電撃ブックハンター

本の話題、もしくは関連すること関係ない事を書きたい放題です。

一人お疲れさま会

2016-12-30 11:58:06 | 日記
今年もいよいよ大詰めです。
会社が早めにひけて午後から正月休みに入ったので、その足で図書館での資料探しに繰り出しました。

が、行ってみたら閉館しておるではないですか。
Oops!
前日入念にストック資料の下調べしといたのに、肝心の開館日を見落とすとはーっ!!
我ながら抜けてます。

しかしどうするかな・・・夕方まで図書館で過ごすつもりでいたから、ポッカリ時間が空いてしまった。
ついでに心にも穴が空いてしまったのです。
コレを満たすには本を漁りに行くしかありません。

という訳でブックオフに行って30冊ばかり買ってきましたー。


さて、買った本はすぐに捌く必要があります。
さすがにこの季節に公園は寒いので、どっかの店でゴージャスに過ごす事にしました。

・・・が、年末休みのせいか、どこもかしこも人だらけです。
どこからこんなにわいて来た?というぐらい道路も店も凄まじく満パンでした。
しょうがないので穴場の隠れ家カフェに寄ります。
昔からある店で、メニューも雰囲気も悪くないのに何故かいつも空いているのが魅力的です。

30冊はちょっと無理があるので、とりあえず5冊セレクト。


まずは表紙がウケたので、これから行きます。

●科学でわかる男と女の心と脳  麻生一枝 ソフトバンク・サイエンス・アイ新書

男にしろ女にしろ、愛だ絆だ言っても本能的には損得だけで行動している、というような話。
科学的に分析されるとミもフタもありませんね(笑。

あと面白かったのがこの2冊。
●2時間で学ぶ 原発・電力の大問題  久我勝利  角川ONEテーマ21新書
●「がまん」するから老化する  和田秀樹  PHP新書

「2時間で学ぶ」の方は電力についての基礎知識がキーワードごとに解説されていて分かりやすかったです。
特に原発については基本的な事はこれ1冊で掴めると思います。

政府も役所も原子力発電は「エコ」「低コスト」と言い張ってきましたが、先日経産省が福島第一の事故処理費用を21.5兆円と試算して、「エコ」でも「低コスト」でも無いことを自ら実証しました。
国民負担させる事で賠償を受け取る福島の被災者をスケープゴートにしよう、という下らない策だと思いますが、本当に怒りをぶつけるべき相手は、欲にまみれていい加減な事をしてきた連中です。
また、この期に及んでまだ利権を貪ろうとするダニ共でしょう。

「がまん」は受験テクで有名な和田先生の本。
老化についての一般的な「誤解」をエビデンス的に解く試みがされています。
アンチエイジングが実は正しいダイエット方法でもある、というのが興味深かったです。


といった感じで5冊を捌きながらスイーツを頂いて「一人お疲れさま会」終了。
私にとってはディズニーランドに行くよりも充実した時間でした(笑。

さー、今回仕入れた分含めて84冊、正月休みで消化すると致しましょうー。


(つって、前半に仕入れた80冊あまりも未消化なんですが)

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 城址にて | トップ | 冤罪の国・1 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む