虎キチ社長の優雅じゃない1日

西調布在住 小さな不動産屋の社長の独りごと

楽しみな残り7試合

2016-09-18 15:12:19 | タイガース
本拠地甲子園での7連戦第4R。

対横浜3連戦第3Rの我が虎の先発は能見投手。

対する横浜はモスコーソ投手でした。

試合は初回「二死1塁」から休養の福留選手に代わって

4番に入ったゴメス選手が左中間へ22号となる

2ランホームランを放ち、2点を先制しました

能見投手も4回まで「キレの良い」ストレートを

武器に強力横浜打線を2安打に抑えて好投

2回に無死満塁の大ピンチを背負いましたが、

2つの三振とセカンドゴロに抑えピンチを脱出

完封か完投か。。。

期待のできる投球内容でした。

しかし・・・。

5回に「突如崩れる悪い癖」が出てしまいました

7番白崎選手に5号ソロを浴びると、「二死満塁」の

大ピンチを背負い、4番筒香選手に走者一掃の二塁打を

浴びて一気に逆転され、そのまま降板

踏ん張りきれず打ち込まれて、降板する光景を

今季は何度も観ました

能見投手の不調も今季チームが苦戦する原因の一つでしょうか???

7回に「二死1・2塁」のチャンスを作り、3番高山選手が

ライトへタイムリーヒットを放ち「3対4」と1点差

必死の追い上げを見せますが、8回「一死1塁」の場面で

5番宮崎選手の二塁ゴロ併殺を焦った上本選手が後逸



※見慣れた上本選手の失策 とにかく練習しかないんです

併殺打でチェンジのはずが「一死1・3塁」の大ピンチに

意気消沈した5番手のサターホワイト投手が打たれて2点献上

どうにもならない展開で結果は3対6の逆転負け

「4年ぶりのBクラス」が決定となりました





※ベンチで顔を覆うアニキ監督

「打率・本塁打・得点・盗塁数」攻撃部門が全てリーグ最下位

という惨状ですが、欠点がしっかりと分っているので、

「FA・トレード・ドラフト」で補えば良いんですよ



また「経験の浅い」若手中心で戦って訳ですから、

このような結果も仕方ないですよ。。。

今季は育成の年ですから監督も含めて

「苦い経験」も全て勉強なんです



※我が虎の新人監督1年目は誰でも苦戦するのです

アニキ監督ならきっと猛虎軍団を作って

くれるはずです

ファンは信じて待つだけです

残り7試合は勝ち負け関係なく戦って

下さい

9回にリリーフとして登板した岩崎投手の

起用は大賛成です。

短い回なら連投が利きますし、先発した時は

立ち上がりで崩れることなく安定感が抜群でした

アニキも解説者時代に「岩崎投手を抑えにしても

面白い」って言っていました。



左右の差がありますが横浜の山崎投手みたいな

感じになるんじゃないでしょうか???

来季に向けて試行錯誤すればいいんです

消化試合ですが逆に「楽しみな残り7試合」です



※この際、最下位で終っても良い

京王線 調布・府中近郊のお部屋探しは㈱蘆川(あしかわ)商事

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ストレスが堪る試合 | トップ | 暗黒時代より酷い!? »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

タイガース」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。