あらら 

のほほんと 生きて 来たりて 過ぎて行く
           そんな人生です maybe

徒然

2017-05-20 08:52:12 | のほほんの記
YOSHIKIさん 無理をしないで下さいね
胸が痛くなります

同年代のAさんが熟年結婚をされた
その事を聞きとても感動したのだが
人それぞれの人生だけれども
その陰には 
相手の方の熟年離婚があったと聞く

父ちゃんがバーベキューパーティーに
アルコールは外せないので
勿論徒歩で電車で行きました
そのパーティーを仕切る男性がとても凄い人らしい
63歳と私と同い年で 人間力の塊 ナンタラカンタラ
父ちゃんは酔っぱらってその人の事を朗々と語り
私は酔っぱらってその人の事を適当に聞いた
だから
全然覚えていないが 凄い人らしいことだけはわかった
だって
休みの日にわざわざ“そんな事に”出かけるなんて初めてだと思う
私も人にもっと感動をしてみたい

私が住む町のJRの×〇駅は結構利用客が多いと思う
話題の観光地でもあるし・・・
なのに
みどりの窓口が閉鎖になってしまった
ネットで買いやがれてか・・・
切符売りの機械の前で 固まっている同輩を何度も目にした
私も同類だったがSuicaに切り替えた
だってようわからんもん
若い頭は機械相手でも平気だろうけれどね
人出も足りないのやろな


続く・・・? 押忍!

写真1号 送ってきよった





にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にゃんともすんとも・・・
ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『寝るダニ』 | トップ | 胡桃カンパーニュ »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
おはようございます! (きみちゃん)
2017-05-20 09:05:04
我が町はJRと私鉄があります。乗降客は多いです。昔の字の単位で行くと25000人は住んでいるそうです。
それで・・・大きな町内会があります。
独立しちゃえ!って言うくらいです(笑)
それなのに・・・窓口は閉めちゃったんです。
何かの対象に・・・リタイアしたおじさんがいるだけです。

切符を買うのには2つ駅先の緑の窓口へ!
隣の町・・・乗降客は少ないのに・・・みどりの窓口がある???
行政単位が違うからかな???

連れ合いは・・・ぶつぶつ・・・言っております。
きみちゃん (ふき)
2017-05-20 09:28:36
おはようございます
定期を窓口で買っていた世代です
仕事を辞め
それから随分と年月が経ちます
多分便利な世の中になっているんでしょうが
その便利さに
頭も体もフリーズしてしまいます

社交ダンスは頭も体も使う芸術競技
そんな社交ダンスをやられているきみさんもご主人も
便利さにフリーズするなんて無縁だと思います

食らうだけで 能無しの私
思いめぐらす事も 巧言令色なり
あー


人生色々ですね (玲)
2017-05-20 12:24:01
Aさん、私が思う方ならエッセイや小説が面白くよく読んでおり
さっぱりとした人柄も好きで対談番組等も見ています。
中学一年生の時、国語の教科書で父上の「鱸とおこぜ」という小説から擬人法等
学んだ事を覚えており、後年AさんをTVで見てあの難しそうな顔をした父上に
こんなに可愛いお嬢さんがと、びっくり!!
パートナーがおられるのは知っていましたが、結婚の報には驚きました。

ふきさん、楽しい週末をお過ごし下さいね。またお話楽しみにしています(^O^)v
玲さん (ふき)
2017-05-20 13:02:58
ピンポンです
私も大好きな女性ですが
コメンテーターの「相手が熟年離婚云々」の言葉に
少なからずショックを受けました
でも
事情はご本人達にしかわかりませんもん

残りの人生は手を取り合って 
仲良く生きて行かれればいいのではないでしょうか
私は全く恋愛体質ではないので
男女の機微はわかりませんが
周りには 男女関係なく 年齢も関係なく ドロドロな恋話 多いですよ
私は否定も肯定もせず 彼らを見ていますが
その中には父ちゃんも入ります(若干過去形です)
良い気持ちは勿論しませんが
一度きりの人生ですから
自分の判断で 人生を選ぶ事に なんら問題は無いわけで
気持は複雑ですが 
私はもうトランク一つの人生ですから 身も心も軽いと言えば軽い
今日のブログを書いていて 気がつきましたが
私の寝具はもうなく 毛布一枚のみです
これもトランクに入ります が
今日も変わらず 楽しく気楽に生きております


コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL