あらら 

のほほんと 生きて 来たりて 過ぎて行く
           そんな人生です maybe

未知との遭遇 日々なり

2017-06-19 04:20:12 | のほほんの記
はたから見ればとても理不尽な理由でその女性は家を出た
以前その女性の事をブログで書いた事があると思うが・・・

新築の建売住宅にその女性の家族が引っ越してきた
義理両親 夫婦 小学生の男の子ふたりでの 生活がスタートした

女性とはPTAの役員を通して知り合った
ひょうひょうとした外見で 実年齢よりはかなり老けて見えた
女性と私は何故か気が合い きつい冗談ばかり言って
不良役員を気取っていた

新築に越して間もなく
その家にご主人の愛人が住みついてしまい
彼女は子供2人を残し 
近くにアパートを借り1人で住むようになった
学校での事は その女性が彼女に変わってするようになった
すぐPTAの役員の役目は終わってしまったので
あれれと思う間もなく 月日が流れ
人づてにそのことを聞いたのだ
家族の事 夫婦の事は他者にはわからないが
それにしても 阿修羅の成せる事と 彼女に痛く同情した

あれから
20年近い歳月が流れている
彼女は変わらず この地に住み続けているのだ
その間何回か 彼女を街中で見かけた 
お互い気がつけば挨拶を交わし 立ち話で近況を語り合った

先日も挨拶をされたのだが 彼女とは気がつかなかった
この地に23年も住んでいれば 知人も多くいる
ほとんど子供達絡みの知り合いで 名前も顔さえも私は忘れてしまっている
挨拶をされれば 私も挨拶を返す
でもそのまま通り過ぎる
いつもの事と気にも留めていなかったのだが

深夜時空をさ迷っていて 
唐突に
彼女だ!と気が付いた
寒イボ全開である
なぜその時彼女であると認識できなかったのか
会話をしなかった事が悔やまれる
その外見は 悲壮感漂う 老齢の女性だった
私も彼女から見ればそうだと思う
膝をかばい へっぴり腰で歩く 老齢の女性である事に 違いないはずである

長の年月は 生き様を残酷に映すものだ
ジャンル:
ウェブログ
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 肉 肉 肉 | トップ | はるか彼方でパンを焼く »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
そうですか (sake)
2017-06-19 05:06:48
人の事情は分かりません。

一人で暮らすなら、なんで子供を連れて出なかったのかな。扶養手当だか児童手当だかも出ることを考えれば、養育費をもらって子供を連れて出ても良かったように思いますが・・・父親が許さなかったのかな。

愛人さんは父親に助けてくれと言われたから、家に入り学校の仕事までやっているのでしょう。
そう言えば、うんと昔知り合ったネット友達でそういう友達がいました。
奥さんが家事をしなくなって、出てしまって、彼女が旦那さんの家に入って子供達の面倒をみているのだと・・・その後どうしているのかは分かりませんが。。。私も当時は浮気とか不倫とか嫌いだったので、何となく彼女とはそれから疎遠になってしまったんですよね。

・・・まさか同じ人だったりして?(^_^;)
私は・・・ (michi)
2017-06-19 08:00:22
人の悲しみの上に幸せは成り立たないと信じて来た。
けど・・・・・
数年前からそんな事もないと分かりだしました。
sakeさん (ふき)
2017-06-19 13:26:46
本人から直接聞いた事がないので
真意の程はわかりませんが
まだ別れてもいないのに 愛人は家に入り込んでしまった訳だから
嫌な意味で 愛人の女性を凄い女だなと思っていました
sakeさんの表現だと 愛人が人としてできた人間に思えてしまう
人って 見方を変えれば 複雑で
善にも 悪にもなるね
難しいや

事情はわからないけれど
お子さんを置いて家を出たのは 彼女らしい気がしていました
多分お子さん達も 自分の意思で家に残る選択をしたのではないかな
彼女から
家族の愚痴や 悪口を聞いた事がありません
全く家族の事は話さなかったけれど

母子家庭になると 行政の援助があるんですね・・・
そんな事も 理解していたのだろうか
近所のアパートに住むことで
住み続けることで
彼女の 抗えない意思を感じていましたが

ほんとのところはわからないけれど
正直者が馬鹿を見る世の中だとしたら
人間の世界って悲しいね

sakeさん 世の中は意外と狭いよ
20年前の話だけど・・・
お子さんの内の1人は 障害を持っています・・・
michiさん (ふき)
2017-06-19 13:30:53
私は 悲しいことや 辛い事も 60年生きてきて
まだ経験していないのかもしれません
沢山見て来ていますが
願わくば このまま のほほんと 人生を全うしたいものだと
よこしまな考えを持っています
そりゃ色々ありますが
どこかで線引きをして 運を天に任せてしまいます
ケセラセラです
michiさんの近々のブログを拝見させて頂いていますと
何か大変な事があったのかと イメージしていますが
michiさんなら 大丈夫と 
michiさんの生きる力を感じています
女性のその後が気になります (玲)
2017-06-19 13:33:50
お友達その後ご苦労が多かったのでしょうね…。それが容姿をも
変えてしまったのでしょうか。様々な人の人生に触れ、上を見れば
きりがないが、我が人生の平穏に感謝する事の多い日々です。

昨日はお肉の焼き方丁寧にご伝授頂き本当にありがとうございます。
今週末は同じ位の厚さのお肉を買って来て試してみます。
胡椒が最後は香りが絶対に良いでしょうね( ^^)
NHK BSで健康美容番組が毎週木曜日夜に放送されていますが、先週
は「お肉を食べてダイエット」がテーマでした。
お肉の価値が再評価されていますね。
玲さん (ふき)
2017-06-19 13:54:15

今リコメをしていました 

その彼女の名前を思い出せなくて
悶々としています
今思い出せるのは
彼女の20年前の顔 その時でも
私より若いはずなのに 50代にしか見えませんでした
その時から そんな苦労をしていたんですね
sakeさんのリコメに書きましたが
人の本当の姿はわかりません
愛人が善で 彼女がひょっとして悪だったのかもしれません
でもね
現代社会ではルールを破る事は罪ですよね
私はかなり好き放題に生きていますが
大切な人を裏切る事はできません
人を傷つける事もできません
こればかりは主観がはいりますから
傷つけている事があるかもしれませんが
自由に生きていても 小さく生きているから
困難にも直面しないのかな
肉で幸せを感じて なんぼの人生です
また買ってこなくっちゃ





コメントを投稿

のほほんの記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL