とうちゃんのぷらぷら日記

アウトドア系の日記及びうんちく

羽村市 五ノ神のまいまいず井戸へ行く

2016-09-18 15:12:30 | 日記
水は命の源だ。
登山で山を縦走する場合に、どこでキャンプをするかを決めるには、水を得られるかどうかが大きなポイントになる。
条件が悪い所では、稜線から1時間もかけて谷底の水の湧きだし口まで往復することもある。

武蔵野台地の縄文遺跡の分布を見ると、集落は丘陵の縁沿いに集中している。
丘陵の縁にある谷は、湧き水が豊富で、容易にきれいな水が得られたからだろう。
ところが武蔵野台地の中ほどは、水が得にくく、かつてはススキの広がる荒地であった所も多かったようだ。

まいまいず井戸のある土地は、地中深くまで井戸を堀らねば水の得られなかった土地で、人々が苦労して開拓した土地だった。

羽村駅前にある「五ノ神のまいまいず井戸」は、この街のモニュメントのように保存されている。
素晴らしいことだ。



彼岸花にまいまいず井戸は似合う




井戸の底の辺から側面を見る


 

羽村駅のホームから、まいまいず井戸のある神社の森。


『散歩』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 青梅の街を歩く | トップ | 昨日の飲み会 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。