北の窓から(芦田っち)

PC関連と私的雑感のブログ。
2015年7月10日、カッコ内に名前を加えました。昔の友だちに気付いてほしくて・・・

レノボ、富士通を買収

2016-10-12 12:20:10 | 雑感
いささか旧聞に属しますが、こんな記事がありました。

Lenovo in talks to buy Fujitsu’s loss-making PC business

レノボが富士通の不採算事業を買収する話し合いをしているようです。

この記事の冒頭には・・・
Japanese media are reporting that Chinese PC giant Lenovo is in talks with Fujitsu to buy its ailing PC business.
と書かれています。

検索してみると日経新聞の記事(電子版)が見つかりました。

日経新聞の記事レノボ、富士通のパソコンを傘下に

富士通、東芝、ソニーなどのPC事業売却・事業統合の話題は過去にもありましたが、
今回の富士通については本物のようです。

# 例によって(?)富士通は公式には売却を発表しておらず、
  可能性のひとつとして検討中・・・らしいです。

利益の出る事業に経営資源を集中すべく
不採算事業を手放す、他社事業と統合する・・・

  # オヤヂが勤めていた某社も子会社を売却することになったようです。
     (PC関連の事業部ではありませんが)

PCの世界で日本の企業に勝ち目は少なく、
残るのは Lenovo、Dell、HP など外国企業だけになるのでしょうね・・・

  # 極端にいえば、PCはパーツを集めて組み立てるだけの製品。

  # なので自作も可能なわけで・・・
    そうなると規模のメリットが働くわけで・・・
    大量生産できればそれだけ廉価な商品になるわけで・・・
    コモディティとなったパソコンに大枚をはたく人は少なるわけで・・・
    大は小を吸収合併してより大きくなるのが生きる道。

日本メーカーの名前はパソコン界から消えてゆく・・・

ですが、IBM が消えても ThinkPad は残っているように、
SONY が消えても VAIO は残り、
Toshiba が消えても Dynabook は残るように思います。

虎は死して皮を残し、人は死して名を残す。
メーカーは消えてもブランドは残る・・・

残らないブランドもたくさんあるのでしょうね。
Fujitsu が消えてたら FMV や Biblo は残るでしょうか・・・

ブログ記事についてのお問い合わせは「質疑応答 掲示板」で・・・


ここをクリックして、北窓舎のサイトにもお立ち寄りください・・・
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 明日は何の日? Windows Upda... | トップ | MS製品、改悪しているのか... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL