あしたのブログ!趣味や日々の報告ページ

このページを活用し趣味や日々のことなどを中心に報告しています。

ジョー・マフィーのHAT HUTからの1枚

2016-10-08 | JAZZ
米国出身のインプロヴァイザーのジョー・マフィー、
HAT HUTレーベルに多くのレコーディングがありますが、これは今から39年前に仏で行ったソロ・ライブを捉えた1枚です。

「VARIATIONS ON A BLUE LINE」 HAT HUT RECORDS O
  
1. BEANSTALK
2. MOTIAN STUDIES
3. VARIATIONS ON A BLUE LINE
4. ROUND MIDNIGHT
JOE McPHEE(ts, ss)
録音 1977年10月11日

タイトル曲でもある「ヴァリエーション・オン・ア・ブルーライン」を含め、最初の3曲で楽器をフルに鳴らすジョー・マフィーのサックス、
アンソニー・ブラクストンやエヴァン・パーカーなどとは異なったパフォーマンスを展開しています、
拍手の状況からそれなりの聴衆がいたことは分かりますが、この手の演奏は当時の米国では受け入れられなかったのではと思います。
最後のモンクの曲は、トレモロを交えてメロディをなぞるだけのもので、静かにエンディングへとつながっていきます。

『音楽』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2016年10月の富士山 | トップ | 私の愛聴盤 (第97回) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL