あらら 

のほほんと 生きて 来たりて 過ぎて行く
           そんな人生です maybe

雲がめちゃ可愛いo^―^o

2017-06-09 18:35:12 | のほほんの記

18:27 我が家のベランダから




にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にゃんともすんとも・・・
ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 血迷う私 | トップ | 鳥のさえずり »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
雲を見ていた (デ某)
2017-06-09 21:15:08
電線が5本で 雲がもっと疎らだと・・・空の作曲家!?
お空のカミサマもそこまでは遊んでくださらないか・・・。

私 親しい存在がいなくなると 雲を見ています。
不思議ですよねぇ・・・必ず空と雲に現われます。

もう耳にタコかな・・・Wings To Fly
https://www.youtube.com/watch?v=c1UTxx7Ed0M
Unknown (みよ)
2017-06-10 00:12:06
ふきさんとこと近くないのに、私も夕方同じような雲を見上げていました。
写真撮れば良かった。
「雲を見るだけで楽しめるなぁ。
もっと年をとって楽しみが減っても、空は必ずあるから良かった~」
って思いました。
デーさん (ふき)
2017-06-10 05:37:17
おはようございます

五線譜をイメージされるとは負けました
今度生まれ変わるとしたら
猛禽類に生れたい(かなりマジ)
翼がほしいのぉ~

東京の街中のマンションに住み
居住する3階の東側のベランダからは
奇跡のように
出でる太陽をさえぎる建物がありませんでした
ちょうど我が家の真ん前の一軒分だけ
太陽より早起きの私は 
毎朝太陽を拝む事から1日がスタートしていたのですが
今は3階建ての家が建ってしまい
空を見上げるしかありません 
みよさん (ふき)
2017-06-10 05:41:28
おはようございます

写真はスマホで撮るしかないのですが
カメラだと電線が映らないように撮る事が可能なのかな・・・
雲団子の塊が とても可愛くて ほっこりして空を見上げていました
先にコメントを下さったデ某氏は 電線を五線譜としてイメージされていました
何事も深く感じる事 その人の生き様が反映されますね
素直に感動してしまいました
私しゃ『雲団子』だから
今鳥も来なくなりましたが(何故やろう)
以前はその電線に烏や雀 そして燕が よくとまっていました
何是か私向きに
よく視線が合い 楽しんでいましたが
一度は 電線工事の若者が 目線にいた事もありました
鳥がとまれば ♪と想い
鳴けば 心に響く歌なり・・・

コメントを投稿

のほほんの記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL