虎キチ社長の優雅じゃない1日

西調布在住 小さな不動産屋の社長の独りごと

悲運な先発投手

2017-05-03 13:00:01 | タイガース
昨夜から神宮に場所を移して、対ヤクルト3連戦が始まりました

大事な初戦の先発は、今季から安定感が増した秋山投手

毎試合、頑張って投げているのに打線に援護をしてもらえず

『悲運な先発投手』と言えますよね

しかし、初回に1番高山選手の先頭弾で先制

秋山投手は気合が入ったことでしょう

持ち味の「テンポの良い投球」で、凡打の山を築き

相手を抑えたいところでしたが、2回にレフト高山選手が

並の外野手なら取れるフライを落球

(記録は2塁打)2死だったのでチェンジのはずが

一転して大ピンチに・・・。

続く打者にタイムリーを打たれて同点

秋山投手が気の毒でした

打線は2回以降、得点圏に再三走者を進めながらも、

あと1本が出ず、援護できずじまい

4番福留選手の前にチャンスを作りますが、4番の

働きが出来ず「大ブレーキ状態」が続きました。

クリンナップで得点できないとお手上げです

5番はキャンベル選手がファーストでスタメンでした。

全く機能(打つのも守りもダメ)していなかったです。

なぜ???

チャンスに強い原口選手を起用しないんだ・・・。

観ていて苛立ってしまいました

失点には結びつきませんでしたが、6回裏の守備で

山田選手が内野に高く打ち上げたフライを

サード鳥谷選手・セカンド上本選手・ファーストキャンベル選手が

お見合いをして落球



※今季の守備力を象徴するようなシーンでした



※ベンチで呆れる監督

守備力の低さは、シーズン開始当初から課題でしたが

ここまで酷いとやってられませんよね

そんな中でも、腐らず投げ続けて失点を許さない秋山投手は

凄いと思いました

だから、なおさら勝たせてあげたかったです

7回に1死三塁のピンチを背負い、上本選手のフィルダース

チョイス(二ゴロをホームに送球したが間に合わず)で失点

そのまま秋山投手は降板となりました

6回を「112球8安打4奪三振2失点」は素晴らしい

味方の「拙守拙攻」の中、腐らず投げ続けて試合を作った

根性に拍手です

試合は後を継いだ中継ぎ投手も、踏ん張りきれず失点し

1点を争う展開も、終わってみれば1対4と完敗

消化不良とストレスが溜まる試合でした



そして・・・。

今日のヤクルト先発は虎キラーの山中投手

打線が何とかしてほしいです。

「虎のラッキーボーイ」が観戦する試合

彼が勝ち運を呼び込んでくれることでしょう



※かろうじて2位です


頑張れ

岩貞投手よ

粘り強く投げよ


京王線 調布・府中近郊のお部屋探しは㈱蘆川(あしかわ)商事
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 4つの勝ち越し | トップ | 出来の悪い子ほど可愛い »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。