モノ言うサナギ

漫画連載目指すサナギのブログ。

リタッチあずたん 「夜行列車」

2016年10月14日 03時02分34秒 | オリジナル小説




「夜行列車」


お前の秘密の日記帳には


大したことは書かれていない


随分前にあげた筈の臙脂色の表紙《カバー》


まだ綺麗なままだった




嗚呼 触れる睫毛と 揺れる肩の重さに


此れほどの倖せがあるなんて


嗚呼 お前は 何も知らずに


これからも 何も知らずに




そう いつか その手帳に仕込まれた謎を見つけて


俺の秘密を知るときが来る


青鬼はノッポでキマジメ


お前に願うことはひとつ


どうか 俺の分まで 倖せに




月に照らさる夜行列車 童話じゃ死人が乗るらしい


俺の顔 窓に映っていなかった


別段恐ろしくはなかった ただ


この子が國に帰るまでは



お前の秘密の日記帳には


大したことは書かれていない


随分前にあげた筈の臙脂色の表紙《カバー》


ずっと 綺麗なままだった





車輪の軽快な音の先には


咎人達が手ぐすねを引いて


いいさ この腸《はらわた》は貴様らに


我が愛しの悪魔 君は永遠に 俺だけのもの



ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« !? | トップ | トリチぅム »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL