らいちょうのあし日記

山登りが大好きで今日も日本のどこかで歩いています

大峰山葵谷アイスクライミング

2013年01月23日 | バリエーション

大寒の日曜日、奈良県の大峰山系にある山葵谷へ行ってきた。
鋸岳山行以来の雪山に、朝からウキウキ気分である。
なぜならば最近は、フルマラソンの大会が近いためランニングばかりしているからだ。

さて、今回は雪山と言えども目的はアイスクライミング。
以前、八ヶ岳の赤岳鉱泉にあるアイスキャンディーで試しにやってみた時から興味があった。
そしていつかは、本格的に始めたいと思っていた。
さぁ、今回の山葵谷の氷瀑でアイスギアの機能と使い方を覚えるぞ!


神戸から奈良へ車で2時間半、169号線と大台ケ原公園川上線との分岐に到着。
大台ケ原方面は4/25まで冬季通行止めになっていて、車道はたっぷり雪が積もっている。
大普賢岳を前方に望みながら林道を30分ほど歩いて山葵谷の入口に着く。


ここからはいきなりの急登である。
バリエーションルートは、いつものことながら本番までの道中が結構大変である。
この日は、トレースがしっかりありラッセルをすることは免れた。


向かう途中では、いくつもの立派に凍り付いた氷柱をみることが出来る。


厚く凍り付いた大きな氷瀑が目の前に現れる。
今年は、気温が低い日が続いていたおかげで、氷はとても良い状態らしい。
アイスクライミング日和である。


アックスの打ち込み練習中。慣れていないので、腕がじきパンプする。
打ち込み方も難しいが、ワタシは抜く方も結構苦労する。
アイスクライミングは、体力よりもテクニックがないと登れない。
この日は、目的の場所の下見とギアを使う練習をしてから夕方に下山する。

関西圏内でこんな近くにアイスクライミングが出来るところがあるとは知らなかった。
次回も、また気温の低い日をねらって行こう。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 厳冬期~南アルプス・鋸岳 | トップ | 初挑戦~酒粕酵母でパン作り »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL