夢をあきらめるとき

バレーボール親父の日常

こだわり。

2017-04-20 21:45:30 | バレー
指導を始めてから
ずーっと持ち続けてきた。
『こだわり』
試しにひとつ小さなこだわりを
封印してみました。

今まではブレずにやってきましたが。
一般的には、信念は曲げちゃダメ!
なんでしょうが。。

結果が出ない以上、自分が変わらなきゃ。
今の所良い方向に向かっていると思います。
これで結果が出るのかは微妙ですが。

今の6年生とはなんだかんだで
長い付き合い。
どうしても良い思いをさせてあげたい。
今回はそっちの気持ちの方が強いのです。

はたから見れば、何を捨てたのか
解らないでしょうが
親父的には結構大きな決断。
それでも勝たせたい。
ひとつ上の景色を見せてあげたい。

あと1カ月ちょい。
すべては選手達のために。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 指導者冥利 | トップ | 真剣さ。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。