めんどりの庭

エッセイと花好きのおばあさんのたわ言

家出

2017-05-14 17:50:53 | 日記



 昨日は一日中、雨でした。

 たまにはのんびりしょうかと思っていましたら、お昼過ぎ、突然、89歳の義姉が来宅。

 相変わらず、予告なしです。

 駅前まで来ているとの電話で慌ててお迎えに

 元気印の義姉、いつもと様子が違います。

 気丈な人なのに私の顔を見るなり、涙ぐんでいます。

 同居していると娘と喧嘩して、朝、家を飛び出して来たとのこと。

 雨の中、薄着で震えています。

 急いで我が家に戻り、暖かい衣服を羽織らせ、熱いお茶を。

 娘に認知症扱いされたと、面々と訴えます。

 仲良し母娘で、理想的で羨ましく思っていましたのに、今は憎しみでいっぱいのよう。

 客観的に見て、義姉の様子がおかしいと感じますが、親方も私も、義姉の話を聞いてあげるだけ。

 いつもきりっとお洒落して若々しかった義姉。

 義姉の変わり果てた様子に涙が溢れて困りました。

 姪の肩を持つと義姉の怒りが増すだけ…

 今夜、泊まっ行きますかと、聞くと嬉しそうにそうさせてと。

 義姉の携帯に息子からの着信が入っていました。

 親方がリダイヤルして甥と話をしました。

 取り敢えず今夜は我が家に泊まって、明日、迎えに来てもらうことに。

 ささやかなお夕飯でしたが美味しそうに完食。

 献立は、豆腐、キノコ、鶏のササミ、京菜のお鍋・サンマの開き・ニラ玉・キウイフルーツ。

 このところ食欲がなくて14キロも痩せたとのこと。

 お食事をしたら体がポカポカして来たと喜んでいました。

 床を並べて寝みましたが、お喋りは何度も同じことの繰り返し。

 電車を乗り継いで我が家に辿り着いた義姉、認知症とは信じ難いです。

 楽しかった昔の話をすると、笑っていました。

 朝、起きると、久し振りにゆっくり眠れたと穏やかなお顔。

 朝ご飯も完食。

 迎えに来た息子に連れられて帰って行きました。

 これから先、家族は大変だろうと思います。

 明日は我が身、まして私たちは娘に先立たれています。

 色々と考えさせられた一日でした。

 
 そして、今日はお婿さんが来てくれて外でお食事致しました。
 お花もプレゼントしていただき、後ほどUPさせて頂きます。


孔雀サボテンで遊びました。一日経っても元気に咲いています
















ジャンル:
ウェブログ
コメント (9)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 孔雀サボテンが咲きました | トップ | 母の日 »
最近の画像もっと見る

9 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (グライセン)
2017-05-14 18:06:20
胸がつまりました・・・
yuki さん良い事なさいましたね。
またこのような事もあるでしょう。
優しくしてあげて欲しいな・・・否定しない・・・
これ大事かも。
私の友人もご主人と喧嘩してね、3週間我が家にいましたよ。その間泣いていた時もありましたが私は自然体で接していました。帰りたくなったら言って・・・ご主人に迎えにきてもらうから・・・とね。私達夫婦のありのままの姿に色々感じたようでした。
家出・・・私もありますよ・・・でも結局の所帰る場所は一つだけですよね。夫婦しかいない・・・最後は。
伴侶を大事にしたいですね。
義姉様病院に行って欲しいですね。
胸が痛みます (chirodi)
2017-05-14 18:53:07
いつの日かやってくると思っているそんな日。
お義姉さんの立場に立ってしまいます。
すこし始まっているかもわからない、毎日生活していればその変化がわかっているのかもしれません。
でも、どんな時でも寄り添ってあげましょう。とここ数年
そんな研修ばかりしています。
今のところ自分の身内には施設に入っている実兄がいます。自分たちがお世話しないのでそれができます。初期のころは旅行にも一緒に出掛けて下の世話もできました。離婚しているので不憫でなりません。

 でも日々一緒に暮らしている娘さんは認知症でない母だと思っているからこそ厳しくしてしまう、腹が立つのでしょうね。私も2月に福岡の姉の様子が正常でないことに何度も怒って、(物忘れのせいだと)声を荒げて・・・・後でもしかしたら始まっているのでは・・と思い
悪いことをしたと反省しながら、何度も電話しています。一人暮らしなのでそれがわからない・・大変です。

