らいちょうのあし日記

山登りが大好きで今日も日本のどこかで歩いています

ドバイ旅行~子連れで初めての海外旅行(前半)~

2016年12月31日 | 海外編

11月下旬、我が家は3歳のお誕生日をまもなくむかえようとする娘を連れて、
家族3人で初めて海外旅行に行った。
行き先はアラブ首長国連邦・ドバイ。何故、ドバイを選択したかというと…
以前からかねがね中東の国に興味があり一度行ってみたい。
とくにイスラム教の人々の暮らしや環境がどんなものか知りたい。
そんなときに、ドバイに仕事で10年住んでいたという友人に色々と話しを聞く機会があった。
それがきっかけで、では一度行ってみようということになったのだ。
心配していた治安は、ほぼ問題ないとのことが娘を連れて海外旅行へ行く決心を強めた。
それでも出発前日まで、この旅行に娘が困る様なことはないかとドキドキはしていたのだが…


羽田空港を夜中12時過ぎに出発、エミレーツ航空直行便でドバイへ向かう。
快適な空の旅を12時間近く過ごして、現地に朝7時半到着。
入国審査は長蛇の列であったが、子供連れファミリーは優先レーンを使わせてもらい
あっという間に終わる。


空港の外は出て、まずはタクシーでホテルへ向かうことにする。
11月後半とあってか、思っていたよりも涼しい。
夏だと50度近くまで気温が上がるらしいから、この時期はベストシーズンだろう。
普通にタクシーを呼ぶとリムジンみたいな高級タクシーが来たが、違うよ乗らないよと断る。
私たちは、下調べしておいたピンクタクシーに乗り込む。
女性ドライバーで安全運転で好評とのことであるが日本人には若干スピードの速さに
驚かされる。


空港から20分程でホテル到着。
デイラ地区にあるハイアットリージェンシードバイが旅行前半のホテル。
オールドドバイを観光するなら、立地の良さとホテル内の充実度、居心地の良さで満足度100%。
娘もその快適さに大喜びである。


日本との時差5時間、また移動疲れも少しあり娘はすぐに寝てしまう。
ホテルの部屋にチェックインできるのは15時なので、それまで近辺の観光に出かける。
オールドドバイは、アラビア文化の旧市街とあってなんとなくのんびりした雰囲気。
前半のドバイ旅行は、このオールドドバイを中心に観光する。


歩き始めて、すぐに食堂らしきものを見つける。メニューからして、インド料理のようだ。
かなりローカルな感じのお店で店内は、地元の男の人たちしか入っていない。
私たちもお店に入ってみる。ランチタイムだから、初めに注文したケバブは無いと言われる。
仕方なしに2種類のカレーとナンを注文する。もちろんインド式だから、手で食べる。
そしてこれが、あまりにも美味しすぎてもう堪らないぐらい。あぁ、もう一度食べたい…
ちなみに全部で600円程度。


その後、野菜・魚・肉・果物のスークへ足を延ばす。
魚は、見たことのないものがいっぱいで見るだけでも本当に楽しい。
果物の種類も豊富で、大きなマンゴーを購入。
ココナッツは、オジサンがエイッと上部を切ってストローをさしてくれて3人でフレッシュな果汁を飲んだ。
これは、娘が一番美味しそうに飲んでいた。
食肉のコーナーでは、豚肉のみ見えないような端っこにひっそりと販売されている。
そうだ、ここはイスラム教の国なのだ。豚とアルコールはタブーである。

もっと歩き回りたかったが、さすがに疲れてきた…
気温が暑いせいもありホテルに戻り、結局この日はそのまま寝てしまう。



翌朝、ホテルで朝食を摂ったあと早速観光に出かける。
まずは渡し舟アブラに乗船して対岸のバール・ドバイ地区へ向かう。
運賃は1DH(約30円)だ。


船に乗るお客がいっぱいになると出発する。
水は結構きれいだ。行き来するたくさんの船を見ながらわずか5分で到着。
日本でいう手漕ぎボートの少し大きい感じのアブラ、とっても乗り心地が良くて楽しい‼


まずはドバイ博物館へ向かう。ここが結構込み合っている。
また娘の年齢では博物館はまったく興味を示さず、あまりゆっくり見れない。
まぁ、仕方ない…
それでも、ドバイが今のように発展する以前の歴史を知ることが出来る博物館である。


続いて、バスタキヤ歴史地区へ。ここは歴史的建造物を保護している遺産地区。
ここでは、娘も自分のペースで走ったり歩いたり自由に出来るのでご機嫌。
散歩するにもちょうど良い広さの区域である。
意外と空いている。


歴史地区内にあるカフェでお茶休憩。
ここ、アラビアンティーハウスカフェはゆったりとくつろげるのでおすすめだ。
まぁ観光客向けでもあるので現地の人は利用していない感じでもある。


アラブティーを注文するとお茶請け?にデーツが添えられている。
そのまま食べてもいいが、ゴマペーストに付けるほうが美味しく頂けた。
オープンカフェで大型扇風機が回っていたが、真夏はどのように対処しているのだろう…?


夕方近くになり、ドバイ・オールドスークをぶらぶら歩く。
見るのは楽しいが、購入となるとそれほどお買い得感もなく、結局何も買わず。
まぁ、今の日本があまりにも何でも安く品質も良いものが手に入るので、わざわざここで買わなくても…
と、いう気になってしまうのだ。


ドバイ・クリーク沿いに散歩を続けてみる。
歩行者天国だから、思いっきり走り回れる娘が一番楽しんでいる。
アル・グバイバの駅を過ぎると少し閑散とした感じもあったが、夕陽に赤く染まる街並みを静かに眺められる。
この後、クリーク沿いのレストランで夕食をとってから再びアブラに乗船してホテルに戻る。


お風呂に入り、娘を寝かしつけてからようやく今夜の一杯。
そう、ドバイでは一般のレストランではお酒が飲めないし街でも販売は一切ない。
やはりここは、イスラムの国なのである。
しかし、ワタシは毎日飲みたい… 
そこで入国したあと免税店で購入したウイスキーをホテルでチビチビ飲むことにする。

オールド・ドバイは他にもゴールド・スークやスパイス・スークなどの見どころがあり観光するには楽しい。
とにかく、いっぱい歩き回るので今回のように比較的涼しい11月に来て良かったと思う。
真夏の観光客の方たち、どうしているのだろう…?
そして、ドバイの旅はいよいよ後半にすすむ。




ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 赤城山・大展望の百名山 | トップ | 冬山を楽しむ! 石老山 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL