奥沢 快適住まいのリフォーム

戸建て住宅からマンションまで、どんどん激しくなるばかりの暴風雨や地震に備えるリフォームから快適な住まい造りをご紹介します

打音検査で浴室壁タイルの接着不良を調べました

2017年10月08日 18時00分40秒 | マンション・ビル 建物診断

打音検査で浴室壁タイルの接着不良を調べました

大手ゼネコンが建てた低層マンションですが浴室の壁のタイルが剥がれだしていました
残っているタイルも異常な感じがしていると お客様から不安の相談がありました



打音検査で浴室壁タイルの接着不良を調べました
タイルが壁に貼りついていないで浮いている部分を表してみました

これの原因は浴室の壁調整用のコンクリートブロックにタイルを貼っていましたが
洗い場の土間のコンクリートがありません
ブロック壁を支えるアンカーが効いていない状態でした
比較的薄いブロックは軽量なので壁の強さも少ない工事が分かりました

管理会社は図面の提示をできない対応で お客様だけに説明をいたしました

 


アサクラハウス株式会社
東京都世田谷区奥沢1-58-8
TEL 03-3727-0611

 

ジャンル:
リフォーム
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 建物の裏側の狭い敷地に知ら... | トップ | ソファーの後ろで発生したカ... »
最近の画像もっと見る

マンション・ビル 建物診断」カテゴリの最新記事