あらら 

のほほんと 生きて 来たりて 過ぎて行く
           そんな人生です maybe

前に進むしかなく

2018-02-13 03:14:12 | のほほんの記
一生モンと思っていた 膝痛から解放されて2ヶ月あまり
ならば
以前の生活のリズムに戻るかと思えばあにはからんや
全然なのだ
膝痛発症前の私は ウォーキングがルーティンと思える程
日々の生活の流れの中にあった
歩く事は今でも大好きで 全然苦にならず
自転車さえも手放して 随分と経つ
でも以前の生活意識には戻れない

抗えない『加齢なる前進』がスムーズであるからかもしれない
対父ちゃんもそれは見て取れる
親達の加齢の道筋を目の当たりにし 記憶している
自分達も同じである
これではいけないと 自分を鼓舞するが
意外に
気持ちも 身体もしんどい
お茶っこ飲むしかないわけで・・・
父ちゃんは酒を飲むしかないわけで・・・

父ちゃんまでが私色だと
これはちょっと辛い
仕事は二の次 遊びギラギラの 
やんちゃな父ちゃんの方がいいな

昨晩は父ちゃんも私も早くに寝てしまった
オリンピックも全く燃えない
開催国の危うさに 日本のしんどい未来を思ってしまい
心が重くなるのだ

全うに生きる事は げに難しか

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にゃんともすんとも・・・
ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« トドの浮き草 | トップ | フレー フレー ニッポン »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
おはようございます! (きみちゃん)
2018-02-13 09:20:58
コメント、見ていると・・・あら~~!
私より10歳・・・上の高齢者のブログみたい!

ちょっと????・・・・な。気持ちになってしまう!
ちと早い (chidor)
2018-02-13 09:36:15
いやいやふきさん。人間そんな時もあるものです。それがすべて下降線につながるなんてことはありません。

60代は花ならつぼみ 身体の衰えを感じるのは75歳過ぎてから‥と私の経験ですが。
これからまた暖かくなれば、またじわじわと・・・
でもそのためには何とか早く住いの解決ですね。
きみちゃん (ふき)
2018-02-13 14:25:40
こんにちは
戸籍上の年齢は きみさんより若いかもしれませんが
肉体年齢は 完全に上
精神年齢は 自分でも把握できません
なかなか『気』を一つにすることができません
文章化すると 重くなりますが
日常は淡々と変わらずで しょぼいです
明るさと 元気のパワーが皆無
しゃっきっとせねば
でもすぐ 茶っこに 逃げてしまいます


chidoriさま (ふき)
2018-02-13 14:44:22
こんにちは
つぼみでも咲かずに枯れてきています
肉体と気の衰えはかなり酷いです
抗えません
でもchidoriさんが 書かれている事 肝に銘じます

多分お隣の事がなければ
違う日常でしょうが
生きる事はそんなに甘くないと 神様に言われているような気がします
100㌫の受け身が
精神を萎えさせているのだと思いますが
自分の人間としての真価を問う日々です

内面は『逃げるが勝ち』を虎視眈々と狙っていますが
これは一緒に逃げたい父ちゃんと
考えに かなりの温度差があり
なんとなく ギクシャクしています
まだまだ大人になりきれません

とちかく 茶っこを飲めば 元気も出ます
酒に逃げないところが はかなげな私
大丈夫です 


コメントを投稿

のほほんの記」カテゴリの最新記事