夢のあと

釣りには夢があります。夢を釣っていると言っても過言ではありません。よって、ここに掲載する総ては僕の夢のあとです。

2020年東京五輪・パラリンピックのボート・カヌー会場

2016年10月16日 23時07分10秒 | 社会
 

 小池知事が「海の森水上競技場」から「長沼ボート場」(宮城県)への変更を検討しているとのこと。
 都は長沼整備費を351億円と試算していて、大会組織委員会は「さらにコストが増大する可能性があり、海の森の方が安価」と。これに対して宮城県の村井嘉浩知事は「長沼整備は150億~200億円でできる」との試算。小池さんは「今回の視察をベースに考えたい」と。

 海の森水上競技場は、招致立候補時には工費69億円として計画されたのですが、招致が決まると、いきなり工費が1038億円と15倍に膨らみ、あまりに高すぎるということで圧縮を検討した結果、2014年11月に491億円となった。それでも立候補時の費用の7倍。加えて、圧縮後の491億円には従前通り行われる、橋の架け替えが含まれていない。つまり、見かけ上の工費は圧縮されているように見えますが、実はそれほど変わっていないというものです。そしてそれらの費用は100%東京都負担です。


今回小池さんが訪れた宮城県の長沼ボート場は東京から350キロ以上も離れているので、とても東京オリンピックとは言えません。人種を超え、国家を超え、スポーツを通して世界平和を祈ることを目的としたものがオリンピックですから、選手が散りぢりになってしまうことはその目的にも反する事となります。しかも、都税を使うのですから今後もその場所が都民の利用頻度が高い必要があります。多分、東京から放射能が高い福島を通ってわざわざ遠い宮城まで行き、このボート場を使う人は居ないでしょう。だとしたら、その場限りの出費なので10円でも高いと思います。


 また、埼玉の彩湖もオリンピックの競技会場として検討された場所の1つです。都は2年前、彩湖を含め4つの施設を候補として挙げ、整備費について試算しました。その結果、彩湖は558億円と最も高く、結局、海の森が競技会場に選ばれました。しかし、和田卓氏(埼玉県ボート協会理事長)によりますと「558億って、どこからどういうふうにこの数字が出てきたのか?私たちにも教えてもらいたい。協会が一昨年に彩湖の整備費を独自に算出したものでは90億円程度で整備が可能」だとしています。また、都は仮桟橋が必要で、それにお金がかかると言っていることに対し「必要ないと考えています。金をかけるためにやったのではないか。リオオリンピックの映像を見る限り、仮桟橋のようなものはなく、選手と並走するモーターボートから競技を撮影しています。加えて間に掛かる橋を撤去しなければいけない件に関しては都と同じ意見で撤去は必要だと。しかしこの橋の撤去費用などとして都は55億円を見積もりましたが、これも高過ぎる。10億円程度だと。

ちなみにFISA(国際ボート連盟)による国際競技会場の規格は
 ・静水で流れのないこと
 ・2000mの直線コース
   ※スタート前、ゴール後にはそれぞれ100メートルの自由水域を設けなければならないので実質2200m必要。
 ・6~8レーン以上の完備
   ※1レーン分に必要な幅は12~15m
 ・レーンの外側と各境界には10~12.5メートルごとにブイを設ける
 ・水深は2メートル以上
とのこと。

 現在招致に名乗りを上げた彩湖の隣にある戸田ボートコースは東西に約2500m、南北に約300m。日本最大規模の人工静水コースです。 東京オリンピック (1940)の時のボート競技会場として建設を開始したものの、日中戦争(支那事変)の激化を理由にオリンピックの開催権を日本が返上したため使用されなかった。1964年(昭和39年)開催の東京オリンピック (1964) ではボート競技の会場として使用された。
 このコースは上記FISAによる国際競技会場の規格を満たしているように思えます。だとしたらここを綺麗に改装すれば一番お金が掛からないはず。東京から近い(隣接)ので、オリンピック後も都民が多く使用するでしょう。なのに小池さんはなぜここを見ずして宮城へ行っているのか?訳が解りません。過去の物をなるべく使って節約し、その分の費用は選手や海外から来日してくれた人が快適に過ごせるようにする心遣いも日本人としての美しさではないかと思うのは僕だけではないと思います。
 もし小池さんが言う『復興五輪』を謳うのであれば福島原発事故で人が住めなくなった場所ででやるのが一番でしょ。安倍さんも『アンダーコントロール』を断言していますから。

長良川も検討されているようですが、宮城と一緒で東京からは距離がありすぎです。

上記のようなことから最良の案はやはり戸田ボート場でしょ。そもそも、このボート場が背負ってきた過去そのものがレジェンドですから。そして今後も都民 が利用する確立がもっとも高いです。

 ちなみに最悪なのは海の森水上競技場でしょ。海水での開催は過去に例がありません。淡水と海水では浮力が大きく異なります。その中では過去の記録との比較は出来ません。よって世界新記録が出たとしても正式な記録としては認められないでしょう。これでは選手たちのモチベーションも下がってしまうことは明らかです。やはり戸田ボートコースが一番良いと思います。

《注意》戸田ボートコースと戸田の彩湖を混同している人がいます。隣接してますが別物です。彩湖は緩いZ型ですので、直線にするにはそれなりの費用が掛かります。もしそんなことをしたら戸田ボートコースと隣なのですから同じような施設が二個出来てしまいます。これも無駄だと思います。

 オリンピックは国家事業ではありません。あくまでもの東京都がやることです。ですから何よりも優先されなければならないのは東京都民です。オリンピックを終えた後に都民が『色々あったけど、やって良かった。』と思えるようにしなければなりません。遠い宮城やお金が異常にかかる「海の森水上競技場」なんかでやってこのような結果に終わるとは到底思えません。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 領収書は白紙でも有効? | トップ | 一晩に100回寝る »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む