虎キチ社長の優雅じゃない1日

西調布在住 小さな不動産屋の社長の独りごと

相手が嫌がる野球

2017-05-15 16:43:21 | タイガース
浜スタでの対横浜3連戦は、観戦予定だった

第2Rが雨天中止となり 2連戦となりました。

4月11日に続いて今季2度目の中止

今年は「完全な雨男」なんでしょうか???

今まで天候には自信があったのに

日曜日デーゲームの先発はスライドで藤浪投手でした。

対横浜戦は「自身8連勝中」と相性の良いチーム



打線も相変わらず好調なので、横浜相手の「横綱野球」を

期待しました

初回、四球と安打に味方の失策(大和選手)が

絡んだ「無死二、三塁」の大ピンチから、ロペス選手が

先制打を放ち2点を献上

試合は、いきなり嫌な雰囲気となりました

しかし、2回に「無死二塁」のチャンスを作り、6番鳥谷選手の

センタータイムリー2塁打で、まずは1点

さらに、相手投手の暴投でチャンスが広がり「無死三塁」

続く7番北條選手の左犠飛であっさり同点

本当に『相手が嫌がる野球』をしてくれますね

先発した藤浪投手も「得意な横浜」相手に堂々とした投球を披露

良く言えば、相手攻撃陣に「的を絞らせず」

悪く言えば、「ノーコン」が上手く作用しているんですよね

2回以降は、立ち直って「7回106球5安打5四球2失点」と

好投し、試合を作ってくれました



「虎に連敗」を避けたい横浜も意地を見せて、7回山崎投手(本来は守護神)

8回三上投手を登板させて抑え込みます。

9回に助っ人外国人パットン投手を登板させましたが

逆にチャンスは、そこしか無いと思っていました

いくら山崎投手が今季不調だからと言って、不慣れな新外国人

投手を抑えにするなんて、今の虎打線相手に無理があると

思っていたからです

案の定、ヒットと四球で「無死一、二塁」のチャンスを作り

4番福留選手のライトタイムリーヒットで勝ち越し



※4番が打つと勝てるんです

「2死満塁」のチャンスから、代打糸原選手のセンタータイムリーで

追加点を入れて、4対2と点差を広げました

あのプレッシャーがかかる場面でのタイムリーは、たいした新人です

糸原選手は本当に勝負強いですね



9回は抑えのドリス投手が危なげない投球で3人締め

接戦をものにしました



横浜に連勝して貯金は大台の二けた



今の強さは本物ですね

特に「虎のラッキーボーイ」が観る試合は・・・。

でも慢心はいけません。

今月下旬から我が虎にとって「試練の交流戦」が始まります。

そこまでどれくらい貯金できるかですね


京王線 調布・府中近郊のお部屋探しは㈱蘆川(あしかわ)商事







ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 絶好調の虎 | トップ | 横綱野球 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。