朝マナ

人はパンだけで生きるのではなく、神の御言によって生きる。 
聖書を一日一章、読んでみませんか。

ヤコブの手紙 5章

2017年03月21日 | ヤコブ書

ヤコブ5:7 主の来臨の時まで耐え忍びなさい。見よ、農夫は、地の尊い実りを、前の雨と後の雨とがあるまで、耐え忍んで待っている。

救われたクリスチャンが、神の子どもとして完全な者となるために①御言を行うこと(1-2章)②舌(言葉)を制御すること(3章)③欲を制御すること(4章)でした。

最後に5章では、忍耐が必要であると教えています。どのように忍耐するのでしょうか。ヘブル書は「農夫の忍耐に学べ」と教えています。農夫の忍耐とは……、

①自分のやれることと、やれないことを区別する。

農夫は収穫を得るために、田を耕し、種をまき、水をやり、雑草を取り除き、肥料をやります。しかし、農夫の手の及ばない領域があります。

種にはいのちが宿っていて実を結ぶ能力が備わっています。これは農夫の手の及ばない領域です。

また、雨を降らすことも農夫の手の及ばない領域です。天にまかせるしかない領域です。自分にできない領域のことを、あせって何とかしようとしても仕方がありません。

農夫は自分ができることと、自分ができないことを区別しています。自分ができない領域のことは忍耐して待つのです。農夫の忍耐とは、自分の力の及ばないことは神に委ねるという忍耐です。

②自然界の法則に信頼する。

作物の種は、実を結ぶようにできています。それを疑っていたら忍耐なんかできません。作物の種が実を結ぶのは、自然界の法則です。農夫は体験的に、自然界の法則を心得ているので、忍耐して収穫を待ちます。

いのちあるものは必ず実を結ぶようになっています。神は、自然界にも、霊的世界にも、いのちの法則を用意なさっています

霊的世界の法則は何でしょうか。「御言は種である」という法則です。御言は種です。御言は種のように、実を結ぶ神秘的な力を宿しています。それを信頼するとき、忍耐が生まれます

また、神が私たちの中に住まわせてくださった聖霊も、霊的な法則をお持ちになっています。それを、「いのちの御霊の法則」と呼びます(ローマ8:2)

いのちの御霊の法則を信頼するとき、御霊(聖霊)は私の中にいのちの豊かな実りを結ばせるようになさいます

御言と御霊は両輪のようにして、私たちを完全な者とするために働かれます。御霊の働きがなければ、御言は単なる文字です。人を活かすのは文字ではなく、です。

聖霊は、御言をいのちの霊として、私たちの中で実を結ばせなさいます。御言と御霊に秘められた、霊的な法則を信頼して忍耐しよう。

③すべての焦点を「収穫」に当てる。

収穫に向けて農夫は忍耐します。それ以外のことで思い煩っていては、忍耐できません。脇目をふらず、主が終わりの時に結ばせてくださる平安な義の実の収穫に焦点を合わせます。

すべての焦点を、主の再臨の収穫の時にあわせるべきです。周りと比較してはなりません。

脇目をふるなら……つまり、周囲との比較の世界に目を注ぐなら、不平やつぶやきが生じます。だから、「互いに不平を言い合ってはならない」と戒めています(5:9)

農夫の忍耐につづいて、ヨブの忍耐にも学べと命じています(5:11)

ヨブは不当と思える境遇の中で神を信頼しました。「自分は正しい」という思いから不平は出てきます。ヨブも「なぜ自分がこんな目に合うのか。私は正しい者なのに」と主張したこともありました。しかし、神の前に悔い改めて、自分の正しさを主張しないで神の正しさを信頼したのです。

自分の正しさは間違っているかも知れません。なぜなら、「人の怒りは神の義をまっとうすることはできない(1:20)からです。人は、自分が正しいと思うので、怒ったり、不平を言うのです。

自分の不確かな正義ゆえに不平を言うよりも、神の正しさ……神の義にこそ信頼すべきです。それが「ヨブの忍耐」でした。そんな忍耐の結果は、神の豊かな慈愛とあわれみでした(5:11)

完全な者となるその日まで、主にある忍耐力を働かせてください。(Ω)

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ヤコブの手紙 4章 | トップ | ペテロの第一の手紙 1章 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。