らいちょうのあし日記

山登りが大好きで今日も日本のどこかで歩いています

冬山を楽しむ! 石老山

2017年01月23日 | 山登り

2017年の登り初めは、神奈川県にある石老山。
相模湖駅から三ケ木行きバスに乗車後10分で登山口に着くからアクセスは良い。
石老山は標高702mであるが山頂から富士山と丹沢の展望がよいらしい。
また、古い奇岩・巨岩が多く筑波山に負けず劣らずであるとのことだ。
そして今回は3歳になったばかりの娘を登山デビューさせるという目的にも良い山だと判断。
さて久々の山行、どうなるのだろう?


石老山入口バス停から歩いて20分程で登山道入り口の標識が出てくる。
相模湖病院の横道をさらに進むと顕鏡寺境内へ続く。
入口でお浄めを済ませてから、石段を登り登山道へ入る。


標識は要所にあり、分かりやすい。
境内に入り、神奈川県で一番大きいイチョウの巨木が出迎えてくれる。
ここからしばらくは、奇岩・巨岩が続き見応え抜群!
一番大きな岩である雷電岩は、岩という塊があまりにも大きすぎて非常に驚かさせる。
きっと遠い昔からこの岩は存在していて、今こうして目の前にあることが不思議に感じる。


不思議な形の霜柱を発見! どうやって、こんな形になったんだろう…?
所々。凍ってツルツル滑りそうな岩があるところは足元を注意して進む。


「あるく」と言う娘を背負子から下して歩かせる。
融合平見晴台を過ぎれば、歩きやすい登山道であるからちょうど良い。
ここから山頂までは、ゆっくり娘のペースに合わせて歩く。
「頑張ろうね!」と励ますワタシ。
出発の数日前からずっと、今度行く山は自分の足で登ろうね、と言い聞かせていたからか。
かなりやる気満々の娘を信じて、ゆっくり登り始める。


登山道には、いろんな形の霜柱があり面白い。
足で踏んでザクザクっと音をたてるのがまた楽しい。
娘に、ほら、やってみたら?と言うも何故か怖いと嫌がる…


娘が歩き始めてから90分経過。
山頂直下の丸太の階段でも弱音を吐かずに登り続ける姿に娘の成長を感じる。
3歳でこれだけ登れるのなら、今度どんどん登らせてさらに鍛えよう…。
それなら、もっと山の行動範囲が広がるかも、とすでに先々のことを想像するワタシ。


もう少し、もう少しと励ましながら、ようやく山頂が見えてきた。
13時、無事に石老山山頂702mに到着。
着いた-!家族全員で娘の初登山達成を喜ぶ。
雪で白くなった丹沢山系の眺望が良い。富士山は残念ながら見えず。
山頂は登山者で結構賑わっている。
私たちは、石老山は今回の山登りで初めて知ったのだが地元では人気のある山らしい。
冬山のシーズンでも比較的安全に登れる山であるからだろう。


外の気温はマイナス4度。
持参したテントを手早く設営して、中で寒さをしのいでゆっくり昼食。
味噌煮込みうどんとお餅を食べて、身体の芯から温まる。
具沢山のお鍋をいっぱい食べて温まると、外の寒さも忘れそうだ。

 
山頂から見える雪山が恋しくなるワタシ。
やはり、山は冬が一番好きだなと改めて感じる今回の山登りである。
往路と同じ道を戻り、16時前に無事に下山する。

久々の山登りが楽しかったことはもちろんのこと。
それ以上に、3歳の娘が2時間近くかけて山頂まで歩き通したことが嬉しい。
今年も、家族みんなで少しずつステップアップしていきたい。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ドバイ旅行~子連れで初めての海外旅行(前半)~

2016年12月31日 | 海外編

11月下旬、我が家は3歳のお誕生日をまもなくむかえようとする娘を連れて、
家族3人で初めて海外旅行に行った。
行き先はアラブ首長国連邦・ドバイ。何故、ドバイを選択したかというと…
以前からかねがね中東の国に興味があり一度行ってみたい。
とくにイスラム教の人々の暮らしや環境がどんなものか知りたい。
そんなときに、ドバイに仕事で10年住んでいたという友人に色々と話しを聞く機会があった。
それがきっかけで、では一度行ってみようということになったのだ。
心配していた治安は、ほぼ問題ないとのことが娘を連れて海外旅行へ行く決心を強めた。
それでも出発前日まで、この旅行に娘が困る様なことはないかとドキドキはしていたのだが…


羽田空港を夜中12時過ぎに出発、エミレーツ航空直行便でドバイへ向かう。
快適な空の旅を12時間近く過ごして、現地に朝7時半到着。
入国審査は長蛇の列であったが、子供連れファミリーは優先レーンを使わせてもらい
あっという間に終わる。


空港の外は出て、まずはタクシーでホテルへ向かうことにする。
11月後半とあってか、思っていたよりも涼しい。
夏だと50度近くまで気温が上がるらしいから、この時期はベストシーズンだろう。
普通にタクシーを呼ぶとリムジンみたいな高級タクシーが来たが、違うよ乗らないよと断る。
私たちは、下調べしておいたピンクタクシーに乗り込む。
女性ドライバーで安全運転で好評とのことであるが日本人には若干スピードの速さに
驚かされる。


空港から20分程でホテル到着。
デイラ地区にあるハイアットリージェンシードバイが旅行前半のホテル。
オールドドバイを観光するなら、立地の良さとホテル内の充実度、居心地の良さで満足度100%。
娘もその快適さに大喜びである。


日本との時差5時間、また移動疲れも少しあり娘はすぐに寝てしまう。
ホテルの部屋にチェックインできるのは15時なので、それまで近辺の観光に出かける。
オールドドバイは、アラビア文化の旧市街とあってなんとなくのんびりした雰囲気。
前半のドバイ旅行は、このオールドドバイを中心に観光する。


歩き始めて、すぐに食堂らしきものを見つける。メニューからして、インド料理のようだ。
かなりローカルな感じのお店で店内は、地元の男の人たちしか入っていない。
私たちもお店に入ってみる。ランチタイムだから、初めに注文したケバブは無いと言われる。
仕方なしに2種類のカレーとナンを注文する。もちろんインド式だから、手で食べる。
そしてこれが、あまりにも美味しすぎてもう堪らないぐらい。あぁ、もう一度食べたい…
ちなみに全部で600円程度。


その後、野菜・魚・肉・果物のスークへ足を延ばす。
魚は、見たことのないものがいっぱいで見るだけでも本当に楽しい。
果物の種類も豊富で、大きなマンゴーを購入。
ココナッツは、オジサンがエイッと上部を切ってストローをさしてくれて3人でフレッシュな果汁を飲んだ。
これは、娘が一番美味しそうに飲んでいた。
食肉のコーナーでは、豚肉のみ見えないような端っこにひっそりと販売されている。
そうだ、ここはイスラム教の国なのだ。豚とアルコールはタブーである。

もっと歩き回りたかったが、さすがに疲れてきた…
気温が暑いせいもありホテルに戻り、結局この日はそのまま寝てしまう。



翌朝、ホテルで朝食を摂ったあと早速観光に出かける。
まずは渡し舟アブラに乗船して対岸のバール・ドバイ地区へ向かう。
運賃は1DH(約30円)だ。


船に乗るお客がいっぱいになると出発する。
水は結構きれいだ。行き来するたくさんの船を見ながらわずか5分で到着。
日本でいう手漕ぎボートの少し大きい感じのアブラ、とっても乗り心地が良くて楽しい‼


まずはドバイ博物館へ向かう。ここが結構込み合っている。
また娘の年齢では博物館はまったく興味を示さず、あまりゆっくり見れない。
まぁ、仕方ない…
それでも、ドバイが今のように発展する以前の歴史を知ることが出来る博物館である。


続いて、バスタキヤ歴史地区へ。ここは歴史的建造物を保護している遺産地区。
ここでは、娘も自分のペースで走ったり歩いたり自由に出来るのでご機嫌。
散歩するにもちょうど良い広さの区域である。
意外と空いている。


歴史地区内にあるカフェでお茶休憩。
ここ、アラビアンティーハウスカフェはゆったりとくつろげるのでおすすめだ。
まぁ観光客向けでもあるので現地の人は利用していない感じでもある。


アラブティーを注文するとお茶請け?にデーツが添えられている。
そのまま食べてもいいが、ゴマペーストに付けるほうが美味しく頂けた。
オープンカフェで大型扇風機が回っていたが、真夏はどのように対処しているのだろう…?


夕方近くになり、ドバイ・オールドスークをぶらぶら歩く。
見るのは楽しいが、購入となるとそれほどお買い得感もなく、結局何も買わず。
まぁ、今の日本があまりにも何でも安く品質も良いものが手に入るので、わざわざここで買わなくても…
と、いう気になってしまうのだ。


ドバイ・クリーク沿いに散歩を続けてみる。
歩行者天国だから、思いっきり走り回れる娘が一番楽しんでいる。
アル・グバイバの駅を過ぎると少し閑散とした感じもあったが、夕陽に赤く染まる街並みを静かに眺められる。
この後、クリーク沿いのレストランで夕食をとってから再びアブラに乗船してホテルに戻る。


お風呂に入り、娘を寝かしつけてからようやく今夜の一杯。
そう、ドバイでは一般のレストランではお酒が飲めないし街でも販売は一切ない。
やはりここは、イスラムの国なのである。
しかし、ワタシは毎日飲みたい… 
そこで入国したあと免税店で購入したウイスキーをホテルでチビチビ飲むことにする。

オールド・ドバイは他にもゴールド・スークやスパイス・スークなどの見どころがあり観光するには楽しい。
とにかく、いっぱい歩き回るので今回のように比較的涼しい11月に来て良かったと思う。
真夏の観光客の方たち、どうしているのだろう…?
そして、ドバイの旅はいよいよ後半にすすむ。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

赤城山・大展望の百名山

2016年10月08日 | 縦走

9月後半、以前からずっと気になっていた群馬県・赤城山に向かう。
天気予報ではあいにくの雨模様であるが、山の天気は行ってみないと分からない。
雨降り予報の多い週末だが、行くと決めたら行く!そう思い出発。
都内から在来線を乗り継ぎ、前橋駅からバスに乗車、ようやく目的地にたどり着いた。
しかし、辺りは霧で真っ白。大沼はおろか、周辺の景色も何も見えない…。
明日、天候の回復を祈るばかりだ。


とりあえず、今宵のテント場となる県営赤城キャンプ場を目指す。
途中、赤城神社に立ち寄り、明日の山行が無事であることを祈願する。


こんな悪天候にも関わらず、意外とテントが沢山張っている。
このキャンプ場は無料で利用出来るうえに炊事場・トイレ完備と快適である。
それがこのキャンプ場の魅力で、こんなに人気があるのだろうか?
答えは、明日…。
我々は、少し高台の場所を選びテントを設営する。


翌朝5時。目を覚ますと、雨はすっかり収まっている。
外に出た途端! ワァーすごい見える! と、一気に登山意欲がわいてくる。
やはり来てみないと分からないものだ、山のお天気。
さぁこれ以上テントの中にいるのはモッタイナイ、と言わんばかりにリーダーを起こす。


周りが明るくなるにつれて、どんどん景色が鮮明になってくる。
なるほどなるほど。このキャンプ場が人気である理由が分かったぞ。
目の前には大沼あり、後ろは山あり、こんなに居心地の良いキャンプ場なら泊まりたくなる!
さて、我々は天候が良いうちに早く出発しなくては、と準備に取り掛かる。


テントを撤収して、キャンプ場から黒檜山登山口へ移動する。
車道を15分程歩いたところに標識がある。


登山道に入るや否や、一息つく間もない急登が続く。
大沼を見下ろしながらグングン登っていくと、遠くに富士山を望むことが出来る。
富士山が見えると、いつものことながら嬉しくて「ワァ-見えた-!」と大きな声がでてしまう。
そしてまだか、まだかと登り続けて1時間20分・・・


赤城山最高峰・黒檜山(くろびさん)1,828mに登頂。
上信越・日光山々が見渡せるのだが、このあたりの山は少々疎い…
もう少し下調べをしておくべきだったなぁと思う。
この先徒歩2分の展望台で景色を堪能してから山頂で昼食休憩。


