風のしおり

ときどきドキドキ日記と読んだ本のこと

思いは・・・

2017年06月15日 | わたしも思う




私も 本当は知らない



本当のことを言ってはいけない時があったこと

新聞は 国民に大事なことは何も知らせなかった時があったこと

勇気をもって 真実を書くと捕らわれた時があったこと

映画や 書物や ラジオや 新聞が

いつの間にか 戦争一色になった時があったこと

たぶん

最初は ほんの小さな変化だっただろう

気づかない程の・・・

でも、先の敗戦のあと 変わったのではなかったか?

権力を持つ者の 暴走は三権分立によって防がれているのでは?


私も 本当は知らない

その不幸な時代にはいなかったので・・・


何もかも 強行で採決するって 

どうなの?

国会や 議会の 中継を増やして

流れのありのままを 私たちは見る必要がある と思う

粛々と 粛々と・・・

どこへ 連れて行かれるのか 知らないでどうする?

いまの気持ちは 忘れるべきでない







ジャンル:
我が家
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 白蝶草 夜来の雨に 低く揺れ | トップ | 梅雨の花って »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。