浅野隆雄 この青空をいつまでも

社民党北海道の浅野隆雄のブログです。明日を担う子どもたちに、明るく平和な社会を残す為の活動や思いを書いていきます。

4月4日・火曜日

2017年04月04日 | 篠路高校と拓北高校を守る会

ロシアでのテロに関して「テロは断じて許されない」と政府は言い、当然のことですが、「テロ賛成」などあるはずもないのです。多くの犠牲には言葉もありませんが。

しかし、法相は「テロ未然防止がより必要」として「共謀罪」への突進を明言しています。

これでは、「共謀罪」がないと「テロ防止」出来ないと直結です。必要な法整備はすでにあるのですが、「空白や未整備」が強調され、一方で「6日の審議入りを自公で確認」「丁寧に説明していく」ではまさに矛盾です。成文化されるまで「質疑に答えない」と不遜な態度でもあったわけです。

「テロ未然防止」に「共謀罪」が必要なら間髪入れず強行採決すべきとなり、国会審議など無視して、そこのけそこのけ、共謀罪を通す、となってしまいます。

政府のこうしたくるくるかわる態度は、国民生活の平穏を第一に願うと言うより、銃剣道奨励、国家国旗強制、教育勅語容認など見ても、国の舵取りを曲がってはいけない曲がり角を突っ走ろうとしており全く危険なものです。

「勅語の良いところは大事に」と強弁する大臣なども都合によって簡単に古い友人を切り捨てたりする態度には、疑問符がつくばかりです。

「共謀罪」を押し通そうとの「凶暴」に正義も道理もありません。

やはり廃案!しかありません。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 4月3日(月)のつぶやき | トップ | 4月4日(火)のつぶやき »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

篠路高校と拓北高校を守る会」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。