ASEAジャパン

ASEAはビタミン・ミネラル・抗酸化物質・ハーブ・ジュース・ドラッグでも、還元水・水素水でもありません!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

≪美人百花≫≪ASEAの塩水≫≪アンチエイジング≫≪驚きの回復力≫

2015-06-09 21:47:41 | 日記
Asealogoaseaname2Aseamolecules1





女性誌≪美人百花≫2011年8月号に『ASEAの水:栄養ドリンクいらずの回復力』 という記事記載で「アセア=ASEA」が紹介されていた!

Asea1211x300

昨年、アメリカで「驚きの水!」として口コミ話題でとなっている「水!」であって単なる「水でない水!」そんな製品ASEAが日本に入って来ていないと言うのに、早々と雑誌に取り上げられた理由であろう


ビタミン入りの水でも、ミネラルを含んだ水でも、チマタに話題のでも水素水でも還元水でも、ありません!製品の成分をみて見ると⇒

 Chioride 190mg 6% 

 Sodium 123mg 7%

20111002083434c77



≪この雑誌の素敵なお嬢様に奨めたお父さん!そのお父さんに奨めた方の説明によると「上質の蒸留水と医療用の塩化ナトリウムを27の特許取得済みの製法によって作られている」と≫

【Chioride】・・・・・塩化物・漂白剤と辞書にある

【Sodium】・・・・・ナトリウム・Naと辞書にある

Main


■「生理食塩水」のようなとの表現もありますが?決してそうではありません!因みに「生理食塩水」は購入する事も≪大塚製薬ので500cc⇒@121≫下記のように作る事も出来るからからです

Bottle

先ずは、キレイ【洗浄済】な500ccのペットボトル&食塩≪通常の塩で十分≫を用意!、キャップ一杯弱の食塩をペットボトルに入れ、これに水道水を入れて良く振りまぜましょう!≪キャップにすりきりいっぱいの塩の重さを測定⇒5gでした!500ccのお水に溶かすと0.9%の食塩水が出来上がります。この食塩水の事を「生理食塩水」と呼ぶそうです

キャップの大きさによる塩の量はいい加減であっても0.05%の誤差程度なら構わないそうです・・・・と消化器系の専門医の方より


【生理食塩水とは】体液と同じ濃さの食塩水を生理食塩水と言い、目や鼻にしみる事がなく、身体の中の洗浄に使ったり、脱水になったときの点滴としても使います


Abottle



ASEAが公式ウェッブでダウンロード可能のファイルにこのようにある⇒【日本語で読めます】・・・・準備中
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

≪ASEA=アセア≫≪ASEA公式ページ≫≪日本語版≫≪情報や本舗≫

2015-06-01 13:52:20 | 日記
Aseaassociate
              【ASEAの公式ページ】




先ずは動画で下記の4つを公開しています!特に3つめの動画はペン書き漫画でASEAの理解度が深まりますので、”倍返し?”のお奨めです、是非ご覧ください

ProductslidersmallAseagenesissmallAseagraphicbannersmallMetabolitesslidersmall【動画は公式サイトからご覧になれます】


Sign Up As a "Preferred Customer" to Purchase ASEA at Wholesale Pricing!

愛飲してみようとお考えの方は特別価格=代理店価格にて購入するため代理店申請【サインアップ】しての方法があります・・・日本にオープンしていませんので【サインアップ】は出来ません

【ASEAボトル2本⇒$75】
Aseabutton1

【ASEAボトル4本⇒$150】
Aseabutton2

【ASEAパウチ16本⇒$160】



Aseabutton3

         ≪ASEA Redox Signaling Water≫

ASEA⇒レドックスシグナリング分子の完璧にバランスのとれた混合物は、21世紀の単一で最も重要な健康への突破口かもしれません。ASEAは、免疫系に力を与える同時に、健康を高めるためにボディの自身のネイティブ機能をアクティブにします。アスリートのために、この画期的なバイオテクノロジー製品は劇的に性能、耐久性、および回復を向上させます。

* この驚くべき製品を理解する最良の方法は、私たちのビデオを見て声のいくつかを読んで、研究をレビューし、30日間無料の製品リスクを試してみることです


          ≪Learn More About ASEA≫


【アセアとは何ですか?】

ASEAは、人間の体の細胞内に存在する自然のままの生理食塩水のような、同じ分子中に懸濁させ、安定した、完全にバランスのとれたレドックスシグナル伝達分子の兆候である。



レドックスシグナリングは、地球上のすべての生命の中心となる機能です。酸化還元シグナル伝達分子は、体のすべての細胞内に存在して作られており、免疫系へと細胞の治癒メカニズムに不可欠ですし、それらなしでは、あなたは数秒以内に死ぬだろうとの生活に非常に不可欠なものです。

レドックスシグナル伝達分子の適切な供給が細胞レベルでの治癒が可能になります。損傷し・・・・⇒【続きはコチラ!】

Photo 





【なぜ、必要なのでしょうか?】


Whydoyouneedasea_2

        ≪ボトルに書かれてある詳細は⇒コチラ!≫


【それは安全ですか?】


地球上で最も安全な製品の一つです、ASEAは体のためにも安全です。これは、水道水、温泉水、またはアルカリ水よりも安全です。500万ドル(5億円)以上はASEAとその基盤技術をテストするために費やされており、すべての結果は、ASEAはすべての組織、臓器、体のシステムに安全であることを示している。

内毒素、細胞毒性、遺伝毒性、復帰突然変異、染色体異常、急性毒性を含むこれらの研究は・・・・・⇒【続きはコチラ!】


Photo 




【どんな人たちがASEAを使っているか?】


Asea_athletes

ASEAは絶えず、自分の健康をよりよくサポートしたい人々だけが、限界まで自分の体を追い込むことで、スポーツエリート&超持久力アスリートから、また世界中の普通の暮らしを営む、人々の生活を変えている。

真実はASEAがすべての段階ですべての人の健康に利益をもたらすことができるということです。そしてすべての人生の歩みから、これらの人々は、この驚くべき健康のブレークスルーは彼らのために違いを作っているか共有しています・・・・・⇒【続きはコチラ!】
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

≪ASEA≫とは

2013-11-05 11:52:28 | 日記
Banerch04


ASEA(アセア)とは、今アメリカ・カナダで愛用者がその製品の持つ機能性からブームを呼んでいるアンチ・エイジング・ドリンクのことです。






ASEA(アセア)はビタミンでも、ミネラルでも、抗酸化物質でも、ハーブでも、ジュースでも、栄養ドリンク剤でも、もちろんドラッグ=薬)でも、はたまた還元水・水素水でもありません!もともと人体が持っているレドックス分子を、体内に摂りこめるように(飲めるように)と開発されたものです

A86gv09_2





レドックス分子の機能を持つASEA≪アセア≫は、液体で、体にすぐに吸収されます。このようなサプリメントは世界中のどこにもほかにはありません!ASEAだけのオンリーワンの製品なのです。


Asasa

レドックス分子というのは、正確には酸化還元反応分子と云って、人間の体を作っている細胞は、生命活動を行うことによって、酸化する(錆びる)性格があり、これが老化の原因となっています。細胞の酸化を防ぐために抗酸化物質(SOD・グルタチオン・カタラーゼなど)が体の中にあるのですが、抗酸化物質はレドックス分子が十分にないと、しっかり働いてくれないのです。

Banerwhy_we_age





加齢とともに、疲れやすく元気がなくなったり、シミやシワができたりするのも、また怪我や病気から回復するのに時間がかかるようになることも、実は体が生産する細胞の減少、そしてレドックス分子が減少していく事が原因だといわれています



6567_n

このレドックス分子を手軽に飲めるようにと世界で初めて商品化に成功した会社がASEA.LLC≪アセア≫で、製品名もASEA=≪アセア≫と言います・・・右図にはWATERとありますが、決して【水】ではありません





AseaASEA≪アセア≫は細胞を強化し、保護し、細胞を解毒すると同時に、修復したり、破損しているセル(細胞)を交換して、健康な組織や免疫機能を回復させるのに必要なシグナル伝達分子≪レドックス分子≫を補足して、体内のすべての生きている健康な細胞で産生されるもののすべての物質の効果をドラマチックに改善してくれるものなのです


Bannersubheaders_research





遡ること16年前にある数人の科学者や医療関係者のグループが、このレドクッス分子を体外で造ることを考え、研究開発の資金援助を模索している時に

Ceo

ASEAの創業者の一人「バーディス・ノートン」とASEAの開発者で原子物理医学博士の「ドクター・サミエルソン」との接点からいくつかの特許取得済みの公式を購入して








「バーディス・ノートン」は親友の「ジェームズ・パック」にストーリーとビッグなチャンスとを伝えたのです【お二人の事は後述するとして】今や悠々自適な生活を送っていた資産家の二人にとっての眠っていた企業家としての魂が目覚めたのか、資金創出したのです

Money100_bills



16年間で20数億円の研究開発資金を費やし、体の外では決して作ることなど出来ないと言われていたレドックス分子≪酸化還元伝達分子≫を作ることに成功したのです

Patentorf




2009年にバーディスとパックはASEAと言う会社を設立し、2010年に製品化して世に出したのです≪凄いですね!≫20の特許を出願&取得してアメリカとカナダで発売開始されました



Button_switch_now【来年には日本に進出との情報も伝わって来ています!アメリカでは、こうしてボトリングされ出荷されているようですから、いずれ日本でも・・・】⇒【こちら】


Asea1


コメント
この記事をはてなブックマークに追加