森はな顕彰会 平成27年発足 朝ドラ化実現へ(文化・教育・町おこし)

児童文学者森はなさんの「慈しむ心」と顕彰会の活動の様子を発信。
「ちょっとお茶」で、おもろい町、高砂を発信するで。

「放浪の合唱作曲家 弓削田健介コンサート」の大きな反響!!

2016-12-06 21:06:29 | 町おこし

 

森はな顕彰会高砂大会を終えて、1週間。

成功だったのか。

 

1000円のチケットを売るしんどさ。

人を集めるしんどさ、資金面の悩み。

 

日程にも無理があるのでは? 長時間すぎる?

13時30分〜16時 第1部表彰式45分 (休憩15分) 第2部コンサート90分

小学生からシニア層の客層

 

会場費だけで、80500円。

初めの見積もりは照明を入れて15万円、照明をやめて、抑えて抑えてこの金額になった。

 

こんな無謀な計画をしてよかったのか。

 

感想文コンクールの受賞者家族は、満足してくれたか?

 

この度の大会、終わっても、総括ができなかった…。

 

入場者数は、定員286名のところ、ほぼ満員、大盛況。

招待家族30名、来賓20名、スタッフを含めてだが…。

 

弓削田さんのCDが完売、朝来市の物産は、じろはったん饅頭と煎餅が完売。

 

「すごい。よかった。」「ありがとう。」と言って帰るお客様。

 

「弓削田さんのコンサート、すごくよかったよ。」と友人からのメール。

 

1週間たって、本当によかったと総括できることが、あった。

 

弓削田さんのコンサートについての大きな反響である。

「弓削田さんを呼びたい。」、「いくつかの学校で組んでコンサートを実施したい。」という話が

あった。

来賓の中からも「ぜひ呼びたい。」という話も出た。

 

 

先日、高砂の人気料亭「やつか」で、サービスランチで、細やかな打ち上げをした。

 

弓削田健介さんコンサート、高砂大会のため、チームとして参加して頂いた大会委員の皆様、

当日手伝いのボランティアの皆様、朝来市大蔵自治区の皆様、本当にありがとうございました。

 

(お知らせ)

今週、ばんばんTVのニュース番組「ウィクリー東はりま」で高砂大会の様子が、

放映されています。

 

ジャンル:
文化
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« たかさご文化伝統、町づくり瓦版 | トップ | 児童文学者 森はなさんってど... »

あわせて読む