認知が始まっても、かなりの交通網を潜り抜けていきなれたところに行くことがでします。まだらで症状があるからです。

私もそんな日が来たらどうしよう・他人ごとではないお気持ちもよくわかります。

娘さんたちが優しく受け入れてあげることでひどくならない・・事も考えられます。



こんばんは! (きみちゃん)
2017-05-14 19:24:38
元気な義姉様ですね?
でも・・・もしかしたら??・

なぜならば・・・私たちだって物忘れが酷くなってきています。

連れ合いだって???の時があります。

御家族が・・・一番、わかるんだと思います。

たいへんですね?
こんばんは (asakawayuki)
2017-05-14 20:18:23
グライセンさんへ

病院の予約入れているそうです。
甥が付き添ってくれるそうので、安心して行く気になったようです。
長いことお勤めしていて頭の良い方でしたので、自分に自信があります。
プライドが高くて認知症の検査を受け容れられないようでした。
検査で不安を取り除いてくれるお薬を頂けるかもしれませんから、受けた方がいいですね。
うちの連れあいも検査しましたよと、お話ししたら気が楽になったようです。
誰もが通る道、改めて考えさせられました。
お友だち、三週間もグライセンさんのお家にいらっしたのですか。
グライセンさんお優しいですね。
こんばんは (asakawayuki)
2017-05-14 20:38:03
chidoriさんへ

義姉と連れあいは三歳違いです。
いずれ、我が身にも訪れることです。
他人事ではなく、真剣に義姉に何がしてあげられるかと考えてしまいました。
お話を真剣に聞いてあげて、暖かいお食事を召し上がってお風呂に入って頂き、床を並べて休むことしか出来ませんでした。
甥も姪も母親が認知症になっていると信じているようですが、本人が否定しています。
物がなくなることを盗まれると言い張る母親、母親が何処かにしまい忘れている、認知症だと思う子供達。
母親思いの子たちなんですが、家族にしてみればきれい事では済みませんね。
私、心配し過ぎて、義姉の帰った後、目眩を起こしてしまいました。こんなことでは、これから先の介護を思うと情けない。もっと強くならなければ。
こんばんは (asakawayuki)
2017-05-14 20:56:13
きみちゃんへ

つい、数年前までダンスをしていた義姉です。
昨年、秋に来たとき、足が少し弱ったかしらと思いました。
美人で若々しかった義姉、すっかり年老いて、半年でこんなにも面変わりするのかと驚きました。
物忘れはするけれど、認知症ではないと言い張る義姉。
病院に行くことをやっと受け容れましたが、その後のことを考えると・・・

我が家も他人事ではありません。
こんばんは (うらら)
2017-05-14 22:03:07
明日は我が身と、切なくなりますね。
義姉様もこれまで自信を持って生きて来られた方だけあってプライドを傷つけてしまわれたのでしょうね。
実の母と娘と言うのも遠慮がないからつい言ってしまいますね。
私もつい母に強い口調で言ってしまうので反省しきりです。
母もずいぶん痴呆が強くなってきました。
母は自覚しているのですが正気に戻った時、辛そうです。
こんばんは (asakawayuki)
2017-05-15 00:05:20
うららさんへ

お母様、しっかりしていらっしゃいますから、よけい、お辛いでしょうね。
でも、皆さまが優しく見守られていらっしゃるのでお幸せだと思います。
親方は義姉に年がちかいので、今回のことはシヨックが大きいと思います。それでも、しっかりフォローしていました。
明日は我が身です。どちらが先に~というと、親方、早い者勝ちだよと憎まれ口を・・・。
実際は大変だと思います。
ふじわらさんへ (asakawayuki)
2017-05-16 01:09:54
お仕事お疲れ様です。
いつも、見守って下さいましてありがとうございます。
そして、今回は専門的なアドバイスをありがとうございます。
甥たちが病院に付き添っていくと申していました。
義姉も納得したようです。
これからが大変だと思います。

私たちは地域の包括支援センターで相談に乗って下さる方がいらっしゃって、いざというときは其処に駆け込もうと思っています。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む