アスペルガーの息子が巣立つ日…進学にまつわるあれこれ

アスペルガーの息子が進学すると言い出した!貯金ゼロのシングルマザーの私!!どうする?!すべて赤裸々に描いていきます

障害を持っているということ 7

2016-10-17 14:01:38 | 息子のこと
学校や病院、さまざまなプロの先生方の力を借りて、息子の今がある。

感謝してもしきれない。


中学校に進学したとき、ここでひとつ事件が起きた。

体験入学と称し、彼は中学校の特別支援学級に「一日お試し入学」をしていた。当時の特別支援学級担任と私が同行し、当時の中学校の特別支援学級担任と打ち合わせを済ませた。

小学校から、彼の情報は全て、中学校に伝わっているはずだと思っていた。

年度がかわり、小学校も中学校も、特別支援学級担任が入れ替えになっていた。

入学して数日。

中学校の特別支援学級担任からものすごい剣幕で、私宛に電話。

おかあさん。○○くんは私といっしょに、国語と数学と英語はお勉強することになっているのですが、○○くんは私の教室に来ないのです。おかあさん、いったいどういうお話をご家庭でなさったんですか!

おそらくこの先生は、私が彼に「普通学級になるべくいなさい」と指示したと想像していたのだろう。確かに、私はどのタイミングでも学校側には同じお願いしかしていない。

学校は人間力・社会力を養う場。学力はその次。なるべく集団に混ぜてください。

彼が特別支援学級に行かなかった理由は単純である。

私が、学校から何も指示を受けていない。したがって当然、彼にはあらかじめ、何も話していない

からだ。学校側の不手際であろう。

先生のキレ方が面白かったので(失礼!)、私も応酬してみた。

だって先生、どういうお話も何も、私、なにも聞いていませんから息子に話せるわけがないじゃありませんか。

こういう行き違いをなくすために体験入学をしてもらってるのではないのですか?学校内の連携、どうなってるんですか?

この先生とは最後までうまくやれなかった。

そして、このエピソードは息子に卒業後耳にいれ、今では我が家の面白ネタになっている。

あのときママは学校とケンカした

と言っているが、そのたび繰り返して言っていることがある。

ママは、相手が誰だろうと、あなたのためなら闘います

強い母だと思っているだろう。実際、弱くはないと思うけれど(笑)、でも、どの親も同じじゃないでしょうか。

子供のためなら、誰とでも闘いますよね?
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 障害を持っているということ 6 | トップ | 障害を持っているということ 8 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。