あらら 

のほほんと 生きて 来たりて 過ぎて行く
           そんな人生です maybe

こんな時は 取りあえず書こう

2017-06-19 19:42:12 | のほほんの記
お風呂は毎日入るが
特別な変化がない限り
髪の毛と身体は一日置きに洗う
60歳も過ぎると 
この方が身体にも 頭髪にも 負担がかからないらしい
だいたい毎日18時前後にはお風呂に入るのだが
いつも 今日はつかるだけの日 洗う日だっけと 考えこんでしまう
もう 嫌だね
たまに お風呂に入ることさえ忘れる事がある
今日は??仕方が無い 全部洗ったさ
今髪の毛にバスタオルを巻いて ブログっている

父ちゃん(夫)は帰って来るのかな
夕飯の準備も 何もしていないや


19:48
🙌飲みと連絡あり
 




  比叡山から見た琵琶湖







ジャンル:
ウェブログ
コメント (8)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« はるか彼方でパンを焼く | トップ | “村”での生活 »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
いいよいいよ (chidori)
2017-06-19 19:51:46
ふきさん
それでいいのだ。

私はいつも温泉に行きますが、夜は自分の家でから

ならず入ります。でもそれは からだを柔らかくして柔

軟体操やストレッチをするためです。

だから温泉でも、体を柔らかく、あちこちリハビリ、

ストレッチ。筋トレのためです。

ところが温泉で 30分も洗うだけしている人がいてあきれます。

またサウナに10分ぐらいを4-5回繰り返す人がいてあきれます。

実は私も数年前やっていた。疲れすぎてよくない。

今はせいぜい10分…これも人がいないときだけです。

ありゃあまり関係ないこと書いてしまいました。

お風呂は毎日こすらなくてよい。

髪は毎日でなくていい。

以上です。
chidoriさん (ふき)
2017-06-19 20:21:24
こんばんは

父ちゃんから 今夜は飲みとの 連絡があったので
夕飯作りを免れました
ブログで遊んでいます

髪の毛も 毎日洗っていた時より
質が良くなっている気がします
同じく肌も・・・
でも 今日は洗う日かどうだっけか すぐ忘れてしまいます

ストレッチをなさるなんて
私はもう何十年もしていません
体操のお姉さんだったのに 
身体はガチンガチンです

私が鎮座している間に chidoriさんは
100倍動かれていますね

まだバスタオルを巻いたまま
私は何をやっているんでしょうか

ふむふむ (てちこ)
2017-06-19 20:21:41
体を洗うの、サボってもいいんですね😉➰💕
実をいうと、ときどき主要箇所だけ洗って、シャンプーとかサボりたくなります。
私だけではないのですね。
そして、60歳過ぎにはそれでいいんだぁ🎵
てちこ様 (ふき)
2017-06-19 20:29:29
まだブログっています
リアルタイムでリコメしますニダ
60過ぎれば
余計な刺激はしないほうがいいみたいです
心にも 身体にも
人生の デリケートゾーンです
ゆるりと
流して 生きて 行きましょう 
お風呂も疲れる (ふじのりんご)
2017-06-20 11:28:30
ふきさん、こんにちは。
週に2回、プールでチャプチャプー上がるとシャンプーと身体を洗い
家に帰ると相棒(夫)が風呂に入る
その後の風呂掃除は私の仕事、水垢を落として50度のシャワーをかけます
以前に、お風呂をピカピカにって話がありましたね~
毎日は大変ですよ、、

突然変わりますが、あの有名な作家≪五木寛之≫さん 何かの対談で?十年頭を洗わないって聞きました
どんなんでしょうね 知らない世界みたいな
ふじのりんごサマ (ふき)
2017-06-20 16:43:47
こんにちは

『親鸞』を書かれた時の語りか何かで 
五木氏が「頭は水洗いだけ」と言っていたのを記憶しています

あのタモリさんも 
石鹸などは使わず 全身水洗いだけだと聞いた事があります

目の手術をした後 一週間頭髪を洗う事を禁じられました
60年間毎日洗っていた髪の毛です
でも不思議な事に 髪の色つやが蘇りました
肌も石鹸などで洗わないでいると 調子が良い事に気が付きました
年を重ねた事もあるのでしょう
代謝がいいのだか 悪いのだか わかりませんが
もう化学的な異物は必要ないのだと 思い知りました
でも
根性無しの私は 一日置きに異物を使いますが

『親鸞』は読まれましたか・・・
面白かったですよ 比叡山まで行っちゃいましたもんね・・・
比叡山までは、よう行かんかったけど、、 (ふじのりんご)
2017-06-20 20:35:32
凄いですね~ふきさん
彼の地へ行かれましたか?如何でしたか?

『放埒の血』に気づき・・から引かれるように比叡山へ、そして修行の長ーい道
読みましたよ~ワクワクして楽しみました

私もチョット考え直して、出来るだけ水洗いにしてみようかな?洗顔も・・
さすれば、『水も滴るいい女に』なれるかも
ふじのりんごサマ (ふき)
2017-06-20 22:35:21
比叡山から見た琵琶湖の写真をUPしました
古(いにしえ)の人も同じ景色を見たはず(ビル群は私には見えていません)
そんなイメージをふくらませながら
対峙しました

『放埓の血』に 古人の気高さを思います

私も若き頃 身一つで ちょこっとだけいきがった事があります
世界各地を自由気ままに一人旅をしました
なんの思想もなしですが・・・


コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL