サオリン&浅尾美和が五輪へ向け“共闘”!

サオリン&浅尾美和が五輪へ向け“共闘”!

 日本バレーボール協会は14日、今季の女子全日本メンバー20人を発表、都内で練習が公開された。練習に先立ち行われた会見では最年少の“サオリン”こと木村沙織(20)=東レ、写真左=が、ビーチバレー界の妖精・浅尾美和(21)=ケイブロス、同右=との“共闘”を宣言。アイドルが力を合わせて北京五輪を目指す。



 屋外と屋内。戦いの場こそ違えど同じバレー、目標は同じだ。04年アテネに次ぐ2大会連続での五輪出場を狙う木村が“砂上のアイドル”浅尾美和との共闘を誓った。

 「テレビや雑誌で見てすごいなって。浅尾美和さんはかわいいし、私なんか全然かなわない。でも、刺激になりますね」

 そう謙遜するが、木村だって追っかけが登場するほどの美貌。ルックスだけでなく、北京五輪を目指す1つ年上の浅尾に共感を抱いている。

 木村と浅尾美和。2人とも高校時代は春高バレーに出場(木村は東京・下北沢成徳、浅尾は三重・津商)した経験を持つ。実は高校2年時に共通の知人を通じてプリクラも交換していた。「水着になる自信はないけど、私も中学の時はビーチバレーの経験もありますよ。おばちゃんに負けちゃったけど」と自らは“屋内”に集中する覚悟だ。

 五輪の最短コースは日本で11月に開幕するW杯で上位3チーム(出場枠12)に入ること。

 「いろいろな大会で結果を出したい。そうすれば最後にはついてくる」

 アテネ後に身長が3センチも伸びたサオリン。1メートル85の高さを生かし、夢をつかみ取る。

コメント ( 20 ) | Trackback ( 14 )

浅尾美和の生着替え?

ライブドアニュースからの引用で、画像です。 ↓

■【画像】浅尾美和、西堀健実が生着替えでビキニ姿に http://ck.mailmag.livedoor.com/ck/200700141f9c9fc39f7fbf34c4/

■【画像】浅尾美和、苦戦にうなだれる・・・ http://ck.mailmag.livedoor.com/ck/20070014c575ee4892a7f59562/

■【画像】浅尾美和、イチオシ写真!! http://ck.mailmag.livedoor.com/ck/200700148dbaa47ca2eda11637/

■【画像】浅尾美和、座り込んで悔しがる http://ck.mailmag.livedoor.com/ck/20070014635094ac526b170c7c/

■【画像】ヒョウ柄コンビも注目を集める!! http://ck.mailmag.livedoor.com/ck/200700140b4522e79a50b80ee3/


コメント ( 0 ) | Trackback ( 1 )

浅尾美和 これから本番を迎える“妖精フィーバー

(livedoorスポーツより引用)
浅尾美和 これから本番を迎える“妖精フィーバー

●人気爆発

ビーチバレーの妖精”といわれる浅尾美和(21)の人気が加速している。

 今月4~6日に行われたビーチバレーの東京オープンでは、1000枚を超える前売りチケットが完売。会場に入り切れなかったファンも含め、浅尾美和見たさに観客が大挙して詰め掛けた。報道陣もテレビカメラ24台、新聞11社、雑誌17社が殺到。まさに浅尾フィーバーである。

浅尾美和人気の過熱ぶりに、日本ビーチバレー連盟は試合の3日前から警備員を手配する異例の厳戒態勢を敷いた。さらに会場での個人撮影を禁止しました。それでも、“セクシーお宝ショット”を狙う観客が後を絶たず、撮影を制止した主催者とファンがモメて警察沙汰になるトラブルも発生しました」(スポーツ紙記者)

 浅尾美和は西堀健実とのペアで臨んだ準決勝で敗れたが、今後も08年の北京五輪代表の座をかけた戦いが続く。

●美女アスリート

 浅尾美和タレント顔負けのルックスと、身長172センチ、B83・W62・H86という抜群のプロポーションを誇り、競技と並行してモデルやタレント業もこなしている。

 また浅尾美和は美女アスリートとして、スポーツバラエティー「ジャンクSPORTS」(フジテレビ)、「ひらめ筋GOLD」(日本テレビ)などに出演して人気に火がつき、今年初めには初の写真集&DVD「asao miwa」を発売して2万部を超えるヒットを記録した。

 CMもサントリーなど3社と契約していて、4月からはサンヨー食品「サッポロ一番 カップスター」の新CMがスタートした。

「写真誌や週刊誌のグラビアと表紙に引っ張りだこで、“浅尾美和を載せると売り上げが伸びる”といわれています。CM契約金はまだ1200万円と格安なので、浅尾美和を使いたがる企業は今後ますます増えるでしょう」(マスコミ関係者)

●処女伝説

 昨年、浅尾美和は元バレーボール日本代表の川合俊一(44)との“デート”が報じられた。それ以外にも2人で食事する場面を頻繁に目撃されていて、親密交際のウワサがささやかれたこともあった。

「川合は浅尾美和が所属している事務所ケイブロスの社長で、高校時代にバレーボールをやっていた彼女をビーチバレーにスカウトしたのも川合でした。上司としてタレント活動についてのアドバイスもしています。男女の関係なんかありませんよ」(芸能記者)

 そんな浅尾美和には“処女説”がささやかれている。

浅尾美和は中学時代からバレー一筋で、高校時代も男女交際は禁止でした。いまも“北京五輪まで彼氏はつくらない”と宣言しているし、練習漬けでプライベートな時間がほとんどないとコボしています。男と遊ぶヒマなんてありませんね」(スポーツ紙記者)

 北京五輪までは浅尾美和ファンも安心してよさそうだ。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

知事ソワソワ?浅尾宮崎ツアー

(スポーツニッポンより引用)
知事ソワソワ?浅尾美和宮崎ツアー
2007年5月10日(木)06:13

 ビーチバレーのアイドル、浅尾美和(21=ケイ・ブロス)の人気が宮崎に波及した。国内ツアー第3戦の霧島酒造オープン(18~20日)を前に、大会が開催される宮崎県都城市がざわついている。観戦ツアーに問い合わせが殺到。大会側も都城市出身の東国原英夫知事(そのまんま東、49)を招待した。地元テレビ局は中継の検討を始めるなど、ビーチの妖精浅尾美和が行く先は、常に何かが起こる!?

 ≪18~20日国内第3戦≫“浅尾美和ツアー”を手がける京急観光の担当者は「浅尾美和選手はいつ見られるのか?という質問をたくさん頂いています。本当に浅尾美和さんのおかげ」と声を弾ませた。親会社の京浜急行が国内ツアー「ファイテンJBVツアー」のスポンサーを務めていることから、選手やスタッフ、関係者を対象としたツアーデスクを設置し、移動や宿泊の手配を行ってきた。今季はグラビアでも活躍する浅尾の人気を見込み、一般向けの観戦ツアーを決めたが、反響は想像以上だった。

 日本ビーチバレー連盟の公式サイト上で告知すると、第1戦の愛知オープン(4月27~29日)、第2戦の東京オープン(5月4~6日)には計50件の申し込みがあった。浅尾美和組は両大会とも3位だったが、美ぼうと健康的な水着姿が大々的に報じられ、人気が爆発。18日に宮崎で開幕する霧島酒造オープンには、9日までに50件以上の問い合わせがあったという。

 2泊3日で約4万円という安いものから売り切れ、現在は8万円台のツアーにも申し込みが集まっている。関係者は「ぜひ、海外ツアーや北京五輪の観戦ツアーも行いたい」と期待を込めた。

 受け入れる開催地、宮崎も盛り上がりを見せている。大会サイドは東国原知事に招待状を送付し、地元テレビ局は、今年の中継は間に合わないものの、北京五輪を控える来年の霧島酒造オープンを生中継することで調整に入った。一気に爆発した浅尾美和妖精フィーバーは、九州まで飛び火した。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