黄色めの美しいアゲハ蝶が、ずっとヒラヒラ周囲を飛び続けている。
他の蝶が来ると威嚇するが、人には懐っこい蝶なんて、いるものだ。


駒ヶ岳は小沼方面の展望がよい。
記念写真を撮りそのまま下山する。
気持ち良い尾根の道を下り、樹林帯に入ってからもう少し頑張れば駒ヶ岳登山口に到着する。


帰りのバス時刻までまだ余裕があるので、覚満淵を周遊する。
1週45分程度で、尾瀬のような場所だ。
散策するにはちょうど良い場所だろう。
その後、前橋駅行き直通バスに乗車して帰路につく。

予想外にも好天に恵まれた今回の赤城山登山。
思い切って来てみて良かった。
もちろん、1,828mという標高がある山であるから天候が悪ければ中止もある。
山の天気は、現地に来てみないと本当に分からないものだとつくづく感じさせられた。





 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

関東の名山・筑波山

2016年09月29日 | 山登り

9月に入り、週末毎に台風が襲来する日本列島。
なかなか山に行けず、我慢の限界!?
天気に翻弄されず、行きたいときに行くべし!
そう思い、前々から気になっていた茨城県の筑波山へ行先を定める。
標高はわずか877mにも関わらず、百名山であるこの山の魅力とは何だろう!?
期待いっぱいで、出発する。


筑波山へのアクセスは、とても良い。
秋葉原からつくばエクスプレスに乗車、わずか45分でつくば駅だ。
ここから登山口まで直通バスがあり、スムーズに移動完了。
今回我々がスタートするのは、つつじヶ丘。
天候が良ければ、筑波山神社から歩き始めたいところだが、生憎の小雨模様。
まずは、筑波山最高峰の女体山を目指す。


すれ違う登山者もほとんどなく、静かな山登り。
見たことのない可愛い野鳥が、道案内をしてくれる。
霧で展望こそないものの、至近距離での様々な自然を楽しめる。


このコース一番のお楽しみポイントは奇岩巡り。
弁慶茶屋跡を過ぎると弁慶七戻りから始まり次々と現れて、驚きと楽しさであっという間だ。


こちらは胎内くぐり。
こんなに大きな岩が、微妙なバランスでほかの岩と支えあって
この形をとどめている。あぁ、なんとも不思議だなと感心する。
これらすべてが、自然に創られたものだと思うとその力の強さに驚く。


気が付けば、あっという間に筑波山の最高峰・女体山に到着。
小雨が降る中での登頂で、残念ながら展望は望めなかった。
それでも山頂に登ることができてうれしい。
記念撮影をして、御幸ケ原に向かう途中で昼食休憩。
ちょうど食べ終えた頃から雨は本降りになる。
急いで撤収して、先を行く。


雨が降りしきる中、せっかくなので男体山にも登ってみた。
きっと晴れていたら、関東平野が一望出来たのであろう。
また、次の機会に期待したいと思いつつ、下山する。
時間も遅くなってまい、雨もかなり降っていたためケーブルカーを利用する。
わずか8分で、宮脇駅に到着。
筑波山神社の境内を通り抜けて、バス停に向かい帰路につく。

今回初めて登った茨城県・筑波山。
877mという標高でコンパクトながらも奥深い山であるなぁと実感。
1度登っただけでは、この山の魅力すべては把握しきれなさそうだ。
ぜひ次回、晴れた筑波山にもう一度登ってみよう!



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

夏山・北アルプス縦走~三俣から蝶ケ岳へ~

2016年08月23日 | 縦走

らいちょうチームの約3ケ月振りの山登りは、夏山縦走。
そしてナント!北アルプスの蝶ケ岳が今回の目的地である。
今まで奥多摩での縦走しか経験していない上に、いきなり北アルプスを選択した私たち。
ザックの重みに耐えて歩き通すことが出来るのか、娘はこの遠征を楽しんでくれるのか等々の不安。
しかし、いつも一歩ずつ上を目指してやってきたのだから今回も挑戦してみよう!
そうと決まると、ワタシは楽しみになってくる。いや、かなりウキウキ気分になる。
それもそのはず、ワタシにとって娘が生まれてから3年ぶりの北アルプスになるからだ。


登山口は、三俣からスタート。穂高駅からタクシーで30分ほどで到着する。
お盆休みとあって、三俣の駐車場は満車である。
ゲートがあり、そこをくぐり抜けて20分歩けば三俣登山口である。
登山計画書を提出してから、いよいよ待ちに待った北アルプスへ足を踏み入れる。


吊り橋を渡り、どんどん進む。
真夏の暑さを忘れてしまいそうになるくらいの涼しい気候が快適そのもの!


涼感たっぷり、見ているだけでも癒される。
力水が最後の水場なので、ここで4リットルの水を確保する。
ザックに水の重みが加わりさらにズシリと肩に食い込むようだ。
涼しくてもリーダーとワタシは汗だくになり歩き続ける。


まめうち平付近で少し道が緩やかになり、また進んでいくと急な登りが続く。
階段が結構あり、これがなかなか辛い。
途中で、適度に休憩を取りこれから見える景色に期待を膨らませつつ頑張る。
そして、森林限界を越えるあたりでようやく「ワーッ‼」と思わず声を出す光景が見える。
あぁ、これぞ北アルプスだな、やっぱり素晴らしい!と喜び合う私たち。


あともう少し、もう少しとザックは重くとも足取りは幾分軽くなったような気分で
登り続ける。
この日の天気は快晴で、申し分ない登山日和である。


ぱっと目の前に槍穂高が大きく現れた。右手には蝶ケ岳ヒュッテが見える。
ついにここまでやってきた、あぁやっと北アルプスに復帰出来たんだなぁと感動。
山頂で記念撮影をして、昼食休憩をとる。


昼食に作った鶏そぼろ炒飯。貴重な生卵1個だけ使う。
娘の好物なので、よく食べてくれた。


たっぷり休憩時間を取り、槍穂高の景色を充分に見てから私たちは徳沢方面に下る。
長いコースではあるが、横尾へ下りるよりは道はなだらかであるのでこちらを選択する。


妖精の池を横手に見やりながら、どんどん下る。
長塀山手前でいったん登り、展望がないので立ちどまらずに歩き続ける。


疲れてくると下りは要注意だ。
何でもないところで足が引っかかって転倒するかもしれない。
久々の山行であったため、下りはかなり気を引き締める。
背負子にいる娘には、ヘルメットを着用させた。もちろん、転倒したときのためだ。


徳澤園の赤い屋根が上から見えた時は、かなり嬉しかった。
そして、ようやく徳沢に到着する。何度でも訪れたくなる場所である。
テント場はやや混んではいたが、時間を見ると15時であり小梨平まで行くと少し遅くなる。
この日はここでテント泊することにした。
背負子に乗ってばかりで運動不足の娘は、徳沢で走り回れるのが楽しそう。
リーダーは梓川の冷たい水で顔を洗って、気持ちいい!とこれまた嬉しそう。
ワタシは、久々の徳沢でゆったりした時間を過ごして幸せいっぱい気分。
それぞれが徳沢時間を満喫する。


翌朝、かねてから考えていたパンケーキを朝食に作ってみる。
粉は自宅で配分済だ。牛乳の代用でスキムミルクを水で溶かし使用。
卵は貴重な残り1個を使う。
これが、思っていた以上に美味しく出来る。
縦走で限られた食材を持参する中で、スキムミルクは大活躍であると判明!
今後も使いたいと思う。次回はお好み焼きに挑戦する予定だ。


朝食を終えて、上高地に向かう。
途中で雨雲が出てきたので足早に進む。
河童橋に着く頃にポツポツ降り出し、しばらくして本降りの雨になる。
ここで今回の山行で初めてのカッパを出して着た。
縦走中に雨に一度も出会わなくて本当に良かったな、と思いつつバスターミナルへ。

今回の縦走で、北アルプス復帰を果たしたことで、これぞ山登りだ!という気持ちがよみがえる。
娘に負担をかけずに、家族で楽しめると登山をこれからも続けていきたい。

 

 

 

 

 

 

 













コメント
この記事をはてなブックマークに追加