | Windows 10 [103] : 不要なビ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL