あしたのブログ!趣味や日々の報告ページ

このページを活用し趣味や日々のことなどを中心に報告しています。

ジョー・ジョーンズ・トリオの2枚

2017-05-06 | JAZZ
1枚目は、EVEREST原盤のジョー・ジョーンズ・トリオ
かって大量に発売されたFRESH SOUND RECORDSからの再発盤です。
「JO JONES TRIO」 FSR -617(DBR 1023)
  
 1. SWEET GEORGIA BROWN
 2. MY BLUE HEAVEN
 3. JIVE AT FIVE
 4. GREENSLEEVES
 5. WHEN YOUR LOVER HAS GONE
 6. PHILADELPHIA BOUND
 7. CLOSE YOUR EYES
 8. I GOT RHYTHM PART Ⅰ
 9. I GOT RHYTHM PART Ⅱ
10. EMBRACEBLE YOU
11. BEBOP IRISHMAN
12. LITTLE SUSIE
JO JONES(ds) RAY BRYANT(p) TOMMY BRYANT(b)

ドラムスの基本であるステックとブラシ、これを凄いテクニックで駆使し、おまけに素手でドラムを叩くパパ・ジョーといわれたドラマー、
これらを駆使したプレイが堪能できるアルバムで、ヴォリュームを上げて大きな音を出しても、決して耳障りでなく、心地よさが漂います。
特にシンバルやブラシは絶妙で、レイ・ブライアントのピアノとの相性が抜群の1枚です。

このEVEREST盤をそっくり紹介している音源がYou tubeにありました。

2枚目は、国内(キング)盤ですが、レイ・ブライアントの主張がより濃く出ています。
「JO JONES PLUS TWO」KIJJ-2029(VRS-8525)
  
1. SATIN DOLL
2. LITTLE SUSIE
3. SPIDER KELLY′S BLUES
4. CUBANO CHANT
5. SPLITTIN′
6. SWEET LORRAINE
7. BICYCLE FOR TWO
8. OLD MAN RIVER
9. SOMETIMES I′M HAPPY
JO JONES(ds) RAY BRYANT(p) TOMMY BRYANT(b)

レコードでいうA面4曲の内、3,4がレイ・ブライアントのオリジナルで、お馴染みのキュバノ・チャントは勿論のこと、3曲目のブルースは、アフター・アワー的なゆったりとしたテンポで彼の特徴が良く出た1曲、
とはいえ、このアルバムのリーダーはドラマーなので、5曲目からはジョー・ジョーンズの出番が多くなり、特に8番目の「オール・マン・リバー」ではドラム・ソロを交えて、本領を発揮しています。

上記の2枚、いずれも再発盤ですが、ノイズも無くアナログ盤として十分楽しめます。

『音楽』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« こどもの日 | トップ | 2017年5月の富士山 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ジョー・ジョーンズ (azumino)
2017-05-06 19:09:28
こんばんは

この2枚ともにジョー・ジョーンズが本領発揮しているアルバムですね。エヴェレスト盤は、やはりフレッシュサウンド再発を持っています。ブラシによるプレイが素晴らしい。

スイング時代のスター・プレイヤーですが、このレイ・ブライアントとの共演など、モダン以降のジャズファンにもよいと思います。
パパ・ジョー (ashita45th)
2017-05-07 18:48:36
azuminoさん
パパ・ジョーの演奏は、普段あまり聴かないのですが、この連休を利用して久しぶりに取り上げてみました。
彼のドラミングは、大きな音を出してもうるさく感じなく、おっしゃる通りブラシは最高ですね。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL