ゆらどんとこ

カヌーのことやら、キャンプのことやら、たまにハイキング 家族でゆる~くやってます

OZTENT RV4

2017年04月19日 | L テント・タープ


3年前にランクル70再販の噂がついに本格化した
寝る間を惜しんでランクル70についてネット検索していた時期があった
その時オーストラリアのサイトで度々見かけていたoztent

当初は、もさいなと感じていたし、30秒で立ち上げられるという売り文句をやたら強調するので胡散臭く感じていた
けれども見慣れるまでそう時間はかからず、なんだかすごく気になる存在になってきていた
酷評しているサイトもあったけれど全体的には評価が高い




その後、70を手に入れてからも、本場アウトバックのキャンプシーンには常々興味を持っていた
あちらのキャンプサイトの写真には、かなりの頻度で出てくる
定番のARBオーニングも気になっていたけれど、車を動かす度にたたむの?の一言で撃沈
oztentはと言うと、ボクの病が嫁さんにも伝染し、今回のテントは初の奥様用(買う口実)ということで入手





諸先輩も僅かにおられますが、簡単にご紹介




RV1-RV5までのサイズが展開されており、どのサイズにするかは相当悩むところ
RV1,2くらいだとなんだかキャンプファイヤーテントみたいでかわいらしい




後々TAGALONG TENTを接続できるRV3,4,5で迷い、RV4を選ぶ




収納袋から出した状態でここまで立ち上げるのは30秒かかりません
最低限のスペースが30秒でできあがるのはありがたい
車のルーフから下ろして本体、フロントパネル、サイドパネルを組むには30分くらい必要




テントを持ち上げ、内部フレームレールを「ロック」するだけで簡単に立ち上がります




フロント・オーニングを出した状態
生地はポリコットンキャンバス、フロアーはPVC




サイドとリアはメッシュにもなり、後ろはかなり大きなメッシュ




本体、サイドパネル×2、フロントパネルのセット
前室は2.4m x 2.0xm  快適に過ごすには4人家族くらいまでかな
この状態からフロントパネルを跳ね上げることも可能




サイドパネルを一つ外した状態
お隣さんと近いような状況ではプライベート空間を確保
無論フロントパネルのみ外すこともできる




最後に収納写真
実は仕舞い寸法が2mもある
道具満載の車内に本体だけで200cm×29cm×18cm 23kgを仕舞える人は限られてくる
フロントパネルとサイドパネル、フライを合わせた総重量はミネルバ N-01と似たような超重量級




幸いにしてうちの車には、一年中キャリアがついており、パッキングサイズは問題にならなかったが
収納袋は防水ではないし、雨の日はどうすんだろ?

肝心な家での収納場所を考慮しておらず。。さてどうするかが当面の悩み事であることは置いておいて
過度な期待はしていなかったのだけれど、まぁまぁ使えそうで気に入りました


カーサイドに張れる日を楽しみに



Oztent The 30 Second Tent - Promotion Video







ジャンル:
ウェブログ
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 那珂川-15 | トップ |   

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (そーしん)
2017-04-20 23:43:24
おー!
これでしたか、でっかいテント。
なかなかワイルドですなぁ
奥様も幕好きとはうらやましい。
わが家は幕購入禁止令が出ています。
Unknown (masa)
2017-04-21 18:04:53
広げるとこうなるんですね。

彼の地ではハイエースとの組み合わせもあるのか!
Unknown (GOMA)
2017-04-22 19:53:28
とにかく色々羨ましい。
今度見せて下さいね^ ^
そーしんさん (ゆらどん)
2017-04-23 17:34:07
ありがたいことに似たようなものが好きなんです♪
なぜかカヌーだけはいまいちなんですが。。(笑)

今回の幕はすごいお気に入りらしいです。
うちも次はないと思います。。
masaさん (ゆらどん)
2017-04-23 17:39:30
広げるとこうなります。
かなり気に入ってますが 、軍隊っぽいかな?

この動画ではハイエースにつなげてるけど
よそのサイトでは四駆が圧倒的に多かったです。
gomaさん (ゆらどん)
2017-04-23 17:42:46
ランクルMTタイヤが遠退きました。。
もう幕は終わり、たぶん終わり。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL