めんどりの庭

エッセイと花好きのおばあさんのたわ言

浅川土堤で出会った野の花と蝶

2017-04-21 22:45:09 | 日記


 高速旅の疲れも取れたようで、今日は午後から、のんびりと散歩に~

 浅川土堤を歩いてきました

 土手の桜は、すでに葉桜に。

 対岸に八重桜が咲いていました。


          小さな蝶です  ツマグロヒョウモンに似ています




              土堤に咲いていました
            イチゲに似ていますが、違うような?

            ブロ友さんに名前を教えて頂きました
             オー二ソガラム・スターオブベツレヘム
                                   





       ここの公園に咲いているタンポポは在来種の関東タンポポのようです









                  スイバ…スカンボ





                  八重桜と菜の花


              八高線の鉄橋と菜の花とムラサキハナナ




ジャンル:
ウェブログ
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 花がら摘み | トップ | ツツジと八重桜 »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (博多の華)
2017-04-21 23:41:53
白い花は、オーニソガラム・スターオブベツレヘムです。
球根で、切花生産してた事もあります。
場所を覚えておいて5月末に球根を採取すれば毎年咲いてくれますよ。
繁殖率が良いので無くなりません。
こんばんは~ (asakawayuki)
2017-04-22 00:25:19
博多の華さんへ

わ~、名前が分かってすっきりしました。
ありがとうございます。
切り花でお店に並んでいることもあるのですね。
土堤から、持ち帰っていいのかしら?
前には咲いていませんでしたから、誰かが捨てたものでしょうか。ムスカリもいつのまにか群生しています。
おはようございます (うらら)
2017-04-22 06:02:42
我が家にもありますよ、オーニソガラム。
とっても増えます。
今は花にらが開いていますが、このあとこの花が開きます。
土手から少し頂いてもいいんじゃないですか?^^

私は12000歩あるいた翌日の昨日はくたびれていました💦
あの二人の体力に比べると私のやわなことと苦笑。
ふーちゃんは昨日はエアロビクスに行ったとか。

スカンポ、懐かしいです!
ご無沙汰でした (chidori)
2017-04-22 07:04:09
栽培された花でなく、こうして自然に咲いている花さんた

ち 楚々として心いやされますね。

 福岡への旅で、大変な思いをされたのですね。

夫さんを一人でおいてゆけない。大変ですよね。

私もいづれと覚悟は決めていますが、自分の体が思う

ようにならなくなる日々、まあ何とか動けるうちに声が

かかれば出かけたいと思いました。

昨日そういうご案内が届いて、今日はその企てをシュ

ミレーションしてみようと思います。

8年前まで度々上京して、娘のところに1週間滞在して

いました。(藤沢に)

何時も番組のことがあるので日程に支障が出ないよう

この頃は旅も減りました。

今までと違い自分の体に自信がなくなりつつあのもそ

の原因です。
おはようございます (asakawayuki)
2017-04-22 08:14:49
うららさんへ

BSで朝ドラ見ていましたら、吊るし雛や霜柱が映っていました。
うららさんのお家の前の芋畑を思い出しました。
舞台は茨城?

土堤のオーにソガラム、何処かで見たことがあっのですが、名前が分かりませんでした。
うららさんのお庭にあったのですね。
やはり、一株頂いてきましょうかしら(*^o^*)
1200歩、歩くのは大変ですよね。
最近は、平地で8000歩までですね。
土堤のスカンポ ジャワさらさ~
おはようございます (asakawayuki)
2017-04-22 08:56:13
chidoriさんへ

土堤の枯れ草の中から、春の草花が顔を出していました。
遠くの山々が霞んでいます。癒やされます。
南九州の祖父母の家からは霧島山が遠くに望めました。子供の頃は野山が遊び場でした。

一人暮らしの叔母が入院したときは宮崎の医療センターまで度々、通いました。
連れあいはまだ元気でしたので泊まりがけで。
chidoriさんは放送日との合間をぬってお上手に、
旅を楽しまれていらっしゃいますね。
私、今回は自分の体力の衰えを痛感いたしました。
年を重ねるとはこういうことですね。
傍でオロオロしている連れあいを見て、彼を見送るまでは
元気でいなければとつくづく思うことでした。
振り返ってみますと、私、今まで、友人や娘と散々旅行して、連れあいにお留守番して貰っていました。
長いときは半月も。
私、文句言えない立場でした。
でも、お出掛けできるときは日帰りで許してもらいます。
お互い、無理のない小さな旅を楽しめるといいですね。
メルト良いですね。

あわせて読む