とうちゃんのぷらぷら日記

アウトドア系の日記及びうんちく

クラーナハ展へヴィーナスを見に行く 国立西洋美術館

2016-10-16 18:12:07 | 音楽 美術
この顔にピンときたら110番
ではないが、
ポスターを見てピンときた。
この女性の顔は、かなり昔から知っている。

「いいの、こんなの載せちゃて、まずくない」
心配するほどエロチックなヴィーナスは、百科事典の別冊「世界の文化」の中に載っていた。

展覧会のポスターとは違う絵だが、この絵と同じ顔だ。
クラーナハ展の作品リストを調べたら、やはりヴィーナスがあった。
昔のスケベ心がよみがえる。
これはどうしても本物を拝んでおかなければ。
で、朝から出かけた。

問題のヴィーナスの絵は、え、こんなに小さいの
というぐらいのサイズの絵だった。

「今日の一枚」
ルカス・クラーナハ 作
「ヴィーナス」
1532年 
縦37.7 横24.5
シュテーデル美術館蔵(フランクフルト)

もう一枚、同じような連作の作品も展示されていた。
「ルクレティア」
サイズ、絵の構成とも同じだ。

このヴィーナスは、今まで1mぐらいの大作なのかと思っていた。
どうしてこんなに小さい絵なのか考えた。
やはり、普段は隠しておいたのではないだろうか。
貴族の肖像画のように、客間かなんかに、ドドーンと飾るわけには
いかなかったのではないかな。

他の女性像も、背筋がゾクゾクするような怪しい美しさだ。
剣に生首なんて、意味深な組み合わせだ。
ポスターになっている「ホロフェルネスの首を持つユディト」は最近修復されたばかりだそうで、たいへん美しい(こちらの絵はヴィーナスよりはるかに大きい)

クラーナハはピカソやデュシャンにも大きな影響を与えたそうだ。関連するピカソの作品も展示されていた。

『ささやき』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« なんなんだ岡本太郎 | トップ | 秋の日は過行く »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。