カメラ小僧vs警備員も…砂上のアイドル浅尾美和

(ZAKZAKより引用)
カメラ小僧vs警備員も…砂上のアイドル浅尾美和

会見では涙も見せた浅尾美和だが、ファンは172センチ、83・62・86のプロポーションに釘付けだ
 負けてなお強し。“砂上のアイドル”浅尾美和の人気がうなぎ上りだ。

 今月6日、東京・台場で開かれたビーチバレーのJBVツアー・東京オープンで浅尾美和(21)・西堀健実(25)組=ケイブロス=は準決勝で敗退した。

 6試合連続の屈辱。“万年3位”のレッテルを返上できなかった浅尾美和は会見で「今までで一番くやしい」と涙を見せた。「呼吸困難になるほど泣いていました。これが浅尾美和か、と思うような顔でしたね」(川合俊一監督)とも。

 だが、皮肉なことに、悲劇のヒロイン・浅尾は、ますますファンから注目を集めることに。今年1月に発売した『浅尾美和ファーストフォトブック asao miwa』(浦川一憲撮影、扶桑社)は、初版8000部から増刷に増刷を重ねて、2万1000部を突破。

 また、2月に出したDVD『浅尾美和ファーストDVD asao miwa』(ポニーキャニオン)も勢いが止まらない。「先週までの出荷が1万6000枚。きょう(7日)も1000枚の追加注文があり、今月中には2万を超えそうです」(制作担当者)と熱視線を浴び続けている。

 オリコン広報は、「過去、スポーツ選手のDVDで2万枚を超えたのは、荒川静香さんぐらいでは」と話し、インターネット販売「アマゾン」のスポーツDVDチャート(7日)では、大人気の米軍流フィットネス術「ブートキャンプ エリートミッション1」に次いで、2位の売れ行きだ。

 ビーチバレーの大会会場では、観戦者の一般撮影が禁じられているが、こっそり盗撮しようとするカメラ小僧と警備員のイタチごっこに。「中には、お台場のビーチから150メートル以上離れた陸橋から望遠を構えて、警察に通報されたヤカラまで出た」(報道カメラマン)という。雪辱を誓う浅尾美和。ブームに戦績が追いつく日も近いか。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

浅尾組V逸で地獄の練習へ/ビーチバレー

(日刊スポーツより引用)
浅尾組V逸で地獄の練習へ/ビーチバレー
2007年5月7日(月)09:45

ビーチバレーボール:ジャパンツアー第2戦東京大会>◇6日◇お台場ビーチ

 ビーチバレーの浅尾美和(21=ケイブロス)が、アイドルを捨てる! ジャパンツアー第2戦東京大会は6日、お台場ビーチで行われ第1シードの浅尾美和、西堀健実組は準決勝で浦田、鈴木組に0-2で敗れ、6大会連続3位に終わった。初優勝を逃し地面に突っ伏して大号泣する2人に、タレントでケイブロスの川合俊一監督は「あさってから、この世に地獄があったと思うくらい練習させる」と表情を鬼にした。

 ビーチバレー歴4年目の浅尾は、これまで基礎重視で「吐くまでの練習は1度もない」(川合監督)。だが鬼監督は、終わり時間を知らせず吐くまで練習させ、さらに「吐いて終わりじゃなく、そこから長い練習の始まり」と、しごくつもりだ。「かわいそうだから」と優勝と引き換えだった昇給は微増するが、あとは猛練習のみ。「ミスを恐れた試合運びで、今までで一番悔しい」と涙した浅尾美和が、アイドル路線からの脱皮を図る。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 1 )

これからが本番“浅尾フィーバー”

(ゲンダイネットより引用)
これからが本番“浅尾美和フィーバー”

 ビーチバレー界の“妖精”浅尾美和(21)の人気が爆発している。GWに行われた「東京オープン」では1000枚を超える前売りチケットが完売する一方で、テレビカメラ24台、新聞・雑誌28社が殺到する騒ぎになった。さらに、美女アスリートとしてテレビ出演も増えるなどまさ“浅尾美和フィーバー”状態。浅尾美和は北京五輪を目指すといい、人気が本番を迎えるのはこれからだ。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

浅尾組は3位…悲願初Vならず

(デイリースポーツより引用)
浅尾組は3位…悲願初Vならず

 JBVツアー第2戦で3位になり、雨の降る中表彰台に立つ浅尾美和=東京・お台場ビーチ  ビーチバレーの国内ツアー第2戦の東京大会が6日、東京・お台場ビーチで行われ、女子は準決勝で第1シードの浅尾美和(21)&西堀健実(25)組(ともにケイ・ブロス)をストレートで下した浦田聖子&鈴木洋美組(ともにレオパレス・ウィンズ)が今季初優勝した。

 雨の中、会場には昨年の倍以上となる500人近くの観衆が訪れたが、注目の浅尾組はまたしても国内初タイトルとはならず、昨季ツアーから6大会連続3位に終わった。ショックの浅尾は試合から約1時間後に会見場に姿を現し「悔しいです。これを糧に頑張ります」と目を真っ赤にしていた。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

浅尾ショック!盗撮男“御用”

浅尾美和ショック!盗撮男“御用”
2007年5月5日(土)06:13


(スポーツニッポン)


 ビーチバレー会場に“盗撮カメラマン”が現れ、警察官に連行される“事件”が起きた。国内ツアー第2戦の東京オープンが4日、東京・お台場ビーチで開幕。グラビアなどで活躍する浅尾美和(21=ケイ・ブロス)は会場で前日練習を行ったが、人気は過熱する一方で5日からの本戦に備え、主催者が警備員を増強するなど厳重な警備態勢が敷かれることになった。

 ビーチバレー界を超えて広がる浅尾美和フィーバーが、連休でにぎわうビーチに招かれざる客を呼び寄せた。約600人の観客で沸く砂浜から約150メートル離れた陸橋に、白昼堂々と望遠レンズのカメラを構える不審人物が出没。20代後半と思われる男性のカメラには、複数の女子選手の画像が写されていた。

 ツアーを主催する日本ビーチバレー連盟は、ネット上での違法掲載防止を目的に今年から一般客の写真撮影を禁止している。そのため大会関係者は男性に画像の破棄を要求した。ところが「絶対に破棄はしません」と強硬に拒んだことから会場近くの交番に連絡。男性は駆け付けた2人の警察官に連行された。関係者によれば最終的に破棄に応じたもようだが、前代未聞の“事件”に関係者は「通常、注意された相手はおとなしく引き下がるのですが…」と困惑の色を隠せなかった。

 過熱する浅尾美和人気に危機感を抱いた主催者は5日から急きょ、制服姿の警備員10人を配置することを決定。「状況によっては浅尾を6、7人がかりで守ることも考える」と大会には早くもピリピリとした雰囲気が漂い出した。

 浅尾美和は夕方からビーチに登場し、ペアを組む西堀健実(25)とともに約1時間、最終調整に励んだ。移動中に約20人のファンが殺到してヒヤリとする場面もあったが落ち着いてサインに応じた。大会に向けては「目標は勝つことです」ときっぱり。活躍すればさらに人気が高まるのは確実で、警備関係者の悩みはしばらく消えそうもない。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

浅尾人気で前売りチケット完売

(スポーツニッポンより引用)
浅尾美和人気で前売りチケット完売
2007年5月2日(水)06:13

 ビーチバレーの国内ツアー第2戦、東京オープン(4~6日、台場ビーチ)の前売りチケット(S席4000円、A席2000円)が1日、完売した。グラビアなどで活躍する浅尾美和(21=ケイ・ブロス)の人気で、西堀健実(25=同)と組んで出場する5日の本戦初日、6日の最終日の各500枚、合計1000枚がこの日までに売り切れた。

 「当日券が出ないなんて異例のこと」と関係者が驚くほどの人気ぶり。今大会は、第一人者の小泉栄子(33)、田中姿子(31=ともにフリー)組が中国・上海大会出場のため不在で、第1シードとして臨むだけに、初タイトルの期待も懸かっている。順当なら6日の準決勝でヒョウ柄水着の浦田聖子(26)、鈴木洋美(28=ともにウィンズ)組との初対戦の可能性もあり、話題を呼びそうだ。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