北の窓から(芦田っち)

PC関連と私的雑感のブログ。
2015年7月10日、カッコ内に名前を加えました。昔の友だちに気付いてほしくて・・・

WULF3 をバージョンアップしました: ver 3.1.9 (61107)

2016-11-07 13:25:46 | 北窓舎
WULF3 (Windows Update List & File) をバージョンアップしました。
3.1.9 (61107) が最新バージョンです。

今回のバージョンアップでは、
インストール時にインストール先フォルダーを任意に指定できるようにしました

  

WULF3 の画面をご紹介。

メインPC、Windows 7 での画面・・・
  
  (837件の更新プログラムの履歴。取得に 47秒かかっています)

ノートPC、Windows 10 での画面・・・
  
  (13件の更新プログラムの履歴。11秒かかっています)

【補足1】
  今回のバージョンアップは「インストール先フォルダーを指定できるようにする」ことでした。
  何人かの方からご要望をいただいていたので、重い腰を上げて対応しました。

  旧バージョン(~ ver 3.1.8)では「C:\WULF3」フォルダーにインストールされています。
  旧バージョンをお使いで、新バージョンをこことは異なるフォルダーにインストールされた場合は
  「C:\WULF3」フォルダーを削除してください。

  また、旧バージョンで[Update]を実行しても、最新バージョンにはアップデートされません。
  (旧バージョンのままです)
  なので、最新バージョンをダウンロードして、インストールしてください。
  WULF3 のダウンロードはここから・・・

【補足2】
  WULF3 起動時に UAC(ユーザーアカウント制御)が表示されます。
  アンインストールは、コントロールパネルの「プログラムと機能」より行います。

【補足3】
  更新履歴のたくさん溜まっている Windows 7 でも履歴取得が高速に行えるようになりました。
  (上図のとおり 837件で、47秒)

  これはバージョンアップの結果・効果ではなく、
  Windows 側のエージェント(Windows Update Agent)が正しく動くようになったためと思われます。
  提供される更新プログラムは時に改悪の結果を生みます・・・
  (9月中旬までは Windows 7 での履歴取得に数時間かかっていました)

【補足4】
  WULF3 はフリーウェア(無償)。
  バージョン1を公開したのが 2014年6月ですから、もう2年半ほど経ちます。
  その間、不具合対応を行い、機能を追加してきました。

  あまり知られていない機能があります。

  ひとつは、列の表示/非表示を設定できること。
  (次回起動時、その設定を引き継ぐ/引き継がないも指定できます)
  

  また、月ごとの集計ができます。(件数とダウンロードサイズ)
  

  検索機能もあります。
  KB番号を指定して、それがインストールされているのかもすぐ分かります。
  

  Windows Update に関心のある方は、ぜひお使いください。 (^-^;

---------------------------------------------------------
ブログ記事についてのお問い合わせは「質疑応答 掲示板」で・・・


ここをクリックして、北窓舎のサイトにもお立ち寄りください・・・
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Windows 10 [81] : Windows U... | トップ | おやぢチップス (42) : スリ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

北窓舎」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL