あしたのブログ!趣味や日々の報告ページ

このページを活用し趣味や日々のことなどを中心に報告しています。

今年の締め括りの1枚

2016-12-31 | JAZZ
今年の締め括りに、好きな奏者の穏やかな演奏を取り上げてみました。
「3ME SALON DU JAZZ / THE GERRY MULLIGAN QUARTET」 SWIBG DLM.30.008
   
1. COME OUT WHERVER YOU ARE
2. FIVE BROTHERS
3. LAURA
4. LOVE ME OR LEAVE ME
5. BERNIE′S TUNE
6. WALKIN′ SHOES
7. MOONLIGHT IN VERMONT
8. THE LADY IS A TRAMP
GERRY MULLIGAN(bs) BOB BROOKMEYER(vtb) RED MITCHELL(b) FRANK ISOLA(ds)
録音 1954年6月1, 3, 5, 7日

ジェリー・マリガンはバリトン・サックス奏者として、またアレンジャーとして優れていて、数多くの作品を残しています。
1940年代後半から東海岸で活動を開始し、52年にカリフォルニアに移ったのを機に、短期間結成したチェット・ベイカーとのピアノレス・カルテットを皮切りに、その後はトロンボーン奏者のボブ・ブルックマイヤーを迎え、ヨーロッパ・ツアーに出かけています。
このアルバムは、4日間に渡って行われたパリ公演からのもので、ジェリー・マリガンの名声を高めたものとして、米パシフィックからも発売されています。
ここに収録されている8曲は、その後の重要なレパートリーとなるものばかりです。
相棒を務めるボブ・ブルックマイヤーはバルブ・トロンボーンの名手で、リーダーと同じく作・編曲の他、ピアノも弾き、この2人の相性も良いです。
ベースのレッド・ミッチェルはしっかりした音程でサポートしているし、デトロイト生まれのフランク・イソラは、ディブ・ベイリーに似たテクニックの優れたドラマーで、ブラシ・ワークを中心に的確なパルスを放出し続け、バスドラを打つタイミングも決まっていて、この演奏を実によく引き立てています。
凝ったアレンジはありませんが、ライブでありながらも録音バランスが良く、毎回リーダーによる曲紹介と、聴衆の反応も収録されており、和やかな雰囲気のコンサートであったことが分かります。

『音楽』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 高柳昌行 のニユー・ディレク... | トップ | 明けましておめでとうございます »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

JAZZ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